ワイン投資

ワイン投資は儲かる??投資方法や日本でのリスクについて解説

知っておきたい!ワイン投資とは

ワインといえば、日本ではもっぱら飲料用として用いられています。ところが、ワイン本場のヨーロッパでは、ワインは「投資」の対象としても人気があります。

ワイン投資は、ヨーロッパの投資家の間では広く有名ですが、日本ではまだまだ認知度が低いといえます。

ワインは、その年の生産量が決まっており、年数が経つにつれ、その年に生産されたワインの量はだんだんと消費され減っていきます。そのため、時が経つにつれ、その年のワイン価格は徐々に上昇していく可能性が高いのです。

ワイン投資では、生産されて間もない頃にワインを購入し、数年間保有し、価格が上昇したタイミングで売却して利益を得ます。

ただ、ワインの取引単位は樽のため、個人で投資するのはなかなか難しいものです。そのため、資金を集めてファンドを作り、そのファンドが実際にワインを購入するのが一般的です。

 

ワイン投資のメリット

現物投資であるワインは、株や債券のように価値がゼロになることは考えにくいです。資産性が高いのがワイン投資の大きなメリットです。

また、いわゆる当たり年と言われる年のワインを所有していると、時間の経過とともに価値が上がる可能性が高いため、リターンも大きくなると考えられます。

 

ワイン投資のデメリット

ワイン投資のデメリットは、流動性が低いことです。ワインをすぐに売ろうと思っても、すぐに換金するのはなかなか難しいのです。

また、ワイン投資はヨーロッパ市場が主戦場ですので、ユーロ建てで投資を行う必要があります。そのため、為替リスクが伴います。

また、最近ではワインファンド詐欺と呼ばれるものも発生しています。

実際、日本においても、ワイン投資ファンドを運営するヴァンネットが、顧客から預かっている約36億円ほどの資金を失う事態に陥りました。

 

ワイン投資のまとめ

今回は、日本ではあまり馴染みがないワイン投資について解説してきました。

普通の投資に飽きてきたら、ワイン投資に手を出すのも一つの手かもしれません。

ただ、まずは王道の不動産投資などで資金を作って、それから余剰資金で色々な投資に出資した方がいいでしょう。

 

ピックアップ記事

  1. 家が売れない理由と早く高い価格で売却する方法とは
  2. 外貨預金のメリット・デメリットは?MMF・債券・投資信託と徹底比較
  3. 人生の「鳥かご」から抜け出す
  4. 資産管理会社のメリットとは?知っておきたい節税のコツ
  5. 集中する方法

カテゴリー

おすすめの記事

  1. 仮想通貨取引所情報

    DMMビットコインの登録方法と使い方を8ステップで解説
  2. ブログ

    会社がつまらない。不満ばかりの現状を改善するたった一つの方法
  3. 仮想通貨取引所情報

    世界最大の取引所Binance(バイナンス)の登録方法と二段階認証方法
  4. 節税方法

    節税はもはや常識!個人でもできるサラリーマンの節税方法とは?
  5. 仮想通貨の個別銘柄

    エイダコイン(ADA)は今後何倍の価格になる?将来性を徹底検証!
PAGE TOP