ブログ

「敢えて」ポジティブになる方法

こんばんは!

実は、本日ついに「カゼ」が治りました!

かれこれ一週間もカゼに悩まされてきました。

昨日は電気毛布とセーターのダブルパンチで、
カゼを徹底的に痛めつけました!

その甲斐がありました(笑)

 

そういえば、カゼを引いて気付いたことがあります。

それは、
「健康って大切だな」ということです。

…当たり前だと思う方もいるかもしれません。

でも、カゼを引いてより一層大切だと思いました。

やっぱり、カゼを引くと

・頭がモヤモヤする
・鼻が止まらない
・寒気がする

といった症状が出ます。

こういう症状が出ると、仕事とか日常生活に
全然集中できないんですよ。

今思うと、普段なら普通にできることも
全然できませんでした。

そういう意味で、
健康の大切さを身にしみて感じました。

 

ところで、
この「健康」の考え方は、
人生でも当てはまると思うんです。

あなたの身の回りの人で、
なんでも「ネガティブ」に考えてしまう人
っていませんか?

こういう人って、
ある意味「カゼ」にかかっていると思うんです。

たしかにネガティブな考え方でも生きていけますが、
毎日とても辛いと思うんです。

ネガティブな人は、

「どうせ自分は◯◯だから」
「自分は〇〇だからやめとく」

と、初めから自分を諦めている傾向にあります。

サラリーマンでけっこう多いのが、
「仕事辞めたいな〜」
と言っている人です。

でも、そういう人たちは、

「どうせ自分は一生サラリーマンのままだから」
「自分は才能がないから、仕事以外の収入で食っていけるわけがない」

と考えて、何も行動を起こそうとしないんです。

こういう風にネガティブな発想をしていると、
気分がどんどん落ち込んでいきます。

「自分は大した人間じゃない」
と思ってしまうんですね。

そうすると更にネガティブな発想になって、
どんどん深みにはまっていきます…。

こんな考え方をしてたら、
人生が楽しいわけがないですよね?

 

ネガティブな発想を変えるには、
カゼを治すのと同じように、
「治そう」と決意して行動するしかないです。

このとき有効なのが、

「自分の使う言葉をポジティブな言葉に変える」

ということです。

人は自分が発する言葉に染まっていくものなんです。

だから、ネガティブな言葉を使えば、
どんどん考え方がネガティブになっていきます。

反対にポジティブな言葉を使えば、
ポジティブな考え方になれます。

このとき個人的にオススメなのが、

「敢えて〇〇する」

という言葉を使うことです!

例えば、あなたが

「どうせ自分はモテないから、
あの子をデートに誘っても断られるだけだ」

とネガティブに考えているとします。

そんなときは、

「どうせ自分はモテないけど、
『敢えて』あの子をデートに誘ってみよう」

と言葉を置き換えてみるんです!

そうすれば、一気に前向きな発想に変わります!

実は、「敢えて」というのがポイントなんです。

「敢えて」という言葉を使うことで、
「能力がないからできない」のではなく、

「もともと能力があったが、発揮していなかった」
という意味合いが出ると思うんです!

「敢えて」は、
「自分にはまだまだ秘められた力があるぞ」
という魔法の言葉です(笑)

私も「敢えて」という言葉を頻繁に使います。

非常にオススメです!

 

最近 新聞とかテレビのニュースを見ると、
ネガティブなニュースが多く流れています。

確かに悲しいニュースが多くて、胸が痛みます。

だからと言って、
あなたがネガティブな気持ちになる必要はないんです。

ネガティブなニュースが流れたからこそ、

「敢えて」ポジティブな考えに

なってもいいんです!

辛い時も悲しい時も、
敢えてポジティブに考えることができれば、
人生はもっと充実すると思います!

 

最高の人生を送りましょう!

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

 

CAMPFIRE Owners

ピックアップ記事

  1. 個人投資家が超高速取引に打ち勝つ方法
  2. 5割スタートぐらいがちょうど良い
  3. まずは真似することから始める。
  4. NISAのデメリットには気をつけよう!知っておきたいNISAの超基本
  5. 分散投資とは?投資信託で分散投資をしよう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


bitbank
CAMPFIRE Owners
CAMPFIRE Owners

カテゴリー

おすすめの記事

  1. 貯金方法

    子供の貯金の平均はどれぐらい?学費の正しい貯め方を知ろう!
  2. NISA

    NISAでおすすめの投資信託の種類は?投資信託選びの3つのポイントを解説
  3. ストックオプション

    ストックオプションとは?簡単にわかりやすく意味を現役投資家が解説!
  4. ジュニアNISA

    ジュニアNISAでおすすめは積立投資!メリット・デメリットを現役投資家が解説
  5. 節約方法

    お金の節約術を一挙公開!自然とお金が貯まる王道とは?
PAGE TOP