クラウドファンディング

クラウドファンディングの4つのメリット・デメリットは?支援者・出資者目線で解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、クラウドファンディングが注目されています。

クラウドファンディングは、インターネットを利用した資金調達方法です。

ひとえにクラウドファンディングといっても、その種類は購入型から融資型までいろいろとあります。

また、クラウドファンディングを始めるなら、メリットとデメリットは一通り押さえておきたいところです。

この記事では、様々な種類のクラウドファンディングや、メリット・デメリットを解説していきます。

この記事で、クラウドファンディングへの理解を深めてくださいね!

目代康二
クラウドファンディングは、新しい資金調達方法として注目されています!
投資する立場からしても、高利回りのため非常に魅力的です。

(最終更新日:2019年8月9日)

クラウドファンディングとはこういうこと!

まずはクラウドファンディングの基本から理解しましょう。

クラウドファンディングとは

クラウドファンディングとは、インターネットを通じて資金調達することをいいます。

アイディアを持っている起案者と呼ばれる人が、インターネットのポータルサイトを通じて資金提供を呼びかけ、集まった資金でそのアイディアをプロジェクトとして実行に移します。

プロジェクトがうまくいくと、金銭や商品サービスなどの対価を受け取れます。

誰でもお金を集められる

クラウドファンディングを利用することで、誰もが起案者となって、自らお金を集め、自分のアイディアを実現に移すことができます。

さて、クラウドファンディングが普及する前は、アイディアがあっても、それを実現するためには銀行から融資を受けたり、自ら出資者を募るしかありませんでした。

資金調達のハードルは非常に高かったのです。

しかし、クラウドファンディングなら、ポータルサイトの審査を通過しさえすれば、誰でもプロジェクトを立ち上げることができます。

やる気さえあれば、全ての人がアイディアを実現できるのです。

クラウドファンディングは、インターネットが普及したからこそ可能になった、新しい資金調達方法なのです。

リスクが少ない

何かアイディアを実現する時に障害となるのが「リスク」です。

特に金融機関から融資を受けている場合には、返済の負担が重くのしかかることでしょう。

しかし、クラウドファンディングは成功報酬型であるため、プロジェクトをポータルサイトに掲載しただけでは費用がかかりません。

資金が無事に集まり、プロジェクトが始動する時に、成功報酬として手数料が差し引かれます。

仮にプロジェクトが失敗しても、その資金の返済義務はありませんから、借金を背負う危険もありません。

クラウドファンディングによって、起案者は自分のアイディアを実現することに全力を注げるのです。

参照:A-port

目代康二
クラウドファンディングは、まさに次世代の資金調達方法ということですね!

投資初心者の方への厳選記事 投資初心者にお勧めの記事はこちら!

クラウドファンディングの種類

クラウドファンディングには購入型、寄付型、融資型といった種類があります。

ここからは、クラウドファンディングの具体的な種類を解説します。

購入型クラウドファンディング

購入型のクラウドファンディングは、プロジェクトの出資者に対する見返り(リターン)が、お金ではなくモノやサービスになります。

例えば、とある製品の開発を目的としたクラウドファンディングの場合には、見返りとして、その製品が手に入ることが多いです。

ただし、購入型のプロジェクトは、これからアイディアを実行に移すものが多いため、実現するまでに時間がかかる傾向があります。

そのため、プロジェクトが途中で頓挫する可能性もありますので、注意が必要です。

参照:CAMPFIRE

目代康二
これから新商品を販売していこうという人は、購入型を利用することで、販売、テストマーケティング、PRを同時に行うことができます。

寄付型クラウドファンディング

寄付型は、その名の通り出資者に対するリターンのないクラウドファンディングです。

ご想像の通り、寄付型で多いのが、慈善事業や災害支援などの社会的意義のあるプロジェクトです。

寄付型が増えれば、より多くの人が幸せに暮らせる社会が実現できますね。

寄付型では基本的にリターンはありませんが、支援を受けた人から感謝の手紙などが届くことが多いです。

融資型クラウドファンディング

融資型は、出資者に対するリターンがお金で支払われるものです。

特にその仕組みに「融資」が組み込まれているものを、ソーシャルレンディングと呼びます。

出資者へのリターンは、金銭になります。

リターンは5%程度と高くなることが多いです。

ソーシャルレンディングは、資金の借り手に担保を要求しますので、元本が保証される可能性は高いといえます。

ちなみに、ソーシャルレンディング最大手のmaneoでのリターンは、年利5%〜となっています。

参考:「ソーシャルレンディング投資のリスクと対処方法のやさしい解説」

投資家としてはかなり嬉しいところです。

参照:maneo

目代康二
また、最新の投資情報について知りたい方は、公式メルマガにて発信していますので、下記から登録してみてください。

【投資家サイド】クラウドファンディングのメリットとデメリット

私たち投資家にとって気になるのが、クラウドファンディングに投資するメリットとデメリットでしょう。

こちらでは、クラウドファンディングのメリット・デメリットを投資家目線で解説します。

【メリット①】リターンが大きい

クラウドファンディングのメリットとして一番に挙げられのが、そのリターンの高さです。

例えば、国内最大手のソーシャルレンディングサイトmaneoの場合、そのリターンは年5%〜で、高いものでは9%台のものも存在します。

しかも、担保を設定した上で融資を行なっているため、元本が保証される可能性が高いと考えられます。

さらにメリットとしては、1万円ほどの少額から投資を始められることです。

眠っているタンス預金を、ソーシャルレンディングに回してみても面白いかもしれません!

参照:maneo

【メリット②】社会的意義が大きい

クラウドファンディングの醍醐味は、寄付型であれば、支援を必要としている人たちの援助ができたり、購入型であれば、誰かの夢の実現をサポートできることです。

単にお金だけを追い求めるのではなく、世のため人のため貢献できるのも、クラウドファンディングの大きなメリットです。

また、自分の資金の使い道を自分で指定できるのも、大きなメリットですね。

【デメリット①】プロジェクトが実行されない可能性

クラウドファンディングのデメリットが、プロジェクトがそもそも実行されない可能性があることです。

プロジェクトにはそれぞれ募集期間や目標金額が決められており、この条件を満たせなければ、プロジェクトがそもそも実行されません。

クラウドファンディングへの投資を検討しているなら、そのプロジェクトが果たして実現可能かどうかも確認しましょう。

【デメリット②】プロジェクトが失敗する可能性

クラウドファンディングでは、プロジェクトが失敗に終わっても、お金は戻ってきません。

投資で失敗しないために、自分が出資するプロジェクトには細心の注意を払う必要があります。

特に金銭的リターンを求めるソーシャルレンディングは、その案件の詳細や担保の条件まで細かく確認しましょう。

投資初心者の方への厳選記事 投資初心者にお勧めの記事はこちら!

クラウドファンディングのまとめ

今回はクラウドファンディングについて解説してきました。

クラウドファンディングは、インターネットが普及したからこそ可能になった、新しい資金調達方法です。

そして、投資家サイドとしては、ソーシャルレンディングのリターンの高さはかなり魅力的です。

クラウドファンディングに興味を持った方は、ぜひ投資を検討してみてくださいね!

目代康二
クラウドファンディング は、まさに次世代の資金調達方法といえますね!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. リアクションが薄い人は損しているかもしれない
  2. 確定拠出年金のおすすめ商品とポイントについてを紹介!
  3. フルローンの仕組みとは?頭金なしで不動産を購入する審査基準を解説
  4. ご存知ですか?ビットコインの資産運用で知っておきたいこと
  5. 確定拠出年金の6つのデメリットとメリットを解説!企業型・個人型の意味は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

おすすめの記事

  1. 仮想通貨の個別銘柄

    仮想通貨ネム(NEM/XEM)の今後と将来性は?特徴やチャートの動きを解説
  2. ストックオプション

    新株予約権とは何?行使価格や株価への影響を分かりやすく解説
  3. 仮想通貨取引所情報

    仮想通貨取引所の仕組みとは?現役投資家が取引の流れを解説
  4. 仮想通貨取引所情報

    ビットバンクはリップルの取引がおすすめ!手数料が無料へ
  5. バイナリーオプション

    バイナリーオプションで勝てない4つの理由とは?儲かるための方法を解説
PAGE TOP