外貨預金

外貨預金のメリット・デメリットは?MMF・債券・投資信託と徹底比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、日本の銀行の預金金利は非常に低くなっています。銀行預金にお金を預けていても、お金が増えることはほとんど期待できません。

ところが、世界に目を向けてみると、海外は金利が高く投資先として非常に魅力的となっています。ですが、海外の投資というと、外貨預金、外貨建てMMFなど多くの種類がありますので、一体どれに投資すればいいのか非常に悩むところですね。

そこで、この記事では数ある外貨建て商品をリスク・リターン別にご紹介したいと思います。この記事を参考に、あなたも外貨建て商品への投資を考えてみてください!

(この記事は、過去に書かれた記事を2018年9月8日に加筆修正したものです。)

そもそも外貨投資って何?

外貨投資とは

外貨投資とは、外国通貨建ての商品に投資することをいいます。主要通貨である米ドルやユーロだけではなく、ポンドやNZドルなど多種多様な通貨が対象となっています。

外貨投資の一番のメリットが、その金利の高さです。日本ではマイナス金利が導入され、銀行金利が軒並み下がっています。ですが、海外はまだまだ金利が高く、投資先として非常に魅力的なのです。

為替レートに要注意

外貨投資で注意が必要なのが為替レートです。

外貨に投資する際と、外貨から日本円に戻す際に、それぞれ為替レートの影響を受けます。どんなに金利が高くても、日本円に戻す際に円高に触れていたら、金利以上に為替差損が出てしまう恐れがあります。

また、為替手数料も見逃してはいけません。外貨投資の手数料は割高に設定されているため、手数料だけで大幅に損をする可能性もあります。

外貨投資のリスク・リターン別の違いは?

ここからは、数多くある外貨投資をリスクとリターン別に解説していきます。それぞれの投資の特徴を、しっかりと理解しましょう。

ローリスク・ローリターン

外貨預金

外貨預金は円預金の外貨版です。円預金と同様、外貨普通預金と外貨定期預金の2種類があります。当然、外貨定期預金の方が金利が高くなっています。

ただし、外貨預金で注意したいのが「取引手数料」です。購入時と換金時にそれぞれ為替手数料が1円程度かかることが多いです。この取引手数料は、今回ご紹介する外貨建て投資の中で外貨預金が一番割高となっています。

また、外貨定期預金に投資した場合には、途中で解約できない特徴があります。仮に途中で解約する場合には、低い金利が適用された利息が支払われるようになります。

外貨預金は、リターンはまだいい方ですが、手数料が高すぎるためおすすめできません。

外貨建てMMF

外貨建てMMFは、安全性重視で運用が行われる外貨建ての投資信託です。外貨建てMMFは元本保証がありませんが、安全性を最優先に運用が行われ、主な投資対象は優良企業の社債や国債などです。

購入手数料は無料ですし、わずか1万円から投資できますので、手軽に投資を始めることができます。

外貨預金よりも取引手数料が安く、また金利も高い傾向にあります。外貨預金に投資するぐらいなら、外貨建てMMFへ投資した方がいいでしょう、

ミドルルスク・ミドルリターン

外国債券

外国債券は、狭義の意味で外国通貨建てで発行される債券のことをいいます。債券はあらかじめ償還日や利息が決められているので、確実に利益を上げたいなら外国債券がオススメです。

ただし、取引の際にはある程度まとまった資金が必要です。

外貨建て投資信託・ETF

外貨建て投資信託とは、外貨建ての投資信託です。

通常の投資信託と同様、販売手数料や信託報酬等がかかります。日本の投資信託よりも外貨建て投資信託の方が本数多く設定されているため、商品選びは慎重に行いましょう。

為替リスクを防ぎたい場合には、為替ヘッジありの投資信託を選ぶようにしましょう。ヘッジ費用の分だけ割高となりますが、為替リスクをなくすことができます。

参考①:「投資信託はデメリットよりもメリットの方が大きいのはなぜ?」

考②:「なぜ海外ETFはおすすめなの?メリット・デメリットとは」

ハイリスク・ハイリターン

FX

外貨投資の王道といったらFXでしょう。FXは外国通貨を売買することで、利益を上げる投資手法です。為替レートの値動きを利用して、利益を上げます。

FXはレバレッジを効かせることができるため、少額の資金しかなくても、最大25倍までの金額を取引可能です。ただし、レバレッジを効かせすぎると、利益が出た時には大儲けできますが、損失が出た場合にはそれが一気に拡大する恐れがあります。

FXには、もう一つ「スワップポイント」という利益の上げ方があります。スワップポイントとは、低金利通貨を売って高金利通貨を買うことで、その金利差にあたる部分を毎日受け取れることをいいます。スワップポイントを使えば、通貨を保有しているだけで、毎日利益を上げることができます。

参考:「FXのスイングトレードとデイトレードの手法をわかりやすく解説」

外国株式

こちらは外貨建ての株式に直接投資することをいいます。自分で外国株式に投資する際には、自分で銘柄を選定する必要があるため、投資初心者にはハードルが高いと言えるでしょう。

ただ、海外には優良企業も多いため、うまく運用できれば大きな利益が期待できます。

参考:「株で勝つなら銘柄の選び方が重要!株式投資の基本」

サラリーマン康二
また、最新の投資情報について知りたい方は、公式メルマガにて発信していますので、下記から登録してみてください。

外貨投資のまとめ

今回は外貨投資をリスクとリターン別に解説してきました。外貨投資は大きなリターンが期待できる一方、為替リスクやカントリーリスクがあるというデメリットもあります。

もしも外貨投資をするのなら、投資のリスクや海外情勢をしっかりと確認した上で投資を始めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. Jリートとは?投資初心者のための不動産投資信託
  2. 人は一人では生きられない。人との出会いで人生が変わる
  3. FXでよく聞く退場とは – 外国為替証拠金取引の基礎知識
  4. 株の銘柄の正しい選び方!初心者は必ず守ろう!
  5. 今年こそは最高の年に!今年の目標を立てる。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

おすすめの記事

  1. インデックスファンド

    インデックスファンドの利回りの平均はどれぐらい【2019年最新情報】?
  2. 株式投資初心者おすすめ

    株式投資の最適な勉強方法とは?サラリーマン投資家が稼ぐための全て
  3. 外国債券

    外国債券の5つのリスクとメリットとは?海外債券への投資方法を解説
  4. 節税方法

    扶養に入るメリット・デメリットとは?社会保険上と税法上の扶養控除を解説
  5. 仮想通貨の個別銘柄

    イーサリアムのマイニングが終了するって本当?どんな影響がある?
PAGE TOP