ブログ

こうすれば人生を変えられる!投資で人生を変える方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
康二です。

最近は昼間と夜の温度差が大きいので、風邪を引かれないようにお気をつけください。

…と言っている私ですが、実は昨日から風邪を引いていますw

改めて、自分の体力のなさに打ちのめされてしまいます。

4月までは、毎週5キロランニングをしていたので、結構体力にも自信があったんです。

でも、最近は仕事の忙しさを理由に、ランニングを怠っていました。

そうしたら、このザマです(笑)

んー、またランニングを本格的に再開しないといけないですね。

体の健康も大事にしないといけませんね。

 

ところで、

(仕事、辞めたいな〜)

あなたは、こんなことを考えることはありませんか?

って、突然変なこと言ってすみません(汗)

でも、最近そう思う場面が結構あるんですね。

私は営業の仕事をしているんですけど、会社からは次から次へと「ノルマ」が与えられます。

正直言って、やることが多すぎて手が回らないのが現実です。

それに加えて、会社からは「残業するな」というお達しが来るわけです。

…「ノルマを上げ」つつも「残業を減らせ」って、完全に矛盾していますよね(笑)

こんな状況なので、私の同僚なんかも、みーんなボヤいています。

 

仮にこれが高度経済成長下の「バブルの時期」だったら、話は別ですね。

給料はどんどん上がるし、長く働けば昇進できますし、仕事に「やりがい」が見出せたと思うんですよ。

ところが、今の時代、給料なんて頭打ちなわけです。

っというか、会社の稼ぎだけですと、明らかにお金が足りないですね。

仮に運良く昇進したとしても、給料なんてさして変わらないわけです。

私の上司なんかも、お金が足りないとボヤいていますから。

…うーん、こんな状況下で、仕事にやりがいを感じる方が難しいと思うんですよ。

だから、仕事のためだけの人生を送るよりかは、いっそのこと、仕事に依存しない人生を送った方がいいと思うんです。

 

では、サラリーマンである私たちにできることは何でしょう?

いきなり会社を辞めて独立するなんて、それはちょっと難しいですよね。

明日からどうやって生きていくんだ?って感じです。

そうではなく、まずは会社で働きかながら、少しずつ他の収入を増やしていくんですね。

そして、給料以外の収入が十分に大きくなってから、会社を辞めればいいんです。

これなら、完全に「ノーリスク」ですね!

収入の増やし方としては、投資か副業がオススメです。

特に、仕事で忙しいサラリーマンには、「投資」をオススメしたいです!

その中でも、「不動産投資」がかなり良いです。

不動産投資って、一度始めてしまうと、あとはやることが全然ないんですよ。

物件の管理から入居者対応まで、全て管理会社に任せられるんですね。

毎月数時間ぐらいしか、不動産に時間を割く必要はないでしょう。

これなら、本業で忙しいサラリーマンでも、十分に両立可能です。

ちなみに、私は現在、不動産投資をしているわけですが、毎月それに割いている時間はほとんどありません。

んー、ホント心配になるぐらい、何もしてないです(笑)

言うなれば、毎月自動的に家賃収入が入っている感じです!

不動産投資は、自動化可能な投資なんです!

 

この人生、仕事だけで終わるのはもったいないです!

自分のやりたいことを実現するために、一歩踏み出して投資を始めてみませんか?

投資で人生をもっと豊かにしましょう。

それでは、明日も素敵な一日をお過ごしください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 割引債とは?利付債との違いやメリットを徹底解説
  2. 先物取引のメリットを理解しよう!リスクと仕組みは?
  3. 外貨預金のメリット・デメリットは?MMF・債券・投資信託と徹底比較
  4. 投資信託の正しい選び方とは?7つのポイントを押さえよう!
  5. スキャルピングのコツや手法とは?勝つためにテクニカル分析を知ろう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

おすすめの記事

  1. 貯金方法

    貯金方法のおすすめはこれだ!収入を増やす発想を持とう!
  2. 仮想通貨の始め方

    仮想通貨の正しい選び方とは?爆上げ通貨の7つの基準
  3. 貸株

    貸株サービスの6つのデメリットとリスクとは?メリットもあわせて解説
  4. お金の管理方法

    仕事を辞めるにはいくらお金が必要?仕事を辞めても生きていく方法
  5. 貯金方法

    夫婦の貯金口座は別々に分けるべき?まとめるべきなのかおすすめの方法を解説
PAGE TOP