ブログ

簡単だけどすごく大事!ありがとうは魔法の言葉!

こんばんは。
康二です。

今日は気温も丁度よく、過ごしやすい一日でしたね。

そう言えば、先日は私の父の誕生日でした。

実は、今まで父に、誕生日プレゼントなんて渡したことなかったんですよ。

でも、今回ばかりは、私の兄と一緒に父のプレゼントを購入しました!

で、父に何を買おうか考えたんですけど、今回は「革製品」を購入することになりました。

んー、私の父はブランドとかそういうのにメッキリ弱くて、ベルトは合成皮革のものでボロボロ、使っている財布も100円ショップのだったりするんです(笑)

だから、せっかくのプレゼントは、一生ものの超本格的な革製品にしたんですよ!

今回は奮発して、有名な革製品のお店で、本革のベルトと本革のカード入れを購入しちゃいましたー!

結構な値段がしましたけど、革製品はキチンと手入れすれば一生ものですから、安いものです。

そして、父に実際にプレゼントを渡したわけですが、かなり喜んでくれました。

(今までこんなプレゼント、もらったことない気がする…)

と言っていましたね。

そんな気がするのも当然!

だって、今までプレゼントなんて渡したことありませんから(笑)

まあ、これからは毎年プレゼントするようにして、親孝行に努めます!

 

父に誕生日プレゼントを渡して思いましたけど、やっぱり人に喜んでもらうことって、本当に素敵なことですよね。

人の笑顔を見るのは、他の何にも変えがたい経験だと思います。

毎日が笑顔にあふれていたら、なんて素敵なんでしょう!

実は、人を笑顔にする簡単な方法があって、それは

(ありがとう)

を言うことです。

人からありがとうと言われて、嫌な気がする人はいませんよね?

むしろ嬉しいぐらいです。

私も人からありがとうと言われると、とても幸せな気持ちに包まれます。

だから、ありがとうを言うと、相手は幸せな気持ちになって、そして笑顔になるんです。

実は、私は職場で実験をしました。

職場でちょっと怖い先輩がいるんですけど、その人に向かってありがとうと言ってみたんです

そうしたら、顔がわずかに笑っていましたね。

…私はしっかりと見ていましたよ!(笑)

このように、「ありがとう」には、人を笑顔にする力があると思うんです!

 

反対に、「ありがとう」という言葉を集めるようにするのも、オススメです。

今度は、自分がありがとうと言われる側になるんですね。

毎日いろんな人からありがとうなんて言われたら、テンション上がっちゃいますよね!

人からありがとうと言われると、もっともっと自分から行動を起こしたくなるはずです。

例えば、あなたが誰か他の人のために行動をして、その結果、その人からものすごく感謝されたとします。

そうなったら、あなたはどんな気持ちになりますか?

(今以上にもっと、人に喜ばれることをしよう!)

なんて思っちゃいませんか?

そして、あなたが他の人のためにまた行動を起こすと、さらに多くの人から感謝されるようになります。

ありがとうの連鎖が起きていますね!

人から感謝されると、あなたの気持ちもさらに前向きになるんですよ。

 

自分から「ありがとう」と言うのも良し、人から「ありがとう」と言われるのも良し。

ありがとうという言葉は、ホントに最強の言葉だと思います。

ありがとうを意識的に使うことで、あなたの人生は確実に良い方向に向かいます。

あなたも「ありがとう」という魔法の言葉を、意識して使って見てくださいね!

さて、今日は「ありがとうの持つ力」について、話をしてきました。

明日も素敵な一日をお過ごしください。

CAMPFIRE Owners

ピックアップ記事

  1. 定期預金よりもお得?個人向け国債にはメリットがたくさん!
  2. 不動産所得とは?遊休地を使って賢く土地活用する方法
  3. これで分かる!ビットコインの使い方と買い方を分かりやすく解説します
  4. 自己と他者の受容のバランスが大事
  5. 一生懸命に生きる姿勢の大切さ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

おすすめの記事

  1. 仮想通貨の個別銘柄

    イーサリアムのチャートは長期的にどうなる?今後の将来性を分析してみた
  2. 確定拠出年金

    確定拠出年金の運用は投資信託がおすすめ!注意点は?
  3. NISA

    NISAでおすすめの投資信託の種類は?投資信託選びの3つのポイントを解説
  4. お金の管理方法

    老後に貯金がない事態を回避!現役時代からできることとは?
  5. ジュニアNISA

    ジュニアNISAのデメリットとは?正しい運用方法を解説
PAGE TOP