ブログ

完コピで人生が変わる?人生を変える方法

こんばんは。
康二です。

(えーっ!?そうくるの??)

昨日、「タリーズコーヒー」に行ったんですけど、思わずびっくりするような出来事がありました。

私は普段、タリーズコーヒーには行かないんですけど、昨日は珍しく行ったんです。

でも、本当に久しぶりに行くので、どのコーヒーを飲もうか、非常に悩みました。

•クレープシュゼットラテ
•ハニーミルクラテ
•キャラメルラテ
•…etc

最近のコーヒーって、本当に色々と種類がありますよね。

どのコーヒーを頼めばいいんでしょう??

…だから、こう考えたわけです。

(そうだ!店員さんにオススメのコーヒーを聞こう!)

そこで、店員さんに質問してみたんです。

私:(オススメのコーヒーはありますか??)

店員:(…そうですね〜。コーヒーは苦手ではないですよね??)

私:(コーヒーは好きですよ。)

店員:(うーん…。それでは、『アイスコーヒー』はいかがでしょうか??)

私:(えっ!?)

ってなりました(笑)

わざわざ店員さんにオススメを聞いておいて、提案されたのが「アイスコーヒー」って、どういうことなんでしょう(笑)

それなら、わざわざ店員さんに聞かなくても分かりますからね(笑)

ただ、もしかしたら私にはアイスコーヒーがお似合いということなんでしょうかね、、。

まあ、あんまり深読みするとドツボにハマってしまいますねw

うーん、よく分かりませんが、こんな感じで毎日楽しく過ごしています!

 

ところで、私は4月から「出向」ということで、今は別会社で「営業」として働いています。

今まで事務仕事しかしたことがありませんから、営業は全く畑違いの仕事です。

仕事の内容が全く違うので、毎日やることすることが全て初めてのことですね。

だから、分からないことがあり過ぎて、先輩に教わったり、時には怒られながら、なんとか仕事を進めています。

今まで自分がやったことがない新しいことをするのは、

「難しい」

ですよね。

分からないことが多すぎて、本当に困ります。

でも、サラリーマンですから、一日でも早く仕事を覚える必要があります。

私がいま実践しているのは、先輩から言われたことを100%実践することです。

とにかく先輩のやっていることを「完コピ」する勢いで仕事をしていますよ。

あと、「売れている」営業のやっていることを、注意深く観察するようにしています。

やっぱり、売れている営業には、売れているだけの理由があるんです。

こういった営業のスキルを盗むことで、自分の営業スキルも必然的に上がると思うんですね。

 

これはどんな分野にも共通することだと思いますが、

「上手くいっている人のやり方を真似する」

ことは、成功するための最短ルートだと思うんです。

上手くいっている人のやり方を実行すれば、そりゃ上手くいくのは当然ですよね。

だって、すでにそのやり方で上手くいっている人が、目の前にいるわけですから!

とにかく上手くいっている人のやり方を真似して、それを自分のスキルとして身につけることが大切です。

 

大切なのは、いきなり「自己流」で行動を始めないことです。

自己流が必ずしも上手くいかないとは限りませんが、上手くいっている人から教わった方が、成功するスピードや、成功する確率が飛躍的に変わります。

まずは「完コピ」することが、大切なんです!

だから、上手くいっている人のやり方をガンガン真似しちゃいましょう!

明日も素敵な1日をお過ごしください。

CAMPFIRE Owners

ピックアップ記事

  1. 好きなことを好きなだけ考えてみましょう!
  2. 個人型確定拠出年金のおすすめの運用方法や活用方法とは
  3. 適度な運動でストレスを発散する方法
  4. 悪い環境に慣れることはよくないです。
  5. 個人向け国債のメリット・デメリット・解約とは〜利付国債との比較〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


bitbank
CAMPFIRE Owners
CAMPFIRE Owners

カテゴリー

おすすめの記事

  1. 金投資

    金投資の種類を比較!どの投資方法が一番おすすめ?
  2. 外国債券

    外国債券がおすすめできる理由を利回りも踏まえてわかりやすく説明します!
  3. 仮想通貨の個別銘柄

    イーサリアムのスマートコントラクトの仕組みとは?世界を変える一大技術を解説
  4. 仮想通貨の個別銘柄

    アロハコインの上場はいつ?どうなる?最新上場情報を解説!
  5. 不動産投資の失敗・リスク

    気をつけよう!サラリーマン大家の失敗事例と不動産投資のリスク
PAGE TOP