ブログ

人生がもったいない!あなたは今が幸せですか?

こんばんは。
康二です。

今日は、午後から不動産投資のセミナーに行ってきました。

このセミナーは、すでに不動産投資を始めとした投資で、年収1億円を突破している投資家が主催するものでした。

この投資家の方も元は普通のサラリーマンでしたが、不動産投資を通じてサラリーマンを独立されたんですね。

まさに私の目指すところです。

このセミナーを通じて、不動産投資の可能性について改めて認識を深めることができ、非常に有意義な時間を過ごすことができました。

「不動産投資で絶対に成功するぞ〜!」

と、改めて誓いを立てた今日この頃です!

 

さて、話は変わりますが、先日とある女性とお会いして話をする機会がありました。

その女性は、今まで普通に健康な状態で過ごされていましたが、先日、突如として身体に“しこり”のようなものができたそうです。

しこりって聞いたら、何か病気の前兆のように思えますよね。

その女性も、

「まさか、病気では?」

と心配に思ったようです。

ただ、だからといって落ち込むわけではなく、逆に「元気」になったとのことでした。

どういうことかと言うと、

「自分は病気かもしれない」

と思うようになってから、毎日健康な体で過ごせることの大切さに気付いたそうです。

自分は十分に幸せなんだと気付いて、元気になったんですね。

そして、その女性は病院で精密検査を受けたようですが、結果としては、特に病気の兆候はなかったとのことでした。

いやあ、本当に良かったです。

やっぱり、毎日当たり前のように過ごしていますが、「健康」って大切なんですね。

 

この女性の話から、とても重要なことが学べる気がします。

例えば、病気で余命宣告をされ、逆に生き生きとする人の話をよく聞きますよね。

自分の人生の終わりを意識するようになって、自分の人生がいかに幸せだったのかに気づき、感謝の念があふれてくるそうです。

やっぱり、人生をもっと充実させようと思ったら、自分がいま「幸せ」だと気づくことが大切だと思います。

でも、そうは言っても、仕事とか人間関係のトラブルで、自分が幸せだということをついつい忘れがちです。

そうなると、自分の心に余裕がなくなって、人に気を配る余裕がなくなると思うんですね。

すると、周囲の人との人間関係もどんどん悪化していき、自分の心もさらにマイナスの方向に向かうと思います。

だから、多少強引でもいいですから、

「今が良い」

と考えた方がいいと思うんです。

自分の周囲で起きている出来事は、あくまで「中立」に過ぎません。

ただ出来事が起きているだけで、特に意味はありません。

それに良い、悪いの色をつけるのは、他でもない「あなた」なんですよ!

だから、他の人にとっては悪いことでも、あなたの心掛け次第では、良い出来事だと考えることができるんです。

この考え方、素敵じゃないですか??

自分の状況は、自分の心掛け次第でいくらでも変えられます。

だから、今の自分の状況をもっと楽しんでいいと思うんです。

・愛すべき家族がいる
・仕事がある

これだけで十分に幸せですよ!

このことに気づくか気づかないかで、毎日の心持ちが180度変わると思います。

だから、今この瞬間から「今が良い」と考えてみてください。

きっと毎日楽しくなりますよ〜!

さて、今日は「今が良いということに気が付く」ことについて、話をしてきました。

明日も素晴らしい1日をお過ごしください。

 

【期間限定】『投資の教科書』を配布中!



海外取引所は世界最大のバイナンスがおすすめ!

Binanceの登録方法

 

Binance公式サイト

   

ピックアップ記事

  1. 劣後債のメリットとは?投資するならこれだけは知っておこう!
  2. ファミリーファンド方式って一体なに??基本から解説します。
  3. マンション売却時に知っておきたい不動産会社による買取制度
  4. ハイイールドファンド債とは?その魅力とリスクを徹底解説
  5. 投資信託の正しい選び方とは?押さえるべき7つのポイント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

おすすめの記事

  1. 貯金方法

    貯金方法のおすすめはこれだ!収入を増やす発想を持とう!
  2. 銀投資

    銀投資の魅力とは?銀投資をわかりやすく解説
  3. 外国債券

    外国債券の5つのリスクとは?海外債券のメリットと投資方法を解説
  4. 金投資

    金の投資は儲かるの?金投資の基本を分かりやすく解説
  5. 株式投資初心者おすすめ

    株式交換とはどんな仕組み?株式交換の基本を解説
PAGE TOP