ブログ

お金を「貯める」方法 よりも「動かす」ことが大事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、康二です。

私がお金の勉強をしていて、
面白いと感じたことがあります。

「自分のお金を『動かす』ほどお金の量が増える」

ということです。

例えば、あなたが銀行の10年定期預金に
100万円を預けたとします。

これを「銀行」の視点で見てみます。

A銀行は、あなたから定期預金として
100万円口座に振り込まれました。

当然、銀行はこの100万円を口座に入れたまま
放置なんてしません。

10年後の満期まで引き出されることが無いので、
その間に他の人に貸し出すんです。

例えば、A銀行がこの100万円をまるまる
B投資先に貸し出したとします。
(現実では預金を全額貸出しするのは禁止行為です)

すると、この時点で100万円だったお金が、

A銀行の口座→100万円
B投資先への貸出し→100万円

と合計200万円に増えています。

…100万円のお金が2倍に増えているんです!

実は、このお金が増える仕組みのことを
「信用創造」と言ったりします。

実際に存在するお金以上のお金が
世の中に創られていくことを指すんです。

だから、、、

もしも、お金を創造するプロセスを「個人レベル」
で行えたら、
無限にお金を増やせると思いませんか??
__________

それでは、どうやったら個人レベルで
「お金を創造」できるんでしょうか?

…答えは、
「自分が投資したお金を回収して、次の投資に回す」
ということです。

例えば、不動産投資をする場合を考えてみます。

あなたが100万円の頭金を入れて、
ローンで賃貸アパートを購入したとします。

収入が毎年20万円あるとします。

一年目の収入は 20万円
二年目の収入は 累計40万円

五年目の収入は 累積100万円
になります。

なので、あなたは5年目で頭金100万円を
全額回収できたことになります。

…ここでポイントがあります。

回収した100万円を頭金にして、
次の投資の購入資金に充てるんです!

例えば、再度同じアパートをもう1棟購入したとします。
さらに5年経つと、このアパートの頭金が回収できます。

10年目の時点で、

・アパート2棟を購入し、その頭金100万円は全額回収。
・1棟目のアパートの6~10年目の収入100万円が手元に残る。

という計算になります。

つまり、10年で100万円が「200万円」に
増加しているんです。

なぜこんな芸当ができたかというと、
「自己資金を回収し、次の投資に回したから」です。

自分のお金を『動かす』ことで、
お金の量が増えたんです。
__________

よく日本人には「貯金家」が多いと言われています。

たしかに貯金は元本割れがしないので、「安全」ではあります。

でも、貯金をしているということは、
お金を一つの場所に「停滞」させていることになります。

他の投資に回していれば入ってくるはずの収入を
みすみす棒にふるってしまうんです。

これではいつまでたってもお金は増えません。

もしも あなたが裕福になりたいのなら、
お金を停滞させないで
「動かす」ことを意識してみてください。

「この投資だと、何年で自己資金を回収できるか?」
「もっと他に良い投資はないか?」

こういったことを常に考えれば、
あなたの「お金のスキル」が上がって、
お金が増えていくと思います。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. マンションとアパートの空室率が上昇?リフォーム費用を安く抑えるための方法
  2. トランクルーム投資は不労所得になるか?集客方法が一番のハードル
  3. オルタナティブ投資とは?初心者でも分かるメリット・デメリット
  4. 個人向け国債のメリット・デメリット・解約とは〜利付国債との比較〜
  5. 【株の注文方法】指値注文・成行注文ほか株式投資のテクニックを解説します

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

おすすめの記事

  1. 仮想通貨の始め方

    仮想通貨の正しい保管方法とは?ウォレットの仕組みと違いを解説
  2. 節約方法

    お金の節約術を一挙公開!自然とお金が貯まる王道とは?
  3. 貯金方法

    結婚時の貯金の平均はどれぐらいが目安?20代は5万円必要って本当?
  4. マンション投資

    区分マンションとは?中古マンションのメリットとデメリットを解説
  5. 仮想通貨取引所情報

    コインチェックの手数料は高いので要注意!どう気をつければいい?
PAGE TOP