ブログ

色々な問題で悩んでいるあなたへ。1つのことに集中することが大切です

こんばんは。
康二です。

そういえば先日、自分の夢で悩んでいる女性のお話を聞く機会がありました。

その女性はもともと歌うことがとても得意で、その歌の経験を生かして歌のコミュニティを作りたいとのことでした。

みんなで歌を歌ったりして、お互いに楽しい時間を過ごすコミュニティですね。

素晴らしい夢ですよね。

ところがです。

実はその女性、今とてもお金に困っているのです。

だから、

「夢を叶えるためにコミュニティを作る」
「まずはお金を稼ぐ」

この2つの間でとても揺れているんですね。

おそらく「コミュニティ作り」に専念すれば、夢が叶う時期は早くなりますが、お金にメチャクチャ苦労しますよね。

極端な話、毎日ギリギリの生活を送る必要があります。

これはすごく困難ですが、夢には最短距離で行ける方法です。

一方、「まずはお金を稼ぐ」ことに専念すれば、一時的に夢から遠ざかりますが、金銭的に豊かになった後に、夢に向かって安心して進むことができます。

こちらは遠回りですが、比較的楽に夢が叶う方法です。

夢を取るか、それともお金を稼ぐことを取るか、この2つはかなり難しい選択肢ですよね。

まさに人生の分岐点。

ちなみに、この女性がどちらの選択肢を選んだかは、私もまだ知りません。

次にお会いした時には、どちらの道を進んだのか聞いてみたいと思います。

 

ところで、先ほどの2つの選択肢は、どちらを選んでも正解になると思います。

ただし、「諦めないで行動を続けたら」という条件が付きますが。

ところが、この2つの選択肢で、1つだけ「不正解」があると思います。

それは、2つの選択肢の

「両方」

を選ぶことです。

つまり、

「コミュニティ作り」をしつつも「お金を稼ぐ」

ことです。

2ついっぺんにやるのは、絶対にやめた方がいいと思います。

その理由は、人は同時に複数のことができないからです。

人が何かをやるときには、必ず1つのことに集中する必要があるんです。

じゃないと、いい成果は出せません。

サラリーマンであるあなたならご存知の通り、会社で仕事をするときには、同時に2つのことをやらないですよね??

もしも複数の仕事を同時にやろうとしたら、仕事の効率が落ちて、どちらの仕事も中途半端になりますよね。

実は私が新入社員のころには、同時に複数の仕事をこなそうとしていました。

それが「カッコイイ」ことだと信じていたんです。

ところが、いざ同時に複数の仕事をやってみたら、

「仕事が回らない」

んです。

どの仕事も表層をなぞるだけの中途半端なものになり、全く仕事が終わらない始末でした。

そんなとき、当時の上司から

「1つずつ確実に片付けろ」

というアドバイスをいただきました。

そして、そのアドバイスを素直に聞いて、1つの仕事に集中して取り組むようになったら、仕事が終わるようになったんです。

自分でも信じられないぐらいです。

しかも、1つずつ確実に終わらせた方が仕事の質も高いですし、スピードも速いことに気がつきました。

このような経験から、私は何か物事に取り組むときには

「一点集中」

することを心掛けるようにしています。

一見すると「1つのことしかやらない」というのは非効率に思えますが、実は一番効率的な方法だと思います。

 

あなたが何か新しいことを始めるときには、仕事でも投資でも副業でも、必ず1つの分野に全神経を集中した方がいいと思います。

多くの人が、成果がすぐに出ないと他のものに目移りしますが、それでも諦めないで一点集中した方がいいです。

そうすれば自然と成果も出てくると思います。

繰り返しになりますが、

「薄く広く」

はやめて、

「一点集中」

でいきましょう。

さて、今日は「1つのことに集中する」ことについて、話をしてきました。

明日も素敵な一日を過ごしください。

ピックアップ記事

  1. 株式投資で個人投資家が最低限知っておきたいこと
  2. 区分ワンルームマンション投資の基本!収益物件への投資で知っておきたいこととは?
  3. 管理会社とは?不動産投資における管理会社の役割
  4. その発想はなかった
  5. デイトレードの手法を徹底解説!投資の心構え

カテゴリー

おすすめの記事

  1. 仮想通貨の始め方

    仮想通貨の正しい選び方とは?爆上げ通貨の7つの基準
  2. 仮想通貨の個別銘柄

    デジバイトのチャートを分析!その特徴と将来性とは?
  3. 節税方法

    扶養控除で税金を節約!扶養控除ってどんな仕組み?
  4. 仮想通貨取引所情報

    仮想通貨取引所の仕組みとは?現役投資家が取引の流れを解説
  5. 貯金方法

    子供の預金口座を用意しよう!始めるタイミングやポイントは?
PAGE TOP