ブログ

楽しい人生を送るためにも、目の前の活動を楽しみましょう!

こんばんは。
康二です。

今日は会社でしたが午後に半休をいただきました。

そして、今後の投資戦略について打合せをしていきました!

いや~今後の不動産投資の展開が楽しみです!!

ところで、最近私が痛感しているのが、

「活動を楽しむこと」

です。

「楽しむことよりも実績を上げる方が大切じゃん!」と考える人もいると思います。

たしかにその通りなのですが、ある一定以上の成果をあげるためには、楽しむことが必要不可欠だと思うんです。

実は、多くの成功者と呼ばれる人たちは活動そのものを楽しんでいるんです。

活動そのものを楽しんでいるからこそ、成功者は異次元に思えるような圧倒的な成果をあげているんですね

どんな活動でも一定以上の成果をあげようと思ったら、それなりの行動を積まないといけないんです。

「一定以上の行動」というとすごく簡単に聞こえますが、これは「相当の努力」が必要ということです。

例えば、サラリーマンをしている人が副業で圧倒的な成果を上げるためには、やはり土日だけ活動しているようでは活動量が足りません。

平日の会社終わりも活動していないといけないんですね。

簡単にいうと、会社が終わった後、夜からまた別の会社で働くイメージです。

つまり、Wワークしないといけないんです。

実は、私の所属するコミュニティーのメンバーで月収50万円ほどの成果を上げている人も、話を聞いてみると、寝る間も惜しんで活動しているということでした。

平日でも朝の3〜4時ごろまで起きて活動しているんです。会社が終わったあと6時間以上活動しているんですよ。

でこれを逆に言うと、

「毎日これぐらいやらないと成果が上がらない」

という厳しい現実があるんですね。

つまり、あなたが副業なり投資なりで大成功を収めたいのなら、それ相応の「対価」を支払う覚悟が必要です。「努力」です。

ここからが本題ですが、どうして多くの人が収入を上げられず苦労するかというと、「行動量」が足りないからなんです。

行動量さえ増やすことができれば、誰でも成果を上げることができます。

でも、そんなことは分かっていても、毎日6時間以上活動に費やすのって大変ですよね。「成果」だけを求めて活動すると、とても辛いんです。

そんなときに成果を上げる簡単な方法は、その活動を「楽しむ」ことです!

「活動しなければならない」という義務感を、「活動したくてしようがない」というプラスの気持ちに変えるように意識するんですね。

そうすると、自分の気持ちが切り替わって、いま目の前にある活動が楽しくなってくるんです。

人は自分が「楽しい」と感じたことなら、どんどん集中して活動することができます!

だから、活動そのものを楽しむことができれば、どんどん活動を進めていって、「気づいたら」成果が上がっている状態を作れるんです!

正直、今の世の中、さまざまなお金を稼ぐ方法が蔓延していますが、多分どの方法でもお金は稼げると思うんです。

でも、多くの人がお金を稼ぎ始める前に活動を「諦めてしまう」と思うんです。

だから、これだけ多くの人がお金に苦労しているんです。

むしろ、私たちのような普通の人が学ぶべきは「ノウハウ」ではなく「成功者の思考」だと思うんです。

成功者が困難な状況に直面したとき、果たしてどういう思考をするかということが、とても大切だと思うんです。

だから、もしもあなたが仕事を独立して自由に生きたいと考えているなら、ノウハウだけでなく、成功者の思考をコピーするように意識してみてください。

そうすれば、きっと圧倒的な成果を上げられると思います。

いずれにしろ、あなたが何かの活動に取り組んでいるのなら、目の前の活動を「楽しむ」ことを意識してください。

そして、活動を楽しんで、圧倒的な成果を上げちゃってください!!

一度の人生を楽しみましょう!

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

CAMPFIRE Owners

ピックアップ記事

  1. バリュー投資とは〜株式投資を始める人の株式投資入門
  2. デイトレードの手法を徹底解説!投資の心構え
  3. 「敢えて」ポジティブになる方法
  4. なぜベストを尽くさないのか。
  5. 絶対に知っておきたい!投資信託のメリット・デメリットのまとめ

カテゴリー

おすすめの記事

  1. お金の管理方法

    結婚後のお金の管理は超重要!お金で揉めないコツとは?
  2. 仮想通貨取引所情報

    ビットバンクはリップルの取引がおすすめ!手数料が無料へ
  3. ラップ口座・ファンドラップ

    ファンドラップと投資信託の違いを比較してみた!ラップ口座の致命的な欠点とは?
  4. 貯金方法

    夫婦の貯金口座は別々に分けるべき?まとめるべきかおすすめの方法を解説
  5. サブリース

    サブリース契約とは?解約時に揉めないための7つのポイント
PAGE TOP