保険

収入保障保険の税金の話。絶対得する保険選びの基本とは?

収入保障保険や終身保険など、世の中には多くの保険があり、正直どれを選べばいいか悩みますよね。

この記事では、数ある保険の中でも収入保障保険に焦点を当てて解説していきます。

収入保障保険は、ライフステージに合わせて保険金が変わる優れた保険ですので、しっかりと内容を理解しましょう。

ぜひ、あなたの保険選びの参考にしてください!

(この記事は、過去に書かれた記事を2018年7月7日に加筆修正したものです。)

収入保障保険の基本

まずは収入保障保険の基礎知識から確認していきましょう!

収入保障保険とは

収入保障保険とは、死亡保障がついている定期保険の一種です。

ただし、通常の生命保険では死亡保険金が一括でもらえるのに対して、収入保障保険では月額で保険金を受け取るのが基本です。

また、加入期間後半になるほど受け取れる死亡保険金が減っていくのも特徴です。

どんな時に支給されるか

収入保障保険は、被保険者が死亡した場合や高度障害状態になった時に保険金が支給されます。

ただし、保険会社によっては要介護状態でも支給対象となるところもあります。

各生命保険会社によって保障範囲が異なっていますので、比較してみるといいでしょう。

所得補償保険との違い

収入保障保険と所得補償保険は名前がややこしいですが、中身は全く違う保険です。

所得補償保険は、被保険者が病気や怪我によって通常通り働けなくなった時に支給される保険で、「本人の死亡」ではなく「就業可能かどうか」をもとに保険金を支払っているのです。

一方の収入保障保険では、本人が働けない状態になっても、保険金が支払われるとは限らず、亡くなってしまったり、高度障害になった時に保険金が支払われます。

収入保障保険のメリット

ここからは、気になる収入保障保険のメリットについて解説していきます。

保険料が安い

収入保障保険のメリットとしては、保険料が安いことが挙げられます。

収入保障保険では、契約期間の経過とともに受け取れる保険金の金額が少なくなっていきますので、通常の定期保険と比べても保険料が割安となっています。

合理的な保障額を受け取れる

収入保障保険保険は、契約期間の経過とともに保険金額が減少していきます。

一般的に、必要となる保障額は子供の成長とともに減少していくものです。

子供が生まれたばかりの場合は、幼稚園〜小学校〜大学までの教育費用を賄うだけの保障額が必要です。

しかし、子供が成長するにつれ、その教育費用は不要となっていきますので、その分だけ保障額が減るべきだといえます。

そういう意味では、時間の経過とともに保険金額が減少する収入保障保険は合理的な仕組みといえます。

毎月定額を受け取れる

収入保障保険は、保険金を毎月分割して受け取ることができるメリットがあります。

被保険者が亡くなり、毎月の定期収入がなくなった代わりに、収入保障保険の保険金を当てることができます。

一括で保険金を受け取ってしまうと、お金の管理に困ったり、散財してしまう人がいるため、これは大きなメリットです。

健康状態によっては割安になる

収入保障保険は、例えば健康状態が良好であれば、その分保険料が割安になることもあります。

特に禁煙者に対しては保険料を割り引くものが多くありますので、健康な人や禁煙者には嬉しいところです。

収入保障保険のデメリット

メリットばかりの収入保障保険ですが、やはりデメリットもあります。

掛け捨てである

収入保障保険は掛け捨てタイプの保険のため、デメリットがあります。

たしかに定期保険は毎月の保険料が安くなるメリットがありますが、満期を迎えたり途中解約してもお金が戻ってきません。

ですので、保険料を支払いながら貯蓄もしたいという人には、貯蓄型保険の方が向いているかもしれません。

まとまったお金が受け取れない

収入保障保険は、基本的に分割で保険金を受け取りますので、一括で保険金を受け取れないデメリットがあります。

例えば、子供が入学する時などはまとまったお金が必要となるため、収入保障保険の収入だけでは賄いきれません。

この場合、別途貯蓄しておくなどの策を講じておく必要があります。

契約年齢に制限がある

収入保障保険では契約年齢に上限があり、低いものでは60歳が契約上限のものもあります。

一方、終身保険の場合には一生涯保障がつくため、安心といえます。

保障が得られないことも

収入保障保険の保障内容は契約者の死亡や高度障害が対象ですので、万が一のケースで被保険者が働けなくなっても、保険金が支払われないことも考えられます。

ですので、心配な方は複数の保険を組み合わせるなどして対応するといいでしょう。

サラリーマン康二
また、最新の投資情報について知りたい方は、公式メルマガにて発信していますので、下記から登録してみてください。

↓【期間限定】『投資の教科書』を配布中!

収入保障保険はどんな人に向いている??

ここからは、収入保障保険がどんな人に向いているかご紹介したいと思います。

小さい子供がいる家庭

まだ小さい子供がいる家庭は、収入保障保険に入った方がいいでしょう。

こういった家庭では、子供が成長するにつれ、教育資金などのまとまったお金が必要となってきますので、子供が小さいうちに一家の大黒柱が亡くなったら、将来の生活が危ぶまれます。

それに備えて収入保障保険で将来のリスクに備えた方がいいでしょう。

収入が少なく貯蓄も困難な家庭

収入が少ない家庭は、万が一に備えることが大切で、収入保障保険は非常に割安な保険料ですので、比較的加入しやすいといえます。

月数千円の保険料を支払うことで、もしもの際に毎月数十万円もの保険金が得られるのです。

貯蓄をするまで保障が欲しい家庭

収入が十分にあるがこれから貯蓄をするという家庭は、貯蓄が十分に貯まるまでの間だけ収入保障保険に加入するのも手でしょう。

十分な金額まで貯金ができたら、解約すればいいのです。

もともと保険料も安いので、払った保険料もそこまで気にすることはありませんね。

収入保障保険のまとめ

ここまで、収入保障保険のメリットやデメリットについて簡単にご紹介してきました。

収入保障保険は、通常の定期保険と比べても非常に合理的な仕組みの保険ですので、かなりおすすめな保険です。

 




【期間限定】『投資の教科書』を配布中!





国内取引所はビットフライヤーがおすすめ!


"bitFlyer
 

bitFlyerの登録方法 

   

bitFlyer公式サイト




ビットコインの手数料がマイナス!ザイフ



 

Zaifの登録方法

   

Zaif公式サイト




海外取引所は世界最大のバイナンスがおすすめ!



 

Binanceの登録方法

   

Binance公式サイト




LINEでも投資情報を配信中!





ピックアップ記事

  1. 考え方を変える には周囲の人を変える!
  2. 不安になるときは、とにかく行動してみる!
  3. 不動産投資するなら知っておきたい!不動産の証券化
  4. 新規公開株(IPO)の正しい投資方法とは?
  5. そもそもREITとは?REITの仕組みを徹底解説します

カテゴリー

おすすめの記事

  1. 仮想通貨の個別銘柄

    アロハコインにホワイトペーパーが登場!マイニングと上場の最新情報
  2. 投資初心者向け

    投資とは?簡単に初心者にも分かりやすく解説
  3. 仮想通貨の個別銘柄

    仮想通貨ネム(NEM/XEM)とは? その将来性とチャートを徹底解説
  4. 貯金方法

    子供の預金口座を用意しよう!始めるタイミングやポイントは?
  5. お金の管理方法

    老後の夫婦の生活費はどれぐらい?豊かな老後を送る方法とは
PAGE TOP