ブログ

自分の状態を客観的に見つめる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!

この写真は「甲斐駒ケ岳」という山を
登ったときに撮った写真です。

まだ暗い朝3時ごろに登り始めて、
下山したのが夕方の6時過ぎでした。

私の体力が無さ過ぎて、
結局、頂上まではたどり着く前に下山しました…。

いつか再挑戦して、必ず頂上までたどり着きたいと思います。

実は、
この山を下山して感じたことがあります。

「死ぬかと思った」

もう一度言います。

「死ぬかと思った」

すいません、しつこいですね(笑)

でも、本当にこの山を下山したときは、
体がボロボロでした。

足はパンパンで歩くのがやっと、
疲れすぎて話す気力も出てこない、
そんな感じでした。

とにかく早く帰って、
おうちの布団で眠りにつきたかったです。

このときの自分の状態を10段階で表すと、
体力が1、気力が1でした…。

もう寝るしかないですよね(笑)
_____

ということで、本日は
「体力」と「気力」について投稿したいと思います!

実は、
『自分の状態を、「体力」と「気力」という
2
つの側面からとらえると、分かりやすい』
んですよ!

順番に見ていきます!

➤まず「体力」です。

これは、「活動するエネルギー源」ですね!

これが無いと、どんなにやる気があっても、
燃料切れで活動できません。

車で言うところのガソリンみたいなものです!

➤次に「気力」です。

これは一言で「やる気」です!

どんなに体力が有り余っていても、
「やる気」がないと行動できません。

車で言うところの運転手さんかなと思います。
ガソリンが入った車があっても、
肝心の運転手さんがいないと前に進めませんよね!

つまり、
『人が何か行動するときは、「体力」と「気力」必要だ!』
ということなんです!

なので、この2つのうちどちらか一方でも足りないと、
活動が継続できないんです…。

先ほどの登山の例です。

死ぬほどきつい登山を終えた私は、
「体力」と「気力」がともに『1』でした…。

体力は下山中にほぼゼロでした。
気力だけで下山していた感じです…。

これは明らかにダメですよね。
こんな状態で活動ができるわけありません。

さっさとお布団にに入って、
「体力」と「気力」の回復を図るしかないんですよ!(笑)

繰り返しになりますが、
「体力」と「気力」がどちらも十分にないと、
活動ができないんです。

仮に活動できたとしても、
おそろしく効率が悪いものになります。

なので、
『「体力」と「気力」が十分でないときは、
回復させてから活動をする』
んです!

➤「体力」が足りないなら、
身体の休息が必要だということです。

大人しくベッドに入って、全力で睡眠しましょう!

➤「気力」がないのなら、
心が疲れている証拠です。

自分の好きなことをしてリフレッシュしましょう!

例えば私の場合、
「一人カラオケに行く」、
「バイクに乗る」、
「炭酸飲料を飲む」
などのリフレッシュ方法があります。

どういうときに自分がリフレッシュできるか、
あらかじめ紙に書いておくといいかもしれません。
_____

このように、
自分の状態を「体力」と「気力」の面から見ることで、
自分を客観的に分析できます。

そして、
「体力」と「気力」を常に高い水準で維持できるようになれば、
毎日自己ベストの状態で活動ができるんです!

これができれば、
どんどん体の中から「やる気」があふれてきて、
人生がもっと楽しくなってくると思います!

面白いと思った方は、明日から少しずつ意識してみてください^^
きっと一日をもっと楽しく過ごせると思いますよ!

人生をもっと楽しみましょう!!


ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ワラント債と転換社債の違いは?仕組みやメリットを解説してみた!
  2. 人生で成功するために:成功者の思考を身につける
  3. いつもありがとうの気持ちを持って過ごしましょう!
  4. 新規公開株(IPO)とは?どうやって利益を上げればいい?
  5. 転職や退職の際に知っておきたい厚生年金の手続き方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

おすすめの記事

  1. 節税方法

    節税はもはや常識!個人でもできるサラリーマンの節税方法とは?
  2. 空売り

    要注意!株の空売りで失敗しないための基本を解説
  3. ジュニアNISA

    ジュニアNISAのデメリットとは?正しい運用方法を解説
  4. サブリース

    サブリース契約とは?解約時に揉めないための7つのポイント
  5. 仮想通貨の個別銘柄

    仮想通貨ネム(NEM/XEM)の今後と将来性は?特徴やチャートの動きを解説
PAGE TOP