債券投資初心者向け

割引債とは?利付債との違いやメリットを徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「債券」といえば、国や企業が資金調達のために発行する借用証書です。

債券の特徴は、株式投資などと比べて安全性が高いことです。

債券には、満期に返ってくる金額よりも安く買える「割引債」と、定期的に利息が支払われる「利付債」とがあります。

割引債と利付債を混同してしまう人も多いと思いますので、この記事では両者の違いを解説していきます。

(2019年8月10日更新)

割引債とは?

割引債とは

割引債とは、債券が発行される際に、満期に返ってくる金額(額面金額)よりも安い価格で購入できる債券です。

そして、安く購入できる代わりに、利息の支払いはありません。

購入時と満期時の差額が投資家の利益となります。

例えば、額面100円の債券が90円で発行されていたとします。
この場合、満期になると100円が投資家に返ってきますので、100円−90円=10円が投資による利益となります。

利付債のポイント

・満期に返ってくる金額よりも安い価格で購入できる
・利息の支払いはない

参照:HIS証券

割引債のメリット

割引債のメリットは、仕組みが非常にシンプルなことです。

安く買って高く売るという、投資の基本をそのまま当てはめたような債券といえます。

また、割引債は日本国内ではなく海外で発行されるもののため、日本の債券よりも利回りが高いメリットがあります。

投資初心者の方への厳選記事 投資初心者にお勧めの記事はこちら!

利付債とは?

割引債とちょうど反対の特徴を持っているのが利付債です。

利付債とは

利付債は、発行されてから満期を迎えるまで定期的(半年か1年に1回)に利息が支払われる債券です。

その代わり発行時の価格と満期の金額は同じになるため、純粋に利息部分が投資家の利益となります。

参照:HIS証券

利付債のメリット

利付債のメリットとしては、お得感があることです。

安く買って高く買い取ってもらう割引債よりも、定期的に利息がもらえる利付債の方が得した気分になります。

利付債の種類

利付債には固定利付債と変動利付債の2種類があります。

固定利付債

固定利付債は確定利付債とも呼ばれ、定期的に支払われる利息が常に一定額の債券です。

利息が一定額に保たれるため、長期にわたって安定的した利息を受け取ることができます。

変動利付債

変動利付債とは、市場金利の動向によって、受け取れる利息が変わる債券です。

日本国債の場合には、半年ごとに利率が見直され、直前の国債の利率をもとにして次の利率が決定されます。

金利が上がっていく局面では、利息が当然増えますので、固定利付債よりも変動利付債の方がメリットが大きいといえます。

参考:「個人向け国債への投資がおすすめな人とは?」

目代康二
また、最新の投資情報について知りたい方は、公式メルマガにて発信していますので、下記から登録してみてください。

割引債と利付債の違い

ところで、割引債と利付債はどこが違うのでしょうか?

発行時と満期時の金額が違うかどうか

割引債と利付債の一番の違いは、割引債が「発行時の金額<額面金額」であることに対して、割引債は「発行時の金額=額面金額」となる点です。

また、割引債には利息がありませんが、利付債には定期的に利息が支払われます。

割引債と利付債の違いを理解する上で、額面金額よりも「割引」されているか、または「利息」が付くか、この2点を押さえておけば間違いないでしょう。

海外では割引債が主流

海外では割引債が主流です。

ここからは海外の債券について触れて行きます。

外国債券と

海外の債券のことを外国債券と言いますが、発行体、発行通貨、発行する市場、どれか1つでも海外であれば外国債券と呼ばれます。

外国債券には日本の債券と比べて3つのメリットがあります。

高金利である

外国債券の特徴は、何と言っても高金利であることです。

日本はゼロ金利政策をしているぐらいですから、債券の金利はかなり低いです。

しかし、海外では金利が日本よりも高く、外国債券を購入することで、高いリターンを狙うことができます。

参考:「外国債券の5つのリスクとは?海外債券のメリットと投資方法を解説」

為替差益が狙える

為替レートの変動によっては、利益が得られる可能性があります。

外国債券の購入時に円高だと得をしますし、満期時に円安になると、日本円換算時に得します。

ただし、為替レートによっては逆に損失が出ることがあります。

参考:「投資で失敗して400万円損した現役投資家が明かす失敗する人の特徴」

リスクを分散できる

外国債券に投資することで、リスクを分散することができます。

外国債券は日本の債券と違う値動きをするので、リスクが分散され、安定して収益を得ることができます。

参考:「分散投資とは?投資におけるメリット・デメリットを解説」

外国債券の種類

外国債券は外貨建て債券と円貨建て債券の2種類に分けられます。

外貨建て債券

外貨建て債券とは、元本の払い込み、償還金の受け取りの全額が外貨で行われる債券です。

全ての受け取りが外貨ですので、為替レートの影響をもろに受けます。

ショウグン債

ショウグン債は、海外の発行体が日本の市場で発行している外貨通貨建て債券です。

円貨建て債券

円貨建て債券は、元本の払い込み、利息の受け取りの全てが日本円で行われる債券です。

外国債券なのに受け取りが全て日本円になるため、為替リスクがありません。

サムライ債

日本市場で海外の発行体が発行する債券です。

ユーロ円債

日本や海外の発行体ガ、日本以外で発行する日本円建ての債券です。

投資初心者の方への厳選記事 投資初心者にお勧めの記事はこちら!

割引債と利付債のまとめ

債券は奥が深い投資商品といえますね。

割引債と利付債の考え方は頭の片隅に入れておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 不動産の値引き交渉術を一挙公開!6つのテクニックとは?
  2. 「稼ぐ力」こそ「生き残る力」です!
  3. 不労所得の作り方!家賃収入を受け取れる収益不動産とは?
  4. 投資信託のメリットとデメリットを初心者向けに解説
  5. 愛情を持って活動しましょう!

カテゴリー

おすすめの記事

  1. ストックオプション

    新株予約権とは何?行使価格や株価への影響を分かりやすく解説
  2. 外国債券

    外国債券がおすすめできる理由を利回りも踏まえてわかりやすく説明します!
  3. ジュニアNISA

    ジュニアNISAのデメリットとは?正しい運用方法を解説
  4. 貯金方法

    夫婦の貯金方法を解説!どうすれば効率的にお金が貯められる?
  5. 確定拠出年金

    確定拠出年金の運用は投資信託がおすすめ!注意点は?
PAGE TOP