ブログ

人のために活動できる人はスゴイ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは!
康二です。

私が所属するコミュニティーに、毎回お会いするごとに
スイーツなどのお土産を持参してくださる人がいます。

先週には、なんとも大層な値段のしそうなスイーツを
10人分ぐらい持ってきてくれました。

あと、コミュニティーのメンバーが目標を達成したときには、
「花束」を持参していました!(笑)

人のために「ここまで」活動するのって、
なかなかできることじゃないですよね??

私は毎回スイーツ持参なんてできないです。
せいぜい軽いおつまみを持参するぐらいです(笑)

この人を見ていてすごいと思うのが、
「人のために活動できる」ってことなんです。

実は、人のために活動できると、
自分がどんどん「元気」になってくるんです!

理由は、人のために活動すると
「自分は人の役に立っているんだ」
という気持ちが生まれてくるからです。

この気持ちのことを「自己重要感」とも言ったりします。
つまり、「自分は重要人物なんだ」という気持ちのことです。

自己重要感が持てると、自分に自信が持て、
活動を通じて無限にエネルギーを得ることができます。

要するに、
人のために活動することで、自己重要感が生まれ、
活動そのものから元気をもらえるようになるんです!

ところで、

ここまでは「活動そのもの」
から元気が得られると説明してきました。

でも、自分が人のために活動したら
もう一つもらえるものがありますよね!

それは「感謝の言葉」です!

自分が相手に対して「ためになる」ことをしたら、
「ありがとう」
という言葉をいただきますよね??

やっぱり「ありがとう」という言葉を言われて、
嫌な気持ちがする人っていないと思うんです。

みんなやっぱり「嬉しい」ですよね。

感謝の言葉をいただけるというのも、
十分、自分の活動のエネルギー源になりますよね!

以上、人のために活動することで、
「活動そのもの」と「感謝の言葉」から
元気をもらえると説明しました。

もしかしたら、あなたは「感謝の言葉」が
最初に来ないことに違和感を覚えたかもしれません。

実は、「感謝の言葉」をあてにして活動することは、
なかなか危ういものがあるんです。

この世の中にはたくさんの人がいて、
感謝の言葉をちゃんと表現してくれる人や、
それが苦手な人、色々人がいますよね。

その中で「感謝の言葉」をあてにして活動すると、
感謝の言葉がもらえなかったときに、
自分がへこんでしまうことになるんです。

他人の「言葉」次第で自分の気分が上下してしまうのは、
あまり良いことではありませんよね。

しかも、感謝の言葉という「見返り」を期待すると、
それは「偽善行為」につながってしまうと思うんです。

他人から見返りがもらえるから活動するというのは、
少し違うような気がするんです。

なので、「感謝の言葉」というのは
あくまで「もらえたらラッキー」程度に考えておくのがいいんです。

むしろ、活動そのものから元気をもらえれば、
無尽蔵に活動するエネルギーをもらえるので、
モチベーション高く活動できるんです。

しかも、活動そのものから元気をもらうのは
「見返りを求めない」ものですので、
この行為は「愛情」と呼べます。

やっぱり、結局全ての活動で大切なのが、
この「愛情」だと思うんです。

愛情があるからこそ、みんな人のために
良いことをしようとするんです。

もしも世の中のすべての人達が
見返りを求めない「愛情」のもとに活動できたら、
世界はもっと平和で幸せいっぱいになると思います。

ということで、本日は「愛情」を持って
人のために活動することを書かせていただきました。

私も愛情を意識して、
毎日活動を継続したいと思います。

一度の人生です。
愛情を持って過ごして、最高の人生にしましょう!

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 外貨預金で知っておきたいこと〜手数料には要注意!
  2. 定期預金よりもお得?個人向け国債にはメリットがたくさん!
  3. 積立型の投資信託にはデメリットがある?積立投信の基礎
  4. 成果をあげるには時間が掛かる
  5. 経済的自立=行動の結果

カテゴリー

おすすめの記事

  1. 仮想通貨の始め方

    仮想通貨の種類からマイニング方法、税金はこれで完璧!稼ぐ全知識を解説
  2. 投資信託の選び方

    投資信託の正しい利益確定と損切りのタイミングとは?売り時や解約タイミングを解説
  3. 不動産所得・必要経費

    初心者でも分かる不動産所得の必要経費の基本
  4. 仮想通貨の始め方

    仮想通貨の正しい保管方法とは?ウォレットの仕組みと違いを解説
  5. NISA

    NISA(ニーサ)口座のデメリット8つとメリットとは?問題点と欠点を理解しよう
PAGE TOP