投資信託の選び方

投資信託で大損すると1千万円以上の損失が!失敗する人の特徴とは?

投資信託は手堅いリターンが期待できる商品です。

しかし、そうはいっても投資信託は元本保証されていない商品ですので、時には損することだってあります。

しかも、その損失が「大損」だったら、大変なことになってしまいます。

投資信託の「大損」とは、一体どれぐらいの損失のことを言うのでしょうか?

また、大損を避ける方法はないのでしょうか?

そこでこの記事では、以下の3点をメインに解説していきます。

・投資信託で言うところの大損はどれぐらいのものなのか
・大損する人の特徴とは
・大損しないための投資信託選びのポイントとは

この記事で投資信託の正しい知識を身につけ、堅実な資産運用を行いましょう。

目代康二
誰だって「損」したくないですよね。
でも、ポイントを押さえて投資すれば、堅実に利益を出せます!

(最終更新日:2019年4月7日)

投資信託の大損ってどれぐらいの金額?

さて、投資信託で大損すると、一体どれぐらいの金額になるのでしょうか?

ここからは、投資信託で実際にあった大損の金額を見ていきましょう。

1,000万円以上損した人も

投資信託で大損した人を調べてみると、中には1,000万円以上損した人がいます。

投資信託で1,000万円近く損しました。

ここ7年程、投資信託をやってきました。

始めてすぐにサブプライムローンをきっかけとする株安でで500万円程マイナスになり、自己嫌悪に陥りました。

それでもやはりくやしくてくやしくて、またやり始めましたが、今度は東日本大震災をきっかけにどんどんマイナスになり、さらに500万円ほど損しました。

参照:Yahoo!知恵袋

リーマンショックや自然災害をあらかじめ予測することはできませんので、このような突発的な損失を防ぐことは非常に難しいといえます。

私は、最初投資信託てなにかわからなくて、マイストリーを勧められ、その損害が1000万位、別な支店に家を建て替えする為、3000万いれておきました。

担当が変わってからしつこい電話、投資信託は以前大損したから、絶対にやらないといっていたが、これは違います新興国のですからかなり、利益がでますし、分配金もかなり出ます。

以前の損害も1年で返せます。この商品は、絶対安定して元本割れはしないといわれたが、結局投資信託で、その3000万もハイ-イドルと言う、購入させられ、分配金は出たが、それ以上基準価格が下がり、3000万以上あつたのが今は1/4に、家もたてられなくなりました。

参照:Yahoo!知恵袋

こちらの例では、金融機関から勧められた投資信託を購入したことで、1,000万円以上の損失を出しています。

手数料商売である金融機関は、必ずしも投資家の味方ではないということが分かります。

投資信託には、投資家側で防げる損失と、投資家側では防げない損失の2種類があることを理解しましょう。

世の中の投資信託の半分がマイナス

金融庁によると、日本にある投資信託のおよそ半分がマイナスとのことです。

金融庁が投資信託を販売する金融機関に対し、自主的な公表を求めた3つの成果指標(KPI)が波紋を広げている。

同庁が今年3月末のデータで銀行29行の数字をまとめてKPIを算出したところ、46%の顧客は保有投信の評価損益がマイナスだったと話題になった。

参照:日本経済新聞

この数字が意味するところは、金融機関から進められた商品を購入したからといって、必ず儲かるわけではないということです。

大切なのは、誰かから勧められて投資を始めるのではなく、自分の中で明確な基準を持って投資信託を選ぶことです。

参考:「投資で失敗する人が犯す4つの間違いと勝つための3つの戦略」

投資信託で大損する人の特徴

投資信託で大損する人は、実はある程度パターンが決まっています。

・毎月分配型の投資信託に投資している
・テーマ型の投資信託に投資している
・金融機関に勧められた投資信託に投資している

以上に一つでも当てはまったら要注意です。

ここからは、投資信託で失敗する人の特徴を順番に解説していきます。

毎月分配型の投資信託に投資している

最近よく見かけるのが毎月分配型の投資信託です。

毎月分配型とは、投資信託の決算を毎月行い、そのたびに分配金を出す投資信託です。

実は、毎月分配型の投資信託は投資効率が非常に悪いです。

そもそも投資信託における分配金とは、投資信託の運用で得られた収益を、投資家に分配したものを指します。

したがって、分配金を出すということは、投資信託のファンド資産の中から分配金の部分を取り崩すイメージとなります。

これを別の言い方で言うと、分配金が支払われる度に、ファンド自体の運用資産が減少することになります。

つまり、毎月分配金が出るということは、それだけあなたの投資信託の元本部分が切り崩され、その分投資に回せる金額が減るというイメージになります。

「毎月分配型ファンド」よりも「分配金が出ないファンド」の方が、分配金として支払われる資金が再投資に回されるため、投資の効率性が高くなります。

参考:「毎月分配型ファンドはデメリットしかない?投資する意味はあるの?」

テーマ型の投資信託に投資している

テーマ型の投資信託とは、特定の業界(IT企業等)や環境分野などの絞り込まれたテーマに沿って投資を行う投資信託のことを言います。

例えばIT企業に絞ったテーマ型投資信託ですと、IT企業や半導体会社などの関連企業の株式だけに投資します。

たしかにテーマ型ファンドは方向性がすごく明確で、魅力的に見えます。

しかし、たいていの場合、ある特定の業界や分野が注目されるのは「一過性」のものに過ぎず、大抵数年で飽きられ関連銘柄の株価が下がってしまうことが多いです。

本来、投資信託は長期的に行うものですので、テーマ型のような投資信託は、全く正反対の投資スタイルといえます。

テーマ型の投資信託は、旬が終わったら大損する可能性がありますし、また長期的な資産形成の意味でもほとんど意味がない投資信託といえます。

目代康二
投資信託は長期保有が前提ですから、「短期」目線のテーマ型ファンドは適さないんです。

金融機関窓口で投資信託を購入している

金融機関で投資信託を購入すると損をする理由は、購入手数料が掛かることと、運用コストの高い投資信託を勧められることです。

まず、「購入手数料」ですが、同じ投資信託でも銀行で買うのとネット証券で買うのとでは、購入手数料が全く違うことが多くあります。

例えば、銀行の手数料が2%で、ネット証券で買うと手数料が無料ということです。

たかだか「2%」と思われる方もいると思いますが、長期的な投資で考えた場合、その差額は何百万円にもなって現れます。

続けて「運用コスト」です。

金融機関としては、少しでも運用コストが高い投資信託を販売して、金融機関の利益を増やそうとすることが多いです。

本来、投資家にとっては運用コストが安い投資信託が望ましいので、この時点で両者の利害が一致しないことになります。

つまり、購入手数料、運用コスト共に高くなる可能性があるので、投資信託を金融機関で買うことはお勧めできません。

参考:「投資信託で失敗する人には共通点があった!選び方のコツは?」

目代康二
また、最新の投資情報について知りたい方は、公式メルマガにて発信していますので、下記から登録してみてください。

投資信託で大損しないための選び方

ここからは、投資信託で失敗しないための投資信託選びのポイントを解説します。

ここで挙げるポイントをしっかりと押さえ、あなただけの投資信託を見つけてください!

長期的な視野で投資する

投資信託では、長期的視野に立って投資を行う姿勢が大切です。

ここで言う長期とは30~40年といったの期間を想定しています。

多くの投資家は、数年単位という短期的な視野で投資を行おうとします。

しかし、短期的に見ると、株式市場や債券市場は大きく価格の上下をするものです。

つまり、株式市場や債券市場に投資する投資信託も、短期的には上下するということです。

なので、投資信託で短期的に利益をあげようとするのは、ある意味「運」的な要素も関わってきます。

一方、長期的視野に立つと、株式市場や債券市場の価格変動は無視できる程度のものとなり、一定の振れ幅に収まる傾向があります。

実は、世界経済は「長期的」に見ると、右肩上がりで成長を続けるのです。

このように長期的な視野に立って投資をすることで、日々の価格変動に惑わされず、世界経済は成長を続けるという考え方に基づいて投資を進めることができます。

購入時手数料が掛からない

投資信託を購入する際には、購入時手数料という費用が掛かります。

しかし、投資信託を購入するたびに手数料が取られていたら、投資の利益がそれだけ減ってしまいますよね。

ですので、購入時手数料が掛からないファンドを購入しましょう。

ネット証券で探せば、手数用が掛からないファンドを多く見つけることができます。

ちなみに、購入時手数料がかからない投資信託を「ノーロード型」と言ったりします。

信託報酬が0.5%前後のもの

信託報酬とは、投資信託を保有している間に毎年発生する費用です。

実はこの費用が、投資信託を保有している間に一番掛かる費用です。

たった1%の信託報酬の違いが、30年後には何百万円もの違いになってかえってきます。

ですので、信託報酬は0.5%前後を目安に探し、低ければ低いほどいいです。

「購入時手数料が掛からない」と「信託報酬が0.5%前後」という条件で投資信託を探すと、金融機関の窓口で投資信託を購入する選択肢が自ずとなくなることでしょう。

満期の設定がないもの

実は、投資信託には「満期」が設定されているものがあります。

せっかく投資信託を買っても、運用の途中で満期が来てしまったら、長期で投資することができなくなってしまいます。

ですので、投資信託は満期なしの「無期限」のものを選びましょう。

純資産残高が30億円以上で、残高が伸び続けている

投資信託の資産残高は、30億円以上あった方が望ましいです。

理由としては、残高が30億円以下になるとファンド内の費用の割合がどんどん大きくなり、運用が不調となってしまうからです。

同時に、残高が右肩上がりで増えていない(投資資金が流入していない)投資信託は、運用成績に問題があると考えられます。

よって、残高が30億円以上で右肩上がりで増えているような投資信託を選びましょう。

分配金がない

『大損する投資信託の特徴』のところで説明した通り、分配金がある投資信託は投資効率が悪くなります。

よって、分配金がない投資信託を選びましょう。

積立投資ができる

積立投資というのは、例えば毎月1万円ずつ「一定の金額」の投資信託を購入していく投資手法をいいます。

積立投資を使用すると、「ドル・コスト平均法」のメリットが享受できます。

ドル・コスト平均法とは、毎月一定金額の投資信託を購入することで、「投資信託が安いときに多く買い、高いときには少しだけ買うので、長期で見れば平均購入単価を下げられる」というものです。

つまり、積立投資をすることで「安く」投資信託を購入できるということです。

大損しない投資信託のまとめ

ここまで投資信託の大損のリスクについて解説してきました。

ここで挙げたポイントを押さえて投資信託を探すと、世の中にある何千もの投資信託の内、本当に購入するに値するのは数十本もないということに気が付くと思います。

この記事で紹介したポイントをしっかりと押さえ、理想的な投資信託を見つけてくださいね!

ピックアップ記事

  1. 人のために、見返り求めないで行動する
  2. 外貨建てMMFとは?外貨預金と比べたメリット・デメリットを解説
  3. 金投資にはデメリットとリスクはあるの?基本から理解しよう
  4. 要注意!仕手株の見分け方と狙われやすい銘柄を解説
  5. 資産管理会社のメリットとは?知っておきたい節税のコツ

カテゴリー

おすすめの記事

  1. 貯金方法

    子供の貯金の平均は?今さら聞けないお金の正しい貯め方
  2. 節税方法

    節税はもはや常識!個人でもできるサラリーマンの節税方法とは?
  3. 仮想通貨の個別銘柄

    モナコインはどこまで上がる?今後の将来性を大胆予測!
  4. マンション投資

    区分マンションとは?中古マンションのメリットとデメリットを解説
  5. 仮想通貨の個別銘柄

    仮想通貨ネム(NEM/XEM)の基本と将来性は?今後のチャートの動きを解説
PAGE TOP