スワップ取引

金利スワップ 取引について解説します!スワップ取引の基本

投資の勉強をしていると、必ず遭遇するのが「デリバティブ取引」です。

デリバティブと聞くと、一気に複雑なイメージを持つ人もいるのではないでしょうか?

さらに「スワップ」と聞くと、更に頭が大混乱する人も多いのでないでしょうか?

今回は、そんなスワップについて、簡単に解説していきます。

スワップの基礎知識


elly20160702125820_TP_V

まずは、スワップの基本から見ていきましょう。

デリバティブの一種

デリバティブとは、日本語に直すと「金融派生商品」と呼ばれるものです。

デリバティブは、株式、債券、金利、通貨などの価格を基準に、価値が決まる金融商品の総称です。

別のモノの価格が動くことで、自らの価格も動いてしまう、そんな取引を総称してデリバティブと言います。

キャッシュフローを交換すること

スワップとは、一つのキャッシュフローと、別のキャッシュフローを交換することを言います。

ちなみに、キャッシュフローとはお金の流れを指します。

一見、キャッシュフローを交換するだけでは意味がないように思えますが、スワップ取引をすることで、当事者間で様々なメリットを享受することができます。

詳細については、次の項目で説明していきます。

ちなみに、スワップは将来の金利変動リスクを管理する方法として、金融機関のあいだで急速に広まりました。

また、企業の財務管理でも用いられるなどして、非常に重要なものとなっています。

 

スワップの種類


スワップは、大きく分けて2種類に大別できます。

金利スワップ

金利スワップとは、固定金利と変動金利のキャッシュフローを交換することです。

例えば、「固定金利」で預金しているにもかかわらず「変動金利に変えたい」と考えているAさん、「変動金利」で預金しているにもかかわらず「固定金利に変えたい」と考えているBさん、この2名がいるとします。

この場合、お互いの金利を交換すれば、お互いが満足する結果を得ることができます。これが金利スワップです。

ちなみに、「固定金利」で預金した場合、たとえ金利が下がったとしても、金利は当初のまま変わることはないので、利息は一定額がもらえます。

反対に、「変動金利」で預金した場合、市場の金利が下がると変動金利も下がるので、利息が減ってしまいます。

しかし、逆に金利が上昇した場合には、今度は「変動金利」の方がもらえる利息が多くなります。

ですので、将来金利が上昇するか下落するかを見越して、金利スワップをすることになります。

通貨スワップ

通貨スワップとは、異なる通貨間のキャッシュフローを交換することです。

通貨スワップの典型的な利用局面は、定期的なドルの入金を、あらかじめ円に交換しておくことが挙げられます。

例えば、ドル建ての社債を保有している場合、毎年ドル建ての利息と、満期が来たらドル建ての元本が戻ってきます。

しかし、通貨スワップを利用すると、この利息と元本部分を円建てでもらうことが可能になります。

円高になって、ドル建ての利息と元本が目減りしてしまうのを、通貨スワップで防いだことになります。

つまり、ドル建て社債の保有者としては、ドル建て社債を保有しているにもかかわらず、円建ての社債を保有しているのと同じ効果を得ることができます。

 

通貨スワップのまとめ


elly20160702342120_TP_V

以上、通貨スワップについて見てきました。

要するに通貨スワップは、お互いの思惑の違いを利用して、もらえるお金の流れを交換しようというものです。

今回は本当に基本的な内容しか触れてませんので、興味を持った方は、是非ともスワップについて調べてみてください。

CAMPFIRE Owners

ピックアップ記事

  1. つみたてNISAにはデメリットがない。現行NISAとの違いは?
  2. 分散投資とは?投資信託で分散投資をしよう!
  3. 不動産所得とは?遊休地を使って賢く土地活用する方法
  4. FXのスイングトレード手法とは?初心者が勝つポイントを解説
  5. 仮想通貨のマイニングの仕組みとは?PoWとPoSの違いを詳細に解説
bitbank
CAMPFIRE Owners
CAMPFIRE Owners

カテゴリー

おすすめの記事

  1. ラップ口座・ファンドラップ

    ファンドラップと投資信託の違いを比較してみた!ラップ口座の致命的な欠点とは?
  2. 貯金方法

    夫婦の貯金方法を解説!どうすれば効率的にお金が貯められる?
  3. 仮想通貨の個別銘柄

    仮想通貨ネム(NEM/XEM)の今後と将来性は?特徴やチャートの動きを解説
  4. サブリース

    サブリース契約とは?解約時に揉めないための7つのポイント
  5. ジュニアNISA

    ジュニアNISAのデメリットとは?正しい運用方法を解説
PAGE TOP