ブログ

人生やり直したいなら今からでも遅くない!ワクワクを探そう!

こんばんは!

目代です。

今日は静岡県の沼津まで
出張に行ってきました!

 

今回、沼津のとある会社様から
新規でお問い合わせがあり、
はるばる訪問してきたんですね。

んー、かれこれ家から3時間ぐらい
かかりましたよ。

しかも、お問い合わせのあった
会社さんですが、駅から3キロ
離れていたんですね。

僕は前もってそのことは知っていて
色々情報収集していたんですけど、
結局駅前にあるレンタルサイクルを
利用することにしました。

1日1,000円で乗り放題だったので、
打ち合わせが終わったら観光でも
しようかなと思ったんですね。

、、ここまでは完璧なプランでした。

ところが!

なんとレンタルサイクルですが、
全ての自転車が貸し出し中だったんですww

予約していなかったとはいえ、
これは痛い痛い。。

仕方ないので僕は会社まで
歩くことにしたんですけど、
駅から3キロ離れているし、
待ち合わせの時間まであと30分しかない。

タクシーを使うのも癪だったので、
僕は「走る」ことにしました。

そう、ジョギングですね!

この時僕は思いましたよ。

あ〜毎週ランニングしててよかったとw

結局、汗びっしょりになって
目的地に到着しました。

でも、僕がGoogleマップに入れる住所を
間違えていたので、着いたところは
よく分からない住宅街の一角でしたww

もう仕方ないので、
クライアント様に事情を説明して、
正しい住所を調べ直して、
タクシーに飛び乗ってクライアント様の
ところまで行きました。

そしたら、会社はなんと駅前のビル
の中にあるという。。

駅からわざわざ3キロ歩いた僕の労力は
完全に無駄骨でした。

悲しい。。

まあでも、クライアント様も
事情はよく分かってくれて、
なんとか前向きな打ち合わせが
できてよかったです。

んー、いい思い出になりました。

今度会社の同僚と飲む時の
話のネタにしようと思いますw

 

さてさて、前置きがめっちゃくちゃ
長くなりましたね。。

やっと今日の本題に。

僕はいま人生を「リスタート」すべく
毎日を過ごしています。

何度もお伝えしている通り、、

・何のために生きているのか
・人生で何を成し遂げたいのか
・誰と一緒にいたいのか

色々と考えています。

まあ、結局は自分で考えて
結論を出すしかないと思うんですけど、
今はせっかくプチリタイア中なので、
色々思索にふけってみようと思います。

そういう意味では、
今日は1人電車に揺られながら
色々考えられましたし、
沼津の漁港でボーッと海を眺めて
頭を空っぽにすることができて
良かったです。

やっぱり、日々バタバタ過ごしていると、
自分の心が本当は何を望んでいるのか、
分かりづらくなってしまいます。

そして、気づいたら昨日と変わらない
差し障りのない1日を送ってしまいがち。

惰性だけの毎日じゃ物足りないと思うし、
人生がつまらないです。

やっぱり、日々自分の心が
ワクワクすることだけ
をできたら素敵ですよね。

実際それは不可能なことではないですし、
諦めないで行動を続けていれば
必ず実現できます。

僕はちょうどいま自分がワクワクすること
を探しているところで、
それが見つかったらすぐにでも
行動を始めたいなと思っています。

 

もしもよろしければ、
あなたの「ワクワクすること」を
僕に教えてくれませんか?

メッセージいただけると嬉しいです。

それでは!

CAMPFIRE Owners

ピックアップ記事

  1. ふるさと納税の仕組みと控除を受けるための方法
  2. 資産管理会社を設立するメリットは4つ!節税するなら法人化を!
  3. 感動することの大切さ
  4. 投資信託の選び方の決定版!9つのポイントを押さえよう!
  5. 外貨預金のメリット・デメリットは?MMF・債券・投資信託と徹底比較

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


bitbank
CAMPFIRE Owners
CAMPFIRE Owners

カテゴリー

おすすめの記事

  1. 節税方法

    節税はもはや常識!個人でもできるサラリーマンの節税方法とは?
  2. 貯金方法

    夫婦の貯金方法を解説!どうすれば効率的にお金が貯められる?
  3. 節約方法

    共働き世帯の貯金は年間いくらあればいい?貯金の平均を一挙公開
  4. 仮想通貨取引所情報

    GMOコインの登録方法と口座開設方法は8ステップで完了!
  5. 不動産投資の失敗・リスク

    気をつけよう!サラリーマン大家の失敗事例と不動産投資のリスク
PAGE TOP