株式投資初心者おすすめ

優先株とは何でしょう?優先株の基本

よく「優先株」という言葉を耳にすることがあります。

「優先」ということだけあって、普通株と比べて優先されることがあるのです。

今回は、そんな優先株について見ていきたいと思います。

優先株の基礎知識


l201302082000

まずは基本的な内容を見ていきましょう。

配当金や会社解散時の財産が優先される

優先株とは株式の一種です。

優先株の特徴として、普通の株式(普通株)と比べて、配当金を優先的に受け取ったり、会社が解散したときに残った財産を優先的に受け取れたりと、
投資家に対して優先的な権利が与えられてることがあります。

ですので、投資家にとっては、配当金が多くもらえたり、万が一会社が倒産したときに弁済される順位が高かったりと、有利な株式と言えます。

経営に参加する権利が制限されることが多い

優先株は投資家にとって有利な条件が付いている一方、制限がつけられることが一般的です。

具体的には、株主総会における議決権がない(会社の経営に参加することができない)ことが多いです。

 

優先株の種類


優先株は、主に2種類に分類されます。

配当金が優先株分だけしかもらえないか

優先株には、配当金が支払われる際に、優先株分に加えて普通株の分の配当金ももらえるものがあります。これを「参加型」と言います。

一方、優先株の配当金しか受け取れないものを「非参加型」と言います。

支払われなかった配当金が累積されるか

優先株には、ある年度の配当金が優先株に定められている金額に達しない場合、不足する分を翌年度以降に繰り越せるものがあります。

不足分については、翌年度以降支払われます。これを「累積型」と言います。

一方、不足分を翌年度以降に繰り越さないものを「非累積型」と言います。

 

企業にとっての優先株


elly20160629093922_TP_V

優先株は、発行する企業にとってもメリットがあります。

増資の際に資金調達しやすい

投資家にとって有利な優先株を発行することで、企業は普通株発行するときよりも資金が調達しやすくなります。

さらに、銀行のように自己資本比率が定められている会社にとっては、優先株を発行することでその比率を上げられる利点もあります。

会社の経営権への影響を抑えられる

企業にとっては、経営に参加する権利のない優先株を発行することで、経営に干渉されたり、買収されたりするリスクを減らしながら資金調達ができます。

 

優先株のまとめ


以上、優先株について見てきました。

優先株は、普通株にひとひねり加えた株式で、とても興味深いものだと思います。

ただ、個人で購入できる優先株は「伊藤園」ぐらいしかないようですので、投資したいと考えている人にとっては、ちょっと寂しいですね。




【期間限定】『投資の教科書』を配布中!





国内取引所はビットフライヤーがおすすめ!


"bitFlyer
 

bitFlyerの登録方法 

   

bitFlyer公式サイト




ビットコインの手数料がマイナス!ザイフ



 

Zaifの登録方法

   

Zaif公式サイト




海外取引所は世界最大のバイナンスがおすすめ!



 

Binanceの登録方法

   

Binance公式サイト




LINEでも投資情報を配信中!





ピックアップ記事

  1. 絶対に知っておきたい!投資信託のメリット・デメリットのまとめ
  2. 自己と他者の受容のバランスが大事
  3. ハイイールドファンド債とは?その魅力とリスクを徹底解説
  4. スイングトレードの実践的手法とは?勝つためにはマインドが大切!
  5. 失敗は成功のもと

カテゴリー

おすすめの記事

  1. 節税方法

    扶養控除で税金を節約!扶養控除ってどんな仕組み?
  2. ストックオプション

    ストックオプションの仕組みとは?その制度をわかりやすく解説
  3. 仮想通貨初心者おすすめ

    投資信託の失敗談と成功するために知っておきたい投資の基本
  4. 定期預金

    譲渡性預金(CD)とは?基本から分かりやすく解説します
  5. 仮想通貨取引所情報

    ビットフライヤーの高機能チャート、ライトニングの使い方とは?
PAGE TOP