ブログ

人生設計は早いうちから!

こんばんは!

今日はお金についての本を読みました。

その本によると、共働き夫婦は
「60歳までに4000万円貯めておく必要がある」
とのことでした。

ちなみに、私が以前計算したところ、
「専業主婦」の家庭では、
60歳までに6000万円お金を貯めておく必要がありました。

「え、、そんなに貯める必要があるんですか??」
と思う人もいるかもしれません。

…ですが、これはホントなんです!

何故こんなにお金を貯める必要があるのかと言いますと、
日本経済が成熟し始めたからです。

まず、サラリーマンの「収入」の面を見てみます。

現代は、昔のよう経済成長は期待できないので、
給料が急激に上がることは期待できません。

しかも少子高齢化が進行しています。
もらえる年金の額も、昔と比べてどんどん減っています。

続けて「費用」です。

少子高齢化の影響で、
今後はもっと税金が引き上げられることになります。

税金がどんどん家計を圧迫していくのです。

あとは長生きのリスクです。

現代は医療技術の発展で、
長生きすることができるようになりました。

でも、長生きを逆の面から考えると、
長生きするほど医療費や介護費用が掛かってしまう
ことになります。

以上をまとめると、
「収入」の伸びは期待できず、
「費用」はどんどん増えていくばかり…。

これでは、将来お金が大量に必要になる理由も
分かりますよね。

だから、私たち「若い世代」は、
自分で自分の面倒を見るしかないんです!

そのためには、
「今」から老後のための資金作りを
始めないといけません!

資金作りをする上で大切なのが、
自分の人生のプランを作ることです。

この人生のプランですが、
とあるツールを使うと、簡単に作成することができます。

それが、「キャッシュフロー表」
というものです。

キャッシュフロー表は、
将来予想される収入や費用を計算し、
それを元に必要なお金の量を計算するものです。

以下が私が作成した例です。↓

aaa

キャッシュフロー表については、
本屋に行けば必ず本がありますので、
一冊買ってみてください!

非常に参考になると思います!

そして、キャッシュフロー表を作ると、
自分の将来が明確になり、
今から将来に備えて対策を練ることができます。

例えば、
・60歳までに4000万円貯められそうにない
→もっと利回りの高い投資先を探すようにする

・55歳までに4000万円貯められそう
→55歳で早期退職するプランを立てる

将来のお金の流れが分かるからこそ、
いま対策を練れるんですね!

こういう風に、自分の将来の計画を立てるのは、
とても楽しいです!

自分の未来を自分で切り開いている感覚が出てきます。

興味を持った方は、
是非自分の人生プランを立ててみてください!

一度きりの人生、
自分の幸せは自分で掴み取りましょう!

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

 

【期間限定】無料プレゼントを配布中!





投資初心者の方は必見!





ピックアップ記事

  1. 要注意!仕手株の見分け方と狙われやすい銘柄を解説
  2. 管理会社とは??賃貸経営におけるアパート管理会社の選び方
  3. ワンルームマンション投資とは?不労所得の簡単な作り方!
  4. ふるさと納税の仕組みと控除を受けるための方法
  5. 投資信託の解約タイミングはいつがベスト?利益を最大化しよう

カテゴリー

おすすめの記事

  1. 定期預金

    譲渡性預金(CD)とは?定期預金との違いとメリットを解説!
  2. インデックスファンド

    インデックスファンドの利回りはどれぐらい?【2019年最新情報】
  3. ジュニアNISA

    ジュニアNISAでおすすめなのは積立投資!メリット・デメリットを解説
  4. 節約方法

    共働きの貯金額は年間でいくらあればいい?平均貯金額を一挙公開
  5. 仮想通貨の個別銘柄

    エイダコイン(ADA)は今後何倍の価格になる?将来性を徹底検証!
PAGE TOP