ジュニアNISA

ジュニアNISAのおすすめ銘柄を解説!正しい銘柄選びのポイントは?

↓【期間限定】『投資の教科書』を配布中!

子どもが生まれると教育資金を準備する必要が出てきますが、教育資金の確保には、定期預金や学資保険などの他にもジュニアNISAという選択肢もあります。

ジュニアNISAとは、子どもを対象とした証券取引用の口座のことをいいます。

ジュニアNISAの一番の魅力は、何といっても投資の利益に対する税金が非課税になることです。ジュニアNISAを活用すれば、親から子どもに効率的に資金を提供することができます。

非課税枠があるのは大人用のNISA口座と同じですが、ジュニアNISA特有のルールもあります。まずは、ジュニアNISAの基本を理解しましょう。

参考:「NISAは5年後どうなる?NISAのデメリットをしっかりと理解しよう!」

サラリーマン康二
ジュニアNISAをうまく活用すれば、親から子どもへ効率的に資産を移すことができます。

ジュニアNISAの基本を解説

まずはじめに、ジュニアNISAの制度の概要から解説していきます。

ジュニアNISAとは

ジュニアNISA(未成年者少額投資非課税制度)とは、未成年者を対象とした証券取引用口座です。

ジュニアNISAは、2014年に始まったNISA(少額投資非課税制度)に続いて、2016年から口座開設できるようになりました。

従来のNISAは20歳以上でないと口座開設できませんでしたが、ジュニアNISAなら0歳から開設できます。もちろん小さな子どもではお金の管理はできませんので、親が代わりに運用管理ができます。

最大5年間非課税となる

ジュニアNISAでは、年間80万円までの投資の利益に対する税金が、5年間非課税となります。つまり、最大で400万円までの投資が非課税となる計算です。

通常、株や投資信託の売却時に利益が生まれると、その利益に対して20.315%の税金が課税されます。例えば、株を売って10万円儲かったときには、約23,150円も課税されてしまうのです。

一方、ジュニアNISAで売買すれば、利益にかかる税金20.315%が非課税となります。これだけの税金が非課税となるのは、非常にメリットが大きいといえます。

なお、80万円の非課税枠というのは、株や投資信託の購入金額のことをいい、利益を指しているわけではありません。つまり、仮に1億円の利益が出ても、すべて非課税となるのです。

また、非課税枠は一回で全額消費する必要はなく、分割して購入することもできます。もちろん株と投資信託を混ぜて買っても構いません。

ジュニアNISAの対象となる商品は、上場株式、投資信託、ETFなどです。

参考:「ジュニアNISAはメリットばかりじゃない?4つのデメリットに注意!」

ジュニアNISAの注意点

ジュニアNISAを利用するにあたって、どのようなことに気をつければいいのでしょうか?ここからは、ジュニアNISAの注意点を解説していきます。

非課税枠は再利用できない

ジュニアNISAで注意したいのが、一度利用した非課税枠は再利用できないということです。購入した株や投資信託を売却しても、その分の非課税枠は来年まで戻りません。

例えば、80万円の株を買って20万円分を売却しても、その20万円分を非課税枠として使えないということです。非課税枠を使い切ったら、年が変わって非課税枠が復活されるまで待つ必要があります。

18歳まで払い出しができない

ジュニアNISAは18歳になるまで払い出しができません(正確には3月31日時点で18歳である年の1月1日以降まで払い出しができません)。

なお、ここでいう払い出しというのは、売買した資金を口座からおろすことをいいます。

株や投資信託の売却自体は18歳未満でもできますし、また非課税枠を超えない範囲であれば売却代金を使って再度投資をすることも可能です。

もちろん希望すれば18歳未満で払い出しもできますが、この場合ジュニアNISAは廃止され、利益分に対して課税されてしまいます。ただし、災害時などのやむを得ない事情があるときには、例外として非課税で払い出しができます。

別の金融機関に変更できない

もう一つ注意しておきたいのが、ジュニアNISAの口座を開設したら、別の金融機関へ口座を変更できない点です。

ジュニアNISAは長期投資が基本ですので、金融機関が変更できないということは、口座を開く際には金融機関をしっかりと選定する必要があるということです。

金融機関を選ぶポイントとしては、売買手数料の安さはもちろんのこと、購入したい投資信託の取り扱いがあるかどうかです。

投資信託は金融機関によって取り扱いが異なりますので、事前にどのような投資信託があるかを調べておくと良いでしょう。

また、銀行でジュニアNISAを開設すると株式の購入ができなくなってしまいますので、この点も注意です。

ジュニアNISAの銘柄選びのポイント

ここからは、ジュニアNISAで投資を始めるにあたっての銘柄選びのポイントを紹介します。

なお、投資に絶対はありませんので、教育資金を作るために投資を始めることには危険が伴います。投資をするなら、将来のための資金ではなく、余剰資金を使いましょう。

必要な教育資金は預金や学資保険を使って貯めて、余ったお金で投資をするのが鉄則です。

株と投信どちらが良い?

さて、ジュニアNISAを有効活用するためには、どのような金融商品に投資すればいいのでしょか?

まずは株式投資ですが、ジュニアNISAの非課税枠は年間80万円ですので、株をデイトレードのように短期間で売買していると、あっという間に非課税枠を使い果たしてしまいます。

ジュニアNISA口座で株を買うなら、中長期投資に向いている、高配当、あるいは株主優待が充実している銘柄がおすすめです。

参考:「株で勝つなら銘柄の選び方が重要!株式投資の基本」

また、ジュニアNISAは中長期投資が基本になるので、投資信託も向いています。

投資信託に投資するときは、リスク分散を意識し、一種類の投資信託に絞るよりも、複数の投信や株を組み合わせて投資するか、投資先が複数あるバランス型の投信を購入した方が価格変動リスクを抑えられます。

バランス型の投信を選ぶときは、株だけでなく、債券と組み合わせたものや、外国株にも投資しているものがおすすめです。

参考:「投資信託はデメリットよりもメリットの方が大きいのはなぜ?」

配当金が高い銘柄を狙う

ジュニアNISAなら配当金を非課税で受け取ることができますので、配当金狙いで銘柄を選ぶのもアリです。

なお、ジュニアNISA口座で配当金を非課税で受け取るためには、配当金の受け取り方法を「株式数比例配分方式」にする必要があります。

株式数比例配分方式とは、配当金を証券会社で受け取る方法ですが、株式数比例配分方式を選択すると、ジュニアNISA口座以外の証券取引口座の配当金受け取り方法が、同じ方法に変更されてしまいます。

子供がジュニアNISA以外にも口座を持っているということはまれですが、他にも口座を持っている場合には注意しましょう。

ただし、18歳未満の場合は、ジュニアNISAに振り込まれた配当金を払い出すことができません。配当金を払い出すと、課税されてしまいます。

株主優待も狙い目

ジュニアNISAで人気なのが株主優待付きの銘柄です。ジュニアNISAを使っていても株主優待を受け取ることができるのです。

株主優待は会社が株主に贈るプレゼントです。株主優待は企業によって異なりますが、割引券やクオカード、自社製品であることが多いです。

なお、株主優待狙いでいくのなら、購入するタイミングと株数に注意しましょう。

まず、会社が定めた「権利付き最終日」までに株を購入する必要があります。

権利付き最終日は、決算日(権利確定日)の3営業日前の日付です。権利付き最終日は決算シーズンである3月末と9月末になることが多いです。

ここで注意しておきたいのが、権利付き最終日には優待狙いで買い注文を入れる人が増えるため、株価が上昇しやすい点です。もちろん株価が上昇しない時もありますが、期日ギリギリで買うと高値で掴んでしまう恐れがあります。

ジュニアNISAで人気の株主優待は、レストランチェーンの食事券やアミューズメント施設の招待券です。保有株数が多いほど充実した優待を提供する会社もありますので、事前に確認してみましょう。

サラリーマン康二
また、最新の投資情報について知りたい方は、公式メルマガにて発信していますので、下記から登録してみてください。

↓【期間限定】『投資の教科書』を配布中!

ジュニアNISAの銘柄選びのまとめ

ジュニアNISAの口座開設可能期間は2023年までです。今後、期間が延長される可能性もありますが、現段階では2023年までですので、将来ジュニアNISAを始めたい人は早めに開設しておきましょう。

また、ジュニアNISAを運用管理することは、お金や経済の勉強にもつながります。親だけではなく、お子さんも一緒に投資や資産運用について学ぶことができるのでおすすめです。

 

【期間限定】無料プレゼントを配布中!





投資初心者の方は必見!





ピックアップ記事

  1. 愛情=相手を思う気持ちが大切です。
  2. 金利が高いのが魅力!劣後債とは??
  3. こんなサラリーマン大家は失敗する!?物件リフォームで気をつけたいこと!
  4. MRFやMMFとは何??公社債投資信託の基本
  5. 株の空売りで失敗しない方法!信用取引の基本を理解しよう!

カテゴリー

おすすめの記事

  1. 株式投資の失敗事例

    株式投資で失敗すると借金ができるのは本当?損失のカラクリを解説
  2. 貸株

    貸株サービスの6つのデメリットとリスクとは?投資家目線で検証してみた
  3. 節税方法

    扶養に入るメリット・デメリットは?税法上と社会保険上の扶養控除を解説
  4. 貯金方法

    お金を貯めるコツを公開!お金が貯まる人の共通点とは?
  5. お金の管理方法

    仕事を辞めるにはいくらお金が必要?仕事を辞めても生きていく方法
PAGE TOP