貯金方法

結婚時の貯金の平均はどれぐらい?お金を効率的に貯める方法

↓【期間限定】『投資の教科書』を配布中!

結婚すると、結婚式や新婚旅行、さらには子育て費用やマイホームの購入資金など、多くのお金が必要となります。

でも、貯金は大切なものだと分かってはいても、実際どの程度のお金を貯めれば良いのか悩んでいる人も少なくないでしょう。

そこでこの記事では、結婚時の貯金の平均額と、結婚という一大イベントで必要なお金、さらにはお金を貯めるコツについてご紹介します。

サラリーマン康二
早いうちからお金を貯めて、将来に備えましょう!

どれぐらい貯金すればいいの?

まずはじめに、貯金の目安として、一人暮らしと夫婦の場合の平均の貯金額について解説していきます。

一人暮らしの貯金の平均

金融広報中央委員会によると、単身世帯いわゆる一人暮らしの平均貯金額は942万円でした。

しかし、これは平均値であり、一部の富裕層の貯金額も含まれていますので、実際に貯金する上ではあまり参考になりません。参考にしたいのが中央値で、一番低い値から高い値を並べて中央にある数値のことをいいます。

そうすると、一人暮らしの貯金の中央値は32万円となります。やはり一人暮らしはなかなか貯金が貯まりづらいのが現状のようです。

なお、平均値と中央値で貯金額がかけ離れていますが、これは日本国内で格差が広がっている証拠となります。

30代夫婦の平均貯金額

金融広報中央委員会によると、年収が300万円〜500万円ある二人以上の30代世帯の平均貯金額は327万円でした。それに対して、中央値は195万円となっています。

また、年収が500万円〜750万円の世帯では、平均貯金額が452万円となっていました。中央値は375万円です。

つまり、30代夫婦は200〜400万円ほどの貯金があるということです。

30代夫婦の貯金割合

二人以上の30代世帯は、毎月の収入のうち15%ほど貯金しているといわれています。もし15%程度貯金にまわして家計が苦しくなるのなら、支出の見直しが必要になります。

まずは、固定費を見直し、それでも苦しいのなら食費や娯楽費を削ってみましょう。また、早めに貯金をしたいのなら、毎月の収入だけでなくボーナスも貯金をするのがおすすめです。

結婚時にかかるお金

ここからは、人生の一大イベントである結婚式でかかる費用について解説していきます。

結婚式は150万円程度

結婚式にかかる費用はピンキリですが、最近では300万円程度であることが多いようです。そこからご祝儀を引いた実際の費用は、大体150万円程度になることが一般的といわれています。

ただし、結婚式にかける費用は世代や地域によって変わりますし、ご祝儀代は招待する人数によって増減しますので、あくまで目安として考えておくのが良いでしょう。

また、結婚式は挙式と披露宴に分かれます。従来は挙式と披露宴両方行うことが一般的でしたが、最近ではどちらか片方だけ行うカップルも増えてきていす。もちろん結婚式自体を挙げないカップルもいます。

ここでポイントなのが、披露宴は招待した人数により金額が変わるということです。人数が多いほどもてなしに必要な経費が大きくなります。親戚や友人だけでなく、会社関係の人を含めるとあっという間に人数が増えますので、披露宴を開きたいカップルは、あらかじめどのくらいお金がかかるのかシミュレーションをする必要があります。

新婚旅行は30万円前後

新婚旅行にかける費用も結婚式と同じように幅がありますが、大体30万円〜50万円程度かける場合が多いようです。国内で旅行をする場合は10万円前後になる場合もあります。

なお、時期によっては値段が跳ね上がることがあります。まとまった休暇がとれるゴールデンウイークや夏休み、結婚式で人気の6月は混雑するだけでなく旅費も高くなりますので、あらかじめ覚悟しておいた方が良いでしょう。

新婚旅行に行く場合は、旅費や宿泊費だけでなくお土産代もあらかじめ予算に入れておきましょう。旅行先では新婚時代の思い出としてお土産を買いたくなるものです。あらかじめ予算に組み入れておくことで、「結構使ってしまった」と後悔することもなくなります。

新生活に必要な費用

新婚生活で考えておきたいのが、引っ越し費用や家財道具といった新生活に必要な費用です。

長年同棲していたカップルでも結婚を機に引っ越しや家電を買い替えしたくなることもありますので、事前に話し合い予算立てをしておきましょう。

新生活を始めるにあたって必要な費用は、大体70万円〜80万円程度といわれています。家財道具や家電を新しく買う場合は50万程度かかることもあります。

しかし、新しく買った家具や家電をあまり使わなかったという夫婦も多いようです。引っ越し当初は必要なものだけを買い揃え、新婚生活で必要になったら随時買い足すという方法が賢明です。

また、引っ越す場合は、家賃の他に敷金や礼金、引っ越し代や引っ越し元の退去費用などかかります。新居代は地域によって大きな差がありますが20万円〜30万円程度かかることが多いようです。

お金を貯めるコツ

人生では、様々なタイミングでお金が必要となります。それでは、どうすればお金を効率的に貯められるのでしょうか?

ここからは、お金を貯めるコツについて解説します。

毎月先取り貯金をする

確実に貯金したい夫婦には「先取り貯金」がおすすめです。

先取り貯金とは、収入が発生したら先に貯金をして、残ったお金を生活費に回すという貯金方法です。

給料が振り込まれたら貯金分を定期預金などに振り替え、残った生活費でやりくりできれば、確実に貯金をすることができます。

なお、余ったお金を貯金に回す方法もありますが、この方法では貯金分にも手を出してしまいがちになるため、なかなかお金を貯めることができません。注意しましょう。

共働きをする

将来子どもが沢山ほしい、首都圏にマイホームを建てたいなど大きな夢がある時には、思い切って共働きで働き始めるのもいいでしょう。収入が増えるため、貯金もしやすくなります。

ただし注意したいのが、妻が出産後も職場復帰できるか事前に考えておくことです。職場に理解があっても、子育てをしながら働きつづけることは、体力的に厳しく簡単ではありません。

また都心部では保育園が不足していますので、入園できない可能性も考えておく必要があります。

産後働けなくなることも考えて、新婚時代に共働きでしっかり貯金をしておくと安心できます。

節約をする

貯金を始める上で、節約することも大切です。いくら収入があっても、お金を湯水のように使っていては一向にお金は貯まりません。

無理なく節約を始めるのなら、家計簿をつけるのがおすすめです。家計簿をつけると、何が無駄な支出かよく分かるようになります。

昔ながらの紙の家計簿でも構いませんが、忙しい夫婦はパソコンやスマートフォンから入力できる家計簿アプリがおすすめです。

スマートフォン向けの家計簿なら、日々の買い出しの際にその場で入力ができます。最近ではレシートをスマートフォンで撮影して家計簿に自動で入力してくれるアプリも登場しています。

最新の技術を駆使した家計簿をどんどん活用していきましょう。

投資を始める

少し収入に余裕がある夫婦は、投資で資産を増やすという方法もあります。

近年の銀行金利は普通預金の場合0.001%程度、定期預金で0.01%程度と低水準で推移しています。そのため利息で貯金を増やしていくというのは非常に難しいです。

そのため、リスクはありますが、投資で資産を増やしていくことも大切です。

投資には株や投資信託、債券など様々な方法があり、それぞれリスクが変わってきます。

株式投資は、安く売って高く売って儲ける投資方法です。株は値動きが激しいので一日中株価を見ることができること人や普段から経済ニュースを慣れ親しんでいる人が向いています。

参考:「株で勝つなら銘柄の選び方が重要!株式投資の基本」

投資信託は投資家から集めたお金を専門家が運用し、その成果が投資家に再分配されるという金融商品です。投資先は株や債券など様々です。投資信託は専門家が代わって運用してくれるので投資に自信がない人や、時間がない人におすすめです。

参考:「投資信託はデメリットよりもメリットの方が大きいのはなぜ?」

債券は、国・地方公共団体、企業などが資金を調達するときに発行されるものです。知名度が高い国債は国が発行している債券です。比較的リスクが低く、安定した利金を確保することができます。とにかくリスクを抑えたい人におすすめです。

また、どの投資から始めればいいか分からない人は、知らなきゃ損!投資とは?初心者にも簡単に分かりやすく解説」の記事を参考にしてください。

サラリーマン康二
また、最新の投資情報について知りたい方は、公式メルマガにて発信していますので、下記から登録してみてください。

↓【期間限定】『投資の教科書』を配布中!

まとめ

結婚はゴールではなく新しい人生のスタート地点でもあります。

子育てやマイホーム購入、悠々とした老後生活など、夫婦によって様々な夢があることでしょう。

夢を叶えるためにどのくらいお金が必要なのか、そしてそれは現実的な金額なのか、貯金の平均額を見ながら考えてみましょう。

 

【期間限定】無料プレゼントを配布中!





投資初心者の方は必見!





ピックアップ記事

  1. 不動産投資信託(REIT)が抱えるリスクとは
  2. 優先株とは何でしょう?優先株の基本
  3. 行動の基準値を倍にする。
  4. 低解約返戻金型終身保険のデメリットに注目しよう!学資保険より有利?
  5. すぐに分かる!投資信託の始め方と証券会社の選び方

カテゴリー

おすすめの記事

  1. 株式投資の失敗事例

    株式投資で失敗して借金する人の4つの特徴とは?
  2. 投資初心者向け

    投資とギャンブルの違いとは?投機との違いも分かりやすく解説
  3. 仮想通貨の始め方

    仮想通貨の種類と特徴はこれで完璧!仮想通貨で稼ぐための全知識
  4. 仮想通貨の個別銘柄

    イーサリアムのスマートコントラクトが世界を変える!どんなトークンがある?
  5. NISA

    NISA(ニーサ)口座の8つのデメリットとメリットを生かした投資戦略を解説
PAGE TOP