ブログ

「時間がない」ときは、時間を区切って考えてみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。

今日は月曜日でしたので、
会社の仕事がかなり溜まっていました。

のんびりと仕事をしていたら残業するのは明らかだったので、
どんどん仕事を片付けるようにしました。

そして、なんとか定時で会社を出ることができ、
充実したアフターファイブを過ごすことができました(笑)

実は最近、
「10分ずつ仕事を区切る」
ことを意識して働いています。

例えば、ビジネス文書を作るとすると、

10分で構想を練って、
10分で文章を打ち込んで
10分で校正して、
10分で体裁を整える

このように段階を区切ることを意識しています。

このように仕事を区切って考えると、
圧倒的なスピードで仕事を片付けることができます。

実は、10分ずつ仕事をやろうとすると、
細かく文章を練りなおしたり、
図を少しカッコ良くしてみたり、
そんなことをしている時間はありません。

いかにポイントだけを押さえた文書を作るか、
これだけを意識するようになります。

しかも、10分という「期限」が定められているので、
頭はプレッシャーの元で高速回転します。

結果、
短時間で圧倒的な成果をあげることができるんです。

逆に、
もしも時間制限を設けないで仕事をしていたら、
いつまでもダラダラ仕事をしてしまいます…。

例えば、ビジネス文書を作っていて、

「ここはこういう言い回しにしようかな」
「もっと図をカッコ良くしよう」

と思ってしまって、
ついつい脇道に逸れてしまうことはありませんか?

こういう小さなことが積み重なると、
結構時間って経ってしまうものなんです。

なので、
「10分ずつ仕事を区切る」
ことを意識するだけで、
かなり仕事の成果が上がると思います!

でも、
「10分で仕事をやろうとしたら、
それだけ“雑な”仕事にならないの?」
という意見もあると思います。

実は、私も最初はそう思っていました。

でも、実際にやってみると、
意外と質の高い仕事ができるんです。

なぜなら、下手に“凝らない”分、
シンプルでポイントを押さえた仕事ができるからです。

むしろ、時間を区切ってやった方が、
洗練されていて、すごく分かりやすい文書ができたりします。

…是非、だまされたと思って、
時間を区切って仕事をやってみてください!

 

ちなみに、
「10分ずつ仕事を区切る」という考え方は、
時間を有効に使うことにつながります。

時間を有効に使えれば、
日常生活はもっと充実すると思うんです!

例えば、仕事が休みの土日に、

昼過ぎまで寝ていることってありませんか?

これって、時間を無駄にしていると思うんです。

例えば、土日に平日と同じような時間に起きていたら、
6時間ぐらい別のことをする時間があったはずなんです。

例えば、朝の時間を有効活用して、
涼しいうちにジョギングしたり、
本を読んだり、
レストランでモーニングを食べたり…
多くのことをすることができたはずなんです。

昔から「時間は作るモノ」と言いますが、
もしも時間を有効に使うことができれば、
限られた人生の時間を、もっと増やせると思うんです。

その増えた時間を使って、
人生でもっと多くのことが達成できます。

そういう意味で、
「10分ずつ仕事を区切る」という方法は、
人生を豊かにすることにつながるのかなと思います。

一度の人生、もっと楽しみましょう!

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 資産運用するなら新興国向けの投資信託で決定!新興国ファンドの基礎
  2. ワンルームマンション投資がオススメ!知っておきたいこととは?
  3. 人は一人では生きられない。人との出会いで人生が変わる
  4. 毎朝目標を立てるとすごくイイ
  5. ご存知ですか?外貨預金のメリット・デメリットと税金

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

おすすめの記事

  1. 仮想通貨取引所情報

    世界最大の取引所Binance(バイナンス)の登録方法と二段階認証方法
  2. 銀投資

    銀投資の方法と将来性は?純銀積立をはじめいろいろな投資がある!
  3. 不動産投資の失敗・リスク

    気をつけよう!サラリーマン大家の失敗事例と不動産投資のリスク
  4. 仮想通貨取引所情報

    GMOコインの登録方法と口座開設方法は8ステップで完了!
  5. 株式投資の失敗事例

    株式投資で失敗して大損・借金ができるって本当?損失のカラクリを解説
PAGE TOP