投資の基礎知識

管理会社とは?知っておきたい管理会社の正しい選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産投資において大切なのが「管理会社選び」です。いい管理会社を選択するかどうかが、賃貸経営を左右すると言っても過言ではありません。

ただし、管理会社を選ぶというのは、実は非常に骨の折れる作業です。最初はいいと思った管理会社でも、実際に蓋を開けてみたらずさんな管理をされていたという話もよく耳にします。

そこでこの記事では、そんな管理会社選びの基準をご紹介したいと思います。この記事を参考にして、ぜひあなたにとって最適な管理会社を見つけてみてくださいね。

管理会社の正しい選び方の基準


空室解消能力が高いか

管理会社選びの最も重要なポイントが、空室をいかに埋めることができるかということです。不動産経営においては、いかに空室期間を短くし、家賃収入を最大化するかが大切なのです。

空室がなかなか埋まらないと、毎月のローン返済額をまかなうことができず、オーナーの持ち出しになる可能性があります。

空室解消能力の見極め方としては、その管理会社が公表している入居率と平均空室期間を確認することが挙げられます。入居率が高く空室期間が短ければ、それだけ空室を埋める能力が高いと考えられます。

ただし、入居率や空室期間の計算方法には各社で差があるため注意が必要です。入居者が退去した後のリフォーム作業が終わってからを空室と解釈したり、様々なパターンがあります。よく注意しましょう。

トラブルへの対応能力があるか

入居者に長く入居してもらうためには、トラブルへの対応能力も重要です。

例えば、騒音の問題や入居者同士のトラブルが発生した際には、速やかに問題を解決することが求められます。もしも解決が長引くようなことになれば、最悪入居者が退去してしまう可能性があります。

トラブルへの対応能力を確認するためには、管理会社の対応人数や対応可能時間等を確認するといいでしょう。

家賃の滞納率が低いか

家賃の滞納というのは、オーナーの悩みのタネの一つです。空室と同じく、滞納は家賃収入が途絶えることにつながりますので、賃貸経営には大きなマイナスです。

家賃が滞納した際、その家賃をいかに早く回収するかは、管理会社選びの重要なポイントなのです。

いい管理会社を見極める方法としては、2ヶ月以上家賃を滞納している割合(滞納率)を確認することが挙げられます。全国平均の滞納率は2%以下の水準ですから、この水準を下回るものを選ぶようにしましょう。

なお、家賃を1ヶ月だけ滞納するのは、単なる入金忘れの可能性もあるため、そこまで重視する必要はありません。

コストに見合った管理内容か

賃貸経営では、いかにコストを抑えるかが重要となってきます。

どんなに管理内容がいい管理会社を見つけても、管理手数料が高かったら元も子もありません。管理会社を選ぶ際には、コストパフォーマンも重要なのです。

一般的な管理会社の管理手数料は、家賃収入の5%〜7%ほどです。また、管理手数料が安くても内装工事代が高価な業者もありますので、工事費用も事前に確認するようにしましょう。

 

大手と地場の管理会社はどちらがいいの??


管理会社を選ぶときには、大手と地場、どちらの管理会社を選べばいいか悩む人も多いことでしょう。

ここからは、大手と地場、どちらの方がいいのか、メリット・デメリットを比較してみたいと思います。

大手管理会社のメリット

大手の管理会社を選ぶメリットとしては、ネームバリューがあり、入居者を集めやすいということが挙げられます。インターネットの入居者募集サイトも充実しており、入居者が集まりやすいと考えられます。

また、大手管理会社では入居者対応の仕組みがある程度仕組み化されているため、入居者対応の質が、ある程度保証されているメリットもあります。

大手管理会社のデメリット

大手管理会社では、入居者対応業務を本部で一度受け付けて対応するため、トラブル対応のレスポンスが遅いというデメリットがあります。

同時に、大手管理会社では担当者の異動があるため、引き継ぎが上手くされなかったり、信頼関係が築けないデメリットもあります。

地場管理会社のメリット

地場の管理会社だからこそ地域密着型の経営が行われるため、入居付け能力が高いことが期待できます。

また、規模が小さいため、入居者トラブルにも即座に対応してもらえたり、臨機応変な対応をしてもらうことも期待できます。

地場管理会社のデメリット

地場管理会社の一番のデメリットが、会社によって管理のクオリティーがバラバラだということです。

いい管理会社に当たればいいですが、もしも悪い管理会社に当たった場合には、ずさんな管理をされてしまうことがあります。

自分で何件も管理会社を回ってみたり、すでに不動産経営をしている人からいい管理会社を紹介してもらうことが大切です。

 

管理会社選びのまとめ


いい管理会社を見つけることができれば、ほぼ手放し状態で賃貸経営を行うことが可能です。賃貸経営においては、管理会社選びはかなり重要なのです。

この記事を参考にして、ぜひあなたにとって最適な管理会社を見つけてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



【期間限定】『投資の教科書』を配布中!





国内取引所はビットフライヤーがおすすめ!


"bitFlyer
 

bitFlyerの登録方法 

   

bitFlyer公式サイト




ビットコインの手数料がマイナス!ザイフ



 

Zaifの登録方法

   

Zaif公式サイト




海外取引所は世界最大のバイナンスがおすすめ!



 

Binanceの登録方法

   

Binance公式サイト




LINEでも投資情報を配信中!





ピックアップ記事

  1. 毎日ベストコンディションで過ごせたらいいですね!
  2. ミニ株を始めよう!ミニ株のメリット・デメリット
  3. 外貨建てMMFとは?投資に必要な基礎知識
  4. 大家さんとは?知っておきたい不動産投資のリスクのまとめ
  5. マンション・アパートの空室率は高水準!満室経営を目指すための空室対策

関連記事

  1. 投資の基礎知識

    【株の注文方法】指値注文・成行注文ほか株式投資のテクニックを解説します

    株の取引をする際には、ただ注文を出すだけでなく、注文方法やタイミングな…

  2. 投資の基礎知識

    ファクトム(Factom)の実力はいかに?仮想通貨の中で人気上昇中 

    ファクトム(Factom)の基本ビットコイン2.0の一つフ…

  3. 投資の基礎知識

    サブリース契約とは?解約時に揉めないための7つのポイント

    不動産投資で一番恐れられているのが「空室リスク」です。…

  4. 最新投資ニュース

    【いま話題】中国がビットコインのマイニング規制も検討している可能性あり

    マイニングも規制対象になる可能性があるウォール・ストリート…

  5. 投資の基礎知識

    元本保証とは?安全に投資を始めよう!

    現在日本では、貯金をしてもほとんど利息がつかない状況です。そんな状況下…

  6. 投資の基礎知識

    個人年金保険のメリット・デメリットと基本的な仕組みについて

    あなたは自分の老後が不安ではありませんか??これからの時代、国…

おすすめの記事

  1. 投資の基礎知識

    イーサリアムのスマートコントラクトが世界を変える!どんなトークンがある?
  2. 投資の基礎知識

    NISAは5年後にどうなる?NISAのデメリットも理解しよう!
  3. 投資の基礎知識

    ビットコインとイーサリアムの今後の動向予想!どんな違いがある?
  4. 投資の基礎知識

    ビットバンクの登録方法と二段階認証の方法を解説
  5. 投資の基礎知識

    デジバイトのチャートを分析!その特徴と将来性とは?
PAGE TOP