投資の基礎知識

インデックスファンドとは?その魅力と利益の上げ方とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたはインデックスファンドというものをご存知でしょうか??

インデックスファンドは、投資初心者に非常にオススメな投資です。

今回は、そんなインデックスファンドの基本とその魅力について、徹底解説したいと思います。

この記事を参考に、ぜひインデックスファンドへの投資を始めてみてくださいね。

インデックスファンドの魅力とは?


インデックスファンドは、投資家の間で人気があります。

こちらでは、インデックスファンドの魅力に迫ってみたいと思います。

運用コストが割安

インデックスファンドの一番のメリットとして、運用コストが安いことが挙げられます。

やはり信託報酬が1%を切るのは、重要なポイントです。

長期投資をするに当たって、信託報酬は運用成績に大きな影響を与えますから、信託報酬が安いインデックスファンドは非常に有利な投資と言えます。

また、同じ運用スタイルの似ているインデックスファンドの間で銘柄に悩んだ場合には、信託報酬が安い方を選ぶのが鉄則です。

投資先や運用状況が分かりやすい

インデックスファンドというのは、日経平均株価やTOPIXなどのベンチマークと連動した成果を目指す投資信託です。

インデックスファンドの運用先は、ベンチマークが採用している銘柄ですから、自分の投資先が分かりやすいのがその魅力です。

また、ご存知の通り、日経平均株価やTOPIXなどの指標は、テレビのニュースや新聞などで簡単に見られますから、日々の値動きも容易に確認することができます。

投資先と運用状況が一目瞭然なのが、インデックスファンドの魅力です。

分散投資できる

インデックスファンドに投資することで、広く複数の銘柄に分散投資できます。

例えば、国内債券ファンドと外国債券ファンドに投資することで、広く世界中の債券に対して分散投資することができます。

また、投資信託ですから、少額から分散投資できることも嬉しいところです。1,000円を切る金額から、投資を始めることも可能です。

長期投資との相性がいい

インデックスファンドは、長期投資の際に大きな威力を発揮します。

長期投資は、長期的な経済成長に合わせて資産を増やしていく投資スタイルです。

この長期投資のスタイルが、市場全体に投資を行い、経済成長の波に乗って資産を増やすインデックスファンドと相性がいいのです。

 

長期投資をする上では、インデックスファンドは外せない存在なのです。

 

インデックスファンドとアクティブファンドの違い


インデックスファンドと対をなすものとして、アクティブファンドがあります。

アクティブファンドは、日経平均株価などの指数を上回る運用成績を目指すファンドです。値上がりが見込める銘柄を見極め、積極的に投資を行うことで高い収益を狙います。

ところで、アクティブファンドとインデックスファンドはどちらが優れているのでしょうか?

ここからは、インデックスファンドとアクティブファンドに焦点を当てて解説していきます。

信託報酬が違う

インデックスファンドと比較すると、アクティブファンドは信託報酬が高くなりがちです。

というのも、アクティブファンドは銘柄の選定などに費用がかかるため、その分の費用が上乗せされているからです。

信託報酬が1%を超えてしまうものも多くあります。

信託報酬が高いのは、長期投資をする上で大きなデメリットといえるでしょう。

値動きの幅に差がある

アクティブファンドの運用の性質上、相場に山を張って投資を行います。

そのため、予想が的中して高い収益を上げられることもありますが、反対に予想が外れて、大きくマイナスになることもあります。

インデックスファンドと比較すると、アクティブファンドは値動きの幅が大きくなる傾向があります。

アクティブファンドはインデックスファンドには勝てない

結論から言うと、アクティブファンドはインデックスファンドよりも高い収益を上げることが難しいです。

まずコストの面から言うと、インデックスファンドの方が、信託報酬が安いのがその理由です。

たかだか数%の差ですが、長期で投資を行うと、数十%という大きな差となります。

続けて、市場平均の観点があります。

市場には多くのプロの投資家がひしめき合っているため、価格水準に差が生まれても、その差はすぐに投資家の取引によって埋められてしまいます。

そのため、市場の価格は常に適正な水準で推移することになります。

したがって、アクティブファンドで市場平均よりも高い運用成績を上げ続けるのは、至難の技ということになります。

むしろ、始めから市場平均と連動したインデックスに投資した方が、高い成績が上げられるのです。

以上2つの理由により、アクティブファンドは、信託報酬が安く市場平均をキープするインデックスファンドに勝つことができません。

投資信託に投資する際には、インデックスファンドに投資することが鉄則です。

 

まとめ


今回は、インデックスファンドに焦点を当てて解説してきました。

インデックスファンドはコストが安く、非常にオススメな投資ということがお分りいただけたと思います。

インデックスファンドに対する理解を深め、ぜひ投資を始めてみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



【期間限定】『投資の教科書』を配布中!





国内取引所はビットフライヤーがおすすめ!


"bitFlyer
 

bitFlyerの登録方法 

   

bitFlyer公式サイト




ビットコインの手数料がマイナス!ザイフ



 

Zaifの登録方法

   

Zaif公式サイト




海外取引所は世界最大のバイナンスがおすすめ!



 

Binanceの登録方法

   

Binance公式サイト




LINEでも投資情報を配信中!





ピックアップ記事

  1. NISAのデメリットと対策!課税される5年後に備えて投資しよう!
  2. ふるさと納税の仕組みと控除を受けるための方法
  3. 株の損切りの目安が知りたい!株式投資で勝つための方法
  4. 株主優待とは??お得でオススメな株主優待で投資を始めよう!
  5. 愛情=相手を思う気持ちが大切です。

関連記事

  1. 投資の基礎知識

    コインチェックの二段階認証を解説!設定方法・口座開設方法を理解しよう

    仮想通貨投資を始めるためには、まず取引所で口座を開設する必要が…

  2. 投資の基礎知識

    定期預金よりもお得?個人向け国債にはメリットがたくさん!

    あなたは個人向け国債というものをご存知でしょうか??個人向け国債は、そ…

  3. 投資の基礎知識

    公社債投資信託の投資がおすすめ!どんな投資信託?

    あなたは、公社債投資信託というものをご存知でしょうか?おそらく…

  4. 投資の基礎知識

    インデックスファンドはオススメ! どんなメリットがある?

    あなたはインデックスファンドというものをご存知でしょうか?イン…

  5. 投資の基礎知識

    サラリーマンがジュニアNISAを行うメリット・デメリット

    (この記事は、過去に書かれた記事を2018年7月11日に加筆修正したも…

  6. 投資の基礎知識

    新築の固定資産税の減税はいつまでに申請すればいい?

    マイホームというのは、一世一代の大きな買い物です。しか…

おすすめの記事

  1. 投資の基礎知識

    ブロックチェーンとは?簡単に分かりやすく仕組みを解説!
  2. 投資の基礎知識

    ビットバンクの登録方法と二段階認証の方法を解説
  3. 投資の基礎知識

    夫婦共働きの貯金はどれぐらい?理想的なお金の貯め方とは
  4. 投資の基礎知識

    お金の節約術を一挙公開!自然とお金が貯まる王道とは?
  5. 投資の基礎知識

    要注意!株の空売りで失敗しないための基本を解説
PAGE TOP