投資の基礎知識

バリュー投資とは〜株式投資を始める人の株式投資入門

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投資家で大成功した人の中に、「ウォーレン・バフェット」という有名な投資家がいます。そのバフェット氏が行なっている投資スタイルが「バリュー投資」と呼ばれるものです。

バリュー投資を簡単にいうと、割安で放置されている株を買い、その株が適正な株価に戻るまで待つ、というスタイルの投資手法です。

この記事では、そんなバリュー投資の基本的な内容についてまとめ、解説したいと思います。

バリュー投資の基礎知識


まずはバリュー投資と呼ばれる投資スタイルの基本から解説していきます。

バリュー投資とは

バリュー投資とは、現在の株価が割安なのか割高なのかを見極め、割安なら買って株価が適正な水準に戻るまで待つ投資スタイルです。

そのため、デイトレードなどの短期投資とは対極に位置する投資スタイルといえます。

割安な銘柄の選定方法

バリュー投資をする上では、割安株を選定することが不可欠です。

ここからは、割安株を見つけるための指標をご紹介したいと思います。

PER(株価収益率)

PERとは株価収益率のことをいいます。計算式は以下のようになります。

PER=株価÷1株あたりの利益

1株あたりの利益に対して、株価が何倍まで買われているかを表す指標です。PERが低ければ低いほど、会社のあげる利益に対して株価が割安であると考えることができます。

PBR(株価純資産倍率)

PBRとは株価純資産倍率のことです。計算式は以下のようになります。

PBR=株価÷1株あたりの純資産

純資産(資産から負債を引いて計算)に対してどれくらい株が買われているかを表す指標です。PBRが低ければ低いほど、株価が割安であると考えることができます。

PERとPBRについて

一般的には、PERは15倍以下、PBRは1.5倍以下だと割安と見なされます。

ただし、PERとPBRが低いからといって、一概に株価が割安だとは限りません。

例えば業績が悪化している場合、株価が値下がりしてますので、PERとPBR共に下がるでしょう。しかし、そういった銘柄はさらに業績が悪化することが見込まれますので、単純に割安だと思って購入すると痛い目にあることになります。

また、市場全体が好調の時や不調の時にも、それにつられて株価が上下しますので、PERとPBRも本来とはかけ離れた動きをすることがあります。

バリュー投資では財務分析が必須

バリュー投資を成功させるためには、単にPERとPBRの分析だけでは不足しています。

その企業の経営状態について、詳細に分析する必要あります。

株式投資の基本であるファンダメンタル分析を綿密に行い、その上で割安株を購入することができれば、非常に少ないリスクで投資を行うことができます。

 

バリュー投資のメリットとデメリット


バリュー投資をすると、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか??

こちらで解説していきます。

バリュー投資のメリット

株価が安い銘柄を選んで購入していくため、値下がりする可能性が小さく、値下がりした時の損失額も少なく済みます。

また、安い値段で購入することができるため、値上がりした時の利益もそれだけ大きくなります。

バリュー投資をうまく行えば、ローリスクでハイリターンを狙うことができるのです。

加えて、バリュー投資では日々株価の確認作業に追われる必要がありません。株価が値上がりするまでには相当の時間がかかるため、落ち着いて投資にのぞむことができます。

バリュー投資のデメリット

バリュー投資のデメリットは、株価が上昇するまでに長い時間が必要なことです。

また、もともと注目度が低い割安株を購入する投資スタイルのため、その銘柄が注目され買いが入るまで辛抱強く待つ必要があります。

 

まとめ


「割安で放置されている優良企業の株を買い、株価が上昇するまで待つ」というバリュー投資は、シンプルですが非常に合理的な投資方法といえるでしょう。

バリュー投資に興味を持った方は、バリュー投資についてもっと勉強してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



【期間限定】『投資の教科書』を配布中!





国内取引所はビットフライヤーがおすすめ!


"bitFlyer
 

bitFlyerの登録方法 

   

bitFlyer公式サイト




ビットコインの手数料がマイナス!ザイフ



 

Zaifの登録方法

   

Zaif公式サイト




海外取引所は世界最大のバイナンスがおすすめ!



 

Binanceの登録方法

   

Binance公式サイト




LINEでも投資情報を配信中!





ピックアップ記事

  1. 要注意!サラリーマン大家が失敗しやすい中古物件
  2. 知らないと損する一人暮らしの部屋探しのコツ!最高の物件を見つけよう!
  3. ETFのデメリットと投資信託との違いとは
  4. 大注目!いま話題の仮想通貨投資とは?
  5. 新築木造アパートにはメリット盛りだくさん!サラリーマン大家が失敗しないポイント

関連記事

  1. 投資の基礎知識

    【不労所得の作り方】サラリーマン大家が失敗しないための不動産投資の基本

    不動産投資に興味があるけど、いまいち一歩踏み出せないあなた!今…

  2. 最新投資ニュース

    ドルコスト平均法による投資のデメリットとは

    ドル・コスト平均法ってどんな投資方法?投資をしている人にと…

  3. 投資の基礎知識

    ラップ口座のデメリットとは?手数料が高いのがネック

    個人投資家向けに、ラップ口座というものが流行り始めているようです。まだ…

  4. 投資の基礎知識

    損しないために!不動産所得で計上できる必要経費の基本

    アパート経営などの不動産投資をしていると、「経費」に気を使いますよね。…

  5. 投資の基礎知識

    資産管理会社の5つのメリットと法人を設立した方がいい理由

    資産管理会社とは、資産を管理する目的で設立する法人です。…

  6. 投資の基礎知識

    仕事を辞めるにはいくらお金が必要?仕事を辞めても生きていく方法

    近年の日本では、終身雇用という神話は崩れ始め、一つの会社に定年…

おすすめの記事

  1. 投資の基礎知識

    株式交換とはどんな仕組み?株式交換の基本を解説
  2. 投資の基礎知識

    新築の固定資産税の減税はいつまでに申請すればいい?
  3. 投資の基礎知識

    仮想通貨のウォレットの仕組みとは?正しい保管方法を徹底
  4. 投資の基礎知識

    デジバイトのチャートを分析!その特徴と将来性とは?
  5. 投資の基礎知識

    ジュニアNISAのデメリットとは?正しい運用方法を解説
PAGE TOP