投資の基礎知識

新築とVS中古!マンション投資のメリットとデメリット!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産投資には、区分マンションや一棟アパート、一棟マンションなどいろいろなものがあります。

実際、どの投資をすればいいのか悩ましいですよね。

今回は、そんな数ある不動産投資のうち、ワンルームマンション投資について取り上げてみたいと思います。

ワンルームマンション投資とは??


ワンルームマンション投資という言葉をよく聞きますが、果たしてどういう投資なのでしょうか。

一人暮らしのマンションに投資する

ワンルームマンション投資とは、その名の通りワンルームマンションを購入し、それを他人に賃貸に出して、利益を得る投資です。

ここでいうワンルームとは、単身者向けのマンションのことです。

ワンルームマンションにも、実は新築のものと中古のものが2種類があります。

どちらが有利なのかは、次の章以降で説明したいと思います。

 

新築ワンルームマンション投資


ワンルームマンション投資のうち、新築のものは儲かるのでしょうか??

そのメリット、デメリットについてまとめてみました。

新築のメリット

新築のワンルームマンションに投資するメリットは、高い家賃が取れるということです。

新築物件というのは人気があるものです。

ある程度高い家賃でも、入居したい人は多くいることでしょう。

つまり、新築ワンルームマンションでは、同じエリアの中古物件と比べて高い家賃を取ることができ、かつ入居も決まりやすいメリットがあります。

また、新築ワンルームマンションは、金融機関での担保価値が高く評価され、融資の際には頭金ゼロのフルローンで行ける場合も多いようです。

よって、自己資金があまりない方でも購入することができます。

加えて、新築でワンルームマンションを購入する場合には、売主のデベロッパーから直接物件を購入できますから、その分、仲介手数料がかかりません。

仲介手数料は物件価格の3%はかかりますから、それだけでかなりの節約になります。

新築のデメリット

新築ワンルームマンションのデメリットは、物件価格が高いことが挙げられます。

新築の販売価格には、土地や建築費だけでなく、デベロッパーの利益や広告料も上乗せされています。

つまり、中古のワンルームマンションと比べ、投資資金が多くかかることになります。

販売価格が高いということは、銀行からより多くの融資を受けますので、その分、月々の収支が少なくなってきます。

特に東京都内の新築ワンルームマンションをフルローンで購入すると、毎月の収支がマイナスになる物件が多いようです。

月々マイナスの収支では、リスクを冒して投資をした意味がないですよね。

また、新築では家賃下落が激しいです。

新築というブランドは、一番最初に物件に入居した人が享受できるメリットです。

いざその入居者が退去した場合には、その物件は中古の物件としての価値しかなくなります。

つまり、周辺の中古物件と同じ賃料まで家賃を下げる必要が出てきます。

 

中古ワンルームマンション投資


新築は正直、微妙な印象でしたね。では、中古はどうなのでしょうか??

中古のメリット

中古ワンルームマンションのメリットは、何と言っても値段が安いことでしょう。

築年数が浅い物件でも、新築時の7〜8割前後の価格で購入できるようです。

安く物件を購入できれば、それだけ自分の資金を温存できますよね。

また、中古は価格が安い一方で、家賃相場もほとんど変化がなく安定しています。

よって、新築よりも利回りが高くなります。

そのため、銀行でローンを組んでも、月々の収支がプラスになる物件もあります。

加えて、中古ワンルームマンションでは、空室率を低く抑えることができます。

中古では家賃が安くなりますので、その分、学生や外国人、サラリーマンなどの幅広い層が集まります。

しかし、これには条件があって、東京都内などで立地がいいことが条件です。

中古のデメリット

中古ワンルームマンションでは、間取りが古く感じられることがあります。

少し古い物件になると、洗面所とトイレ、お風呂が一体となった3点ユニットが主流です。

今の時代はトイレとお風呂が別なのは当たり前になりつつあり、この間取りが古く感じられることもあります。

結果として、空室率が高まる可能性があります。

また、中古では銀行の担保価値が低く評価されます。

そのため、融資を受ける場合には、いくらか頭金を入れる必要が出てくるかもしれません。

しかし、銀行にもよりますが、最近では都内の立地がいいところでもフルローンが出るようになっているようです。

きちんと資産価値の高い中古ワンルームマンションを選んで購入するようにしましょう。

 

まとめ


ここまで、ワンルームマンションについて解説してきました。

結論から言うと、新築ワンルームマンションは購入に値しないでしょう。

なぜなら、月々の収支がマイナスになるからです。

投資で大切なのはプラスの収益を出すことですので、中古ワンルームマンション投資をした方がいいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



【期間限定】『投資の教科書』を配布中!





国内取引所はビットフライヤーがおすすめ!


"bitFlyer
 

bitFlyerの登録方法 

   

bitFlyer公式サイト




ビットコインの手数料がマイナス!ザイフ



 

Zaifの登録方法

   

Zaif公式サイト




海外取引所は世界最大のバイナンスがおすすめ!



 

Binanceの登録方法

   

Binance公式サイト




LINEでも投資情報を配信中!





ピックアップ記事

  1. 投資のカギを握る管理会社とは?サラリーマン大家が失敗しない管理会社の選び方
  2. 元本保証とは?安全に投資を始めよう!
  3. 【中古アパート経営の基礎】サラリーマン大家が失敗しないために!
  4. 管理会社とは?知っておきたい管理会社の正しい選び方
  5. オルタナティブ投資とは?初心者でも分かるメリット・デメリット

関連記事

  1. 投資の基礎知識

    金の投資は儲かるの?金投資の基本を分かりやすく解説

    投資というと株や投資信託などが主流ですが、金の投資も根強い人気…

  2. 投資の基礎知識

    NISAのデメリットには気をつけよう!知っておきたいNISAの超基本

    NISAは、税金が非課税となる意味では優れた制度ですが、実際のところ、…

  3. 最新投資ニュース

    要注目!エストニアがブロックチェーンを使った仮想通貨の発行を計画中

    エストニア共和国が世界初の国家によるICOを計画以前から先進的な取…

  4. 投資の基礎知識

    資産管理会社の5つのメリットと法人を設立した方がいい理由

    資産管理会社とは、資産を管理する目的で設立する法人です。…

  5. 投資の基礎知識

    金利スワップ 取引について解説します!スワップ取引の基本

    投資の勉強をしていると、必ず遭遇するのが「デリバティブ取引」です。…

  6. 投資の基礎知識

    ビットフライヤーの高機能チャート、ライトニングの使い方とは?

    あなたは仮想通貨へ投資する時に、「何となく上昇しそうだから」「…

おすすめの記事

  1. 投資の基礎知識

    仮想通貨の正しい選び方とは?爆上げ通貨の7つの基準
  2. 投資の基礎知識

    子供の貯金はいくらあれば大丈夫?お金の貯め方大全
  3. 投資の基礎知識

    サブリース契約とは?解約時に揉めないための7つのポイント
  4. 投資の基礎知識

    仮想通貨のウォレットの仕組みとは?正しい保管方法を徹底
  5. 投資の基礎知識

    サラリーマンが投資で失敗しない方法と成功者の共通点を解説
PAGE TOP