投資の基礎知識

譲渡性預金(CD)とは?基本から分かりやすく解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↓【期間限定】『投資の教科書』を配布中!

あなたは「譲渡性預金(CD)」という言葉をご存知でしょうか? 譲渡性預金と言われても、いまいちピンとこない人が大半だと思います。

果たして譲渡性預金とはどのような預金なのでしょうか? この記事では譲渡性預金の基本を説明していきます。

サラリーマン康二
譲渡性預金という言葉は、普段耳にする機会がないと思います。この記事でしっかりと言葉の意味を押さえてくださいね!

【こちらの記事は、過去に書かれた記事を2018年9月12日に加筆修正したものです。】

譲渡性預金(CD)の基本

まずは、譲渡性預金の最低限の基本を押さえましょう!

CDは何の略?

譲渡性預金のCDという言葉は「Negotiable Certificate of Deposit」の頭文字を取ったもので、日本語に直すと「譲渡性預金」と呼ばれます。

なお、CDという単語は、他の投資用語とかぶることがあるため、それと区別するため「NCD」と呼ばれることもあります。

定期預金の一種

譲渡性預金と聞くと、「何だか難しそう、、、」と感じる人も多いと思いますが、実は譲渡性預金は「定期預金」の一種なのです。

つまり、譲渡性預金にはあらかじめ満期日や利息が定められていて、途中で解約することは基本的にできません。

ここまでは普通の定期預金と同じ内容ですが、譲渡性預金は定期預金と違って預金保険制度(※)の対象外です、譲渡性預金を利用するなら、預金金額は1,000万円以下にしましょう。

(※)預金保険制度とは、金融機関が破綻した時に、預金者の資産を保護するための制度です。1つの金融機関ごとに、元本1,000万円までとその利息が保護されるようになっています。
例えば、2,000万円の資金がある時には、2つの金融機関に1,000万円ずつ預金しておけば、金融機関が破綻しても、全額保護されます。

他人に譲渡できる定期預金

譲渡性預金の一番の特徴は、名前の通り「“譲渡できる”預金」である点です。

譲渡性預金は、たとえ満期前だとしても、預金口座をまるまる第三者に譲ることができるのです。譲渡性預金のこのユニークな仕組みは、企業が資金調達する際に利用されています。

次の章で、譲渡性預金の活用方法について解説していきます。

譲渡性預金の活用方法とは

短期の資金調達手段として利用

通常の定期預金ですと、例えば預入期間中に急きょ資金が必要になったときには、定期預金を一旦解約する必要があります。

定期預金を途中で解約してしまうと、定期預金の金利はペナルティーで下がってしまうのが普通です。せっかく高い金利で預けていたのに、これでは無駄になってしまいます。

一方、譲渡性預金の場合には、譲渡性預金を解約することなく第三者にそのまま譲渡し、それと引き換えに資金を受け取ることができます。

「必要な時にいつでも換金できる定期預金」が、譲渡性預金なのです。

なお、譲渡性預金を譲渡する際には、市場の状況によって、預金額より高い値段で譲渡できたり、低い値段で譲渡できたりします。そう言う意味では、預金と言いつつも、「投資商品」としての側面も持っています。

最低5,000万円ほどの資金が必要

譲渡性預金を利用するためには、最低5,000万円ほどの資金を預け入れる必要があります。

この金額から分かる通り、譲渡性預金は個人が利用するものではなく、金融機関や大企業、機関投資家が利用する商品です。

サラリーマン康二
また、最新の投資情報について知りたい方は、公式メルマガにて発信していますので、下記から登録してみてください。

↓【期間限定】『投資の教科書』を配布中!

譲渡性預金のまとめ

「譲渡性預金」という言葉は、投資信託などを調べていると、その運用先として頻繁に出てきます。しかし、実際にその単語の意味まで理解している人は少ないと思い、この記事では取り上げてみました。

サラリーマン康二
個人が直接、譲渡性預金を利用することはないと思いますが、あくまで投資の知識として知っておいて損はないでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



【期間限定】『投資の教科書』を配布中!





国内取引所はビットフライヤーがおすすめ!


"bitFlyer
 

bitFlyerの登録方法 

   

bitFlyer公式サイト




ビットコインの手数料がマイナス!ザイフ



 

Zaifの登録方法

   

Zaif公式サイト




海外取引所は世界最大のバイナンスがおすすめ!



 

Binanceの登録方法

   

Binance公式サイト




LINEでも投資情報を配信中!





ピックアップ記事

  1. ETFにもデメリットがある!ETFの種類と失敗しない選び方
  2. 株式投資を有利に進めましょう!株価変動要因の考察!
  3. マンション投資のメリットとデメリット!不労所得を得る具体的な方法とは?
  4. 個人向け国債への投資がおすすめな人とは?
  5. 金利スワップ 取引について解説します!スワップ取引の基本

関連記事

  1. 投資の基礎知識

    老後資金の必要額は?若いうちから老後資金を貯め始めましょう!

    あなたは、自分の老後資金がいくら必要かご存知でしょうか??まだ老後が先…

  2. 投資の基礎知識

    ドル建て保険の3つのデメリットとは?リスク管理は徹底しよう

    あなたは「ドル建て終身保険」というものををご存知でしょうか??…

  3. 投資の基礎知識

    優良物件を見つけよう!長期にわたり維持可能な収益物件の選び方

    不動産投資で失敗する人の多くが、目先の利回りや価格だけを見て物件を購入…

  4. 投資の基礎知識

    ワンルームマンション投資とは?最近人気の不動産投資の基礎知識

    最近、「不動産投資」という言葉を頻繁に耳にしませんか?サラリー…

  5. 投資の基礎知識

    外国為替証拠金取引(FX)の基本はドルと円!FXのメリットとデメリットとは

    外国為替証拠金取引(FX)といったら、一時期、相当流行しましたね。今で…

  6. 投資の基礎知識

    住宅ローンを組んで合法的に賃貸経営しよう!賃貸併用住宅の基本

    あなたは賃貸併用住宅というものをご存知でしょうか?? 賃貸併用住宅…

おすすめの記事

  1. 投資の基礎知識

    老後に貯金がない事態を回避!現役時代からできることとは?
  2. 投資の基礎知識

    エイダコイン(ADA)は今後何倍になる?億り人続出の理由とは
  3. 投資の基礎知識

    初心者でも分かる不動産所得の必要経費の基本
  4. 投資の基礎知識

    結婚後の夫婦のお金の管理方法とは?どれが一番おすすめ?
  5. 投資の基礎知識

    共働きの貯金額は年間でいくらあればいい?平均貯金額を一挙公開
PAGE TOP