投資の基礎知識

株の空売りには要注意!空売りで失敗しない方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↓【期間限定】『投資の教科書』を配布中!

あなたは「空売り」と聞くとどんなイメージをお持ちでしょうか?「空売りで失敗して大きな損失を出した」なんて話をよく聞きますので、空売りに対してギャンブル的で怖いイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

空売りはプロの投資家がよく使う手法ですが、投資の初心者にはなかなか理解しづらい仕組みとなっています。しかし、空売りができるようになると、相場が下落している局面でも利益を出せるようになるため、相場の上げ下げに関係なく安定してリターンを上げられるようになります。

この記事で空売りの仕組みや手法を正しく理解して、資産運用に役立てましょう。

サラリーマン康二
空売りには危ないイメージがありますが、その仕組みをきちんと理解できれば、大きな武器となります。

株の空売りとは?

信用取引の一種

空売りは信用取引の一種ですので、空売りを理解するためには、信用取引の仕組みを理解する必要があります。

信用取引とは、証券会社に保証金または株式などを担保として預け、証券会社から資金や株式を借りて株を売買する手法です。証券会社が顧客を「信用」してお金や株を貸すわけですね。

信用取引には「信用買い」と「空売り」があります。

信用買い

「信用買い」とは、証券会社からお金を借りてきて株を購入することをいいます。例えば100万円の保証金を預け入れ、証券会社から300万円分の株を購入することが信用買いになります。

信用買いを行うことで、少額の資金でもハイリターンを狙うことができます。ただし、損失が出るとその損失が拡大しますので、ハイリスクでもあります。

このように、証券会社にお金を預けて、自己資金以上の取引を行うことを「レバレッジ」といいます。レバレッジは「てこ」を意味し、自分の力(出した資金)以上の効果を発揮するため、そう呼ばれています。

レバレッジとともに信用取引を理解するのに欠かせない言葉が「追証」です。

追証とは、信用取引で損失が膨らんだ際に、保証金などの担保が足りなくなった場合、不足した保証金を追加で預け入れることをいいます。追証が払えなかった場合は、強制的に売買が行われ、損失が確定します。追証が払えず強制的に反対売買された場合、通常よりも高額の手数料がかかる場合もありますので、注意が必要です。

空売り

この記事のテーマである空売りとは、証券会社から借りてきた株を一旦売却し、株価が下落した後に買い戻して利益を得る投資手法です。

「自分が持っていない株を売る」という仕組みが投資初心者にとって理解しづらい部分ですが、証券会社から株を借りて売却し、約束した時期までに返すと考えると理解しやすいでしょう。

例えば、6カ月後に返却する条件で、証券会社からA株を借りてきたとしましょう。そのA株が1万円で売却できたとすると、6カ月以内に1万円より安い価格でA株を買い戻して証券会社に返却すれば、利益を得られることが分かります。

仮に6カ月以内に6,000円で買い戻すことができれば、4,000円の利益が得られます。反対にA株が上昇を続けてしまい、14,000円でしか買い戻すことができなくなると、4,000円の損失が発生します。これが空売りの基本的な仕組みです。

株を証券会社から借りることによって現物取引にはない「売りから入る」ことが可能となります。現物取引では信用取引の空売りのように売りから入ることはできませんので、相場の下げ局面でも利益を出すことができる点は空売りの魅力の一つといえるでしょう。

また、「空売り」も信用買いと同じく「レバレッジ」をかけられますので、100万円の委託保証金で300万円分の株を空売りするなど、投資効果を大きくすることができます。

なお、信用取引には現物取引と同じく売買手数料がかかります。また、信用買いの場合は「信用取引金利」、空売りの場合は株のレンタル料金にあたる「信用取引貸株料」等がかかります。手数料は投資の成果に大きな影響をもたらしますので、要注意です。

証券会社によって手数料が異なりますので、売買の頻度などにより自分にあった証券会社を選択することが重要です。

空売りで失敗する人の特徴

空売りで大きな損失を出してしまう人も少なくありません。どのような人が空売りの罠にはまり、大きな損失を出してしまうのでしょうか?

空売りの仕組みを理解していない

空売りは、相場が下落している局面でも利益が出せる有効な手段です。しかし、空売りの仕組みをよく理解せずに投資をしても利益を出すことは難しいですし、むしろ損失を出すことの方が多くなります。

特に注意が必要なのが、空売りの損失は無限に拡大する恐れがあることです。

現物の株を100万円分買ったとして、その企業が倒産して株価が0円になっても、損失は100万円に限定されます。しかし、株価の上昇には理論上、上限がないため、100万円分空売りした株が1億円になった場合には、1億円を払って買い戻す必要があります。

また、初心者に誤解されがちなのが、株がいつでも取引できると思われていることです。何らかの事情で株が急騰した場合、売りが全然出ずに買いのみが集中して、売買が成立しないことがあります。この場合、損切りしようとしても取引が成立しないため、損失がどんどん膨らんでいきます。

サラリーマン康二
空売りは損失が無限に拡大するリスクがあるんですね。

レバレッジをかけすぎる

空売りをはじめとした信用取引は、レバレッジをかけることで大きなリターンを狙うことができます。しかし、損失もその分大きくなりますので、レバレッジをかけすぎることには注意が必要です。

レバレッジをかけすぎると、追証が払えずに強制売買されてしまう恐れがありますので、自分の予想が外れることも想定に入れながらレバレッジの倍率を決定しましょう。

ナンピンをしてしまう

「ナンピン」とは、現物の株の買い取引であれば、株価が下がった場合に再度購入して平均購入単価を下げる手法です。

現物買いであれば、下落局面で株を買い増すことは非常に有効な手段ですが、空売りの場合のナンピンは危険です。株価の本格的な上昇が始まった場面でナンピン買いをしてしまうと、損失が雪ダルマ式に増えてしまうのです。

現物買い投資に慣れた方はナンピン買いで成功している人も多いと思いますが、空売りでナンピンは気を付けたほうがいいでしょう。

サラリーマン康二
また、最新の投資情報について知りたい方は、公式メルマガにて発信していますので、下記から登録してみてください。

↓【期間限定】『投資の教科書』を配布中!

まとめ

空売りは、相場下落局面でもリターンが出せる有効な投資手段の一つです。しかし、いざ損失が発生すると上限が無く、現物株よりも仕組みが複雑なため注意が必要です。

まずは身の丈のあった少額から空売りを始めてみるのががよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



【期間限定】『投資の教科書』を配布中!





国内取引所はビットフライヤーがおすすめ!


"bitFlyer
 

bitFlyerの登録方法 

   

bitFlyer公式サイト




ビットコインの手数料がマイナス!ザイフ



 

Zaifの登録方法

   

Zaif公式サイト




海外取引所は世界最大のバイナンスがおすすめ!



 

Binanceの登録方法

   

Binance公式サイト




LINEでも投資情報を配信中!





ピックアップ記事

  1. 要注意!仕手株の見分け方と狙われやすい銘柄を解説
  2. 大きなリターンを狙えるブル・ベア型ファンドの仕組みとその基本
  3. これからに期待!インフラファンドとは??
  4. 人生を変える方法
  5. 株で損したくない人必見!株の初心者が押さえておきたい株式投資のポイント

関連記事

  1. 投資の基礎知識

    ジュニアNISAの2つのメリットと3つのデメリットとは

    2016年4月から「ジュニアNISA」がスタートしました。ジュ…

  2. 投資の基礎知識

    知っておきたい競売物件とは?競売物件の買い方とその流れ

    多くの不動産オーナーが、一度は競売物件に投資することを考えたことがある…

  3. 投資の基礎知識

    投資信託の種類〜マイクロファイナンスファンドってなに??

    あなたは、マイクロファイナンスという言葉を聞いたことがありますか?…

  4. 最新投資ニュース

    日本で注目の仮想通貨になるか?イーサベースのDentacoinとは

    最近、様々な仮想通貨が誕生しています。ビットコインのよ…

  5. 投資の基礎知識

    投資信託の失敗談と成功するために知っておきたい投資の基本

    投資信託といえば、他の投資と比べて安全・安心なイメージがあります。とこ…

  6. 投資の基礎知識

    金利が高いのが魅力!劣後債とは??

    通常の社債よりも金利が高く、投資家の間でも人気があるのが「劣後債」です…

おすすめの記事

  1. 投資の基礎知識

    仮想通貨取引所の仕組みを理解しよう!どの取引所がおすすめ?
  2. 投資の基礎知識

    投資で大失敗して人生どん底…。投資に失敗する人の特徴とは?
  3. 投資の基礎知識

    株式投資の最適な勉強方法とは?初心者が稼ぐための全て
  4. 投資の基礎知識

    要注意!株の空売りで失敗しないための基本を解説
  5. 投資の基礎知識

    賢い貯金方法とは?銀行別の特徴を分かりやすく解説
PAGE TOP