投資の基礎知識

劣後債のメリットとは?投資するならこれだけは知っておこう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは、「劣後債」というものをご存知でしょうか?

おそらく、多くの人が劣後債という言葉を初めて耳にすると思います。正直、劣後債という言葉を知らないからといって、これと言ったデメリットはありません。

ただ、投資全般の知識を身につける意味で、劣後債という言葉の意味を理解することは大切です。

この記事では、最低限知っておきたい劣後債の基礎知識をまとめました。ぜひ参考にしてください。

サラリーマン康二
劣後債、、あまり聞き慣れない言葉ですよね。この記事でしっかりと基本を押さえましょう。

 

(この記事は、過去に書かれた記事を2018年6月8日に加筆修正したものです。)

劣後債の基礎知識

劣後債は社債の一種

そもそも劣後債とは、企業が発行する社債の一種です。というか、基本的には普通の社債と同じだと考えて差し支えありません。

つまり、利息や満期日があらかじめ定められていて、満期を迎えると、元本が払い戻しされるということです。

ただ、一つだけ普通の社債とは違うところがあります。

弁済順位が低い

劣後債と普通の社債との一番の違いは、「弁済順位」が違うことです。劣後債は、普通の社債と比べて、弁済順位が低くくなっています。

例えば、ある会社が倒産してしまったとすると、真っ先にお金の弁済が行われるのは、銀行や社債の保有者に対してです。

一方、劣後債が弁済されるのは、銀行や社債の弁済が行われた後で、それもその会社にお金が残っている時だけです。その会社にお金が残っていない時には、劣後債には弁済が行われません。

つまり、普通の社債と比べて、劣後債はリスクが高い債券となります。

利率が高い

劣後債はリスクが高いので、他の債券と比べて利率が高く設定されるようになっています。

単に弁済順位が低いだけの債券なら、誰も劣後債に投資しようとしませんね。投資家に投資してもらうため、劣後債は利率を高めているのです。

劣後債のポイント

株と社債の中間に位置する

劣後債は、普通の社債と比べてリスクが高い代わりに、リターンも大きくなっています。一方、株と比べると、当然、債券である劣後債の方がリスク・リターンともに低くなります。

つまり、劣後債は株と社債の中間に位置する商品ということが分かります。

早期償還されることがある

劣後債の中には、早期買取条項が付与されているものもあります。

早期買取条項とは、発行されている債券を、発行者が満期前に買い取ることができる条項です。この条項があると、発行者は任意で債券を償還させることができます。

投資家側からすると、せっかくハイリターンを狙って劣後債を購入したのに、早々と償還されてしまうため、利益を得る機会が減ってしまいます。

投資金額が大きい

劣後債は、最低投資額が100万円〜、200万円〜と、かなり大きいです。投資に回す資金が少ない人には、なかなかハードルが高いといえます。

ただ、最近では、投資金額が10万円からの劣後債も登場していますので、色々と探してみるのが良いと思います。

サラリーマン康二
また、最新の投資情報について知りたい方は、公式メルマガにて発信していますので、下記から登録してみてください。

↓【期間限定】『投資の教科書』を配布中!

金融機関にとっての劣後債

劣後債を使って自己資本比率を高められる

劣後債は、金融機関が好んで発行する債券です。

実を言うと、金融機関が劣後債を発行すると、一定の制限はありますが、発行額を自己資本比率規制における「資本」として計上することができます。

つまり、金融機関にとって、劣後債は自己資本比率を高めるの手段の一つなのです。

5年で早期償還されることが多い

劣後債の発行者は金融機関が多いですが、劣後債を発行して5年ほどで早期償還することが多くなっています。というのも、金融機関の会計処理上、5年で償還した方が有利に働くからです。

先ほど早期買取条項の説明をしましたが、それがこの時に発動されるのです。

金融機関の発行する劣後債に投資する時には、発酵後5年で早期償還されることを念頭に置いた方がいいでしょう。

劣後債のまとめ

今回は、あまり聞き慣れない「劣後債」について解説してきました。

劣後債に投資する機会は滅多にないと思いますが、ぜひ言葉の意味だけは分かるようにしましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



【期間限定】『投資の教科書』を配布中!





国内取引所はビットフライヤーがおすすめ!


"bitFlyer
 

bitFlyerの登録方法 

   

bitFlyer公式サイト




ビットコインの手数料がマイナス!ザイフ



 

Zaifの登録方法

   

Zaif公式サイト




海外取引所は世界最大のバイナンスがおすすめ!



 

Binanceの登録方法

   

Binance公式サイト




LINEでも投資情報を配信中!





ピックアップ記事

  1. ボロ築古物件には要注意!不動産投資で失敗しないためのポイント
  2. 不労所得の作り方!家賃収入を受け取れる収益不動産とは?
  3. 債券投資の入門!投資初心者が知っておきたい債券の基礎知識
  4. 株で損したくない人必見!株の初心者が押さえておきたい株式投資のポイント
  5. 好きなことを好きなだけ考えてみましょう!

関連記事

  1. 投資の基礎知識

    なぜ海外ETFはおすすめなの?メリット・デメリットとは

    あなたはETFをご存知でしょうか?ETFは本当にメリット盛りだ…

  2. 投資の基礎知識

    初心者でも分かるサブリース契約とは!解約トラブルに気をつけよう

    不動産投資で最も頭を悩ます「空室問題」に対処する方法として、「サブリー…

  3. 投資の基礎知識

    投資信託の解約タイミングはいつがベスト?利益を最大化しよう

    投資信託のメリットは、何と言っても投資のプロに運用を任せられることです…

  4. 投資の基礎知識

    管理会社とは?知っておきたい管理会社の正しい選び方

    不動産投資において大切なのが「管理会社選び」です。いい管理会社を選択す…

  5. 投資の基礎知識

    扶養には入った方がいいの?扶養のメリット・デメリットとは

    あなたは、扶養には「税法上の扶養」と「社会保険上の扶養」の2種…

  6. 投資の基礎知識

    ファンドラップと投資信託の違いとは?ラップ口座がおすすめできない理由

    最近、ラップ口座が投資家の間で人気です。もともとは富裕層を対象…

おすすめの記事

  1. 投資の基礎知識

    譲渡性預金(CD)とは?基本から分かりやすく解説します
  2. 投資の基礎知識

    ファンドラップと投資信託の違いとは?ラップ口座がおすすめできない理由
  3. 投資の基礎知識

    金の投資は儲かるの?金投資の基本を分かりやすく解説
  4. 投資の基礎知識

    結婚後の夫婦のお金の管理方法とは?どれが一番おすすめ?
  5. 投資の基礎知識

    外国債券への投資はなぜおすすめできる?基本をわかりやすく解説
PAGE TOP