投資の基礎知識

FXのスイングトレードとデイトレードの手法をわかりやすく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FXと言ったら、1日中パソコンの前で取引している「デイトレード」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

でも、実際にデイトレードの詳細なやり方について知っている人は少ないと思います。

そこで、今回は気になるデイトレードの仕組みについてご紹介したいと思います。この記事を参考にして、デイトレードの世界に足を踏み入れてみてください!

(この記事は、過去に書かれた記事を2018年7月6日に加筆修正したものです。)

FXとデイトレードの基本

まずはFXとデイトレードの基礎知識から確認しましょう。

そもそもFXとは

FXとは「Foreign Exchange」の略で、日本語では「外国為替証拠金取引」といい、外国の通貨を売買し、差益を狙うのがFXの特徴です。

為替レートの変動によって利益が出ることもあれば、損失を出してしまうこともあります。

FXは比較的小額から取引を始められ、24時間いつでも取引が可能なため、主婦からサラリーマンまで多くの人に人気があります。

また、レバレッジをかけることで、より多くのリターンを狙うことができます。

FXのトレード手法

FXのトレード手法は、トレード時間で分類すると以下の4種類に分けられます。

スキャルピング

スキャルピングとは、超短期トレードで利益を狙う取引手法です。

取引時間は数秒〜数分間で、一回あたりの利益は小さいですが、短い時間の間で、一定方向に動く相場で利益を狙うことから、利益が出る確率は高くなります。

デイトレード

デイトレードとは、1日の中で取引を完結させる取引手法です。一日の終わりにはポジションはゼロにして終わるのが基本です。

買いなり売りなりポジションを持った場合には、相場が目標に達するまで我慢する忍耐力が必要です。

この記事ではこのデイトレードを取り上げますので、詳細は後ほど詳しく解説します。

スイングトレード

スイングトレードとは、数日から数週間程度の相場一周期での値動きを利用した取引手法です。

取引期間としては中期的で、大きな相場の波を捉えた後は、見ているチャートの波が終わるまでポジションを持ち続けることになります。

ポジショニングトレード

ポジショニングトレードでは、数週間から数ヶ月、時には数年にわたり長期的にポジションを保有する取引手法です。

頻繁に取引するわけではないので、日頃相場をあまり見ない人にはオススメです。

大きなトレンドを利用して利益を狙うため、基本的にはテクニカル分析を重視しますが、ファンダメンタル分析も重要となってきます。

FXのデイトレードの始め方

こちらでは、FXトレードの始め方を簡単にご紹介したいと思います。

ネットバンキングの口座を開設する

インターネットバンキングを利用すると、パソコン上で24時間いつでもFX口座へ入金が可能なため、使い勝手がいいです。また、手数料が無料の場合も多く、お得に入出金することができます。

ネットバンキングを利用しなくても、銀行のATMからFX口座へ振込で入金することもできますが、デイトレードは短期決戦のためチャンスを棒に振ってしまう可能性があります。

すぐに取引したいと思っても、ATMまで行って振込する時間と、振込が反映される時間を考えると、タイミングを逃してしまうことが考えられます。

FX口座を開設する

インターネットバンキングの口座が開設できたら、続けてFXの口座を解説します。

開設方法としては、FX会社を選び、口座開設の申し込みをし、審査が通ったら口座を開設されます。

そして、口座開設ができたら、いよいよ資金を入金して取引を開始します。

FX会社選びのポイント

いざFXを始めようと思っても、FX会社はたくさんありますので、その中から選ぶのは非常に骨が折れます。

こちらでは、そんなFX会社の選び方のポイントをご紹介します。

スプレッドが小さいか

まず第一条件として、スプレッドが小さい会社を選びましょう。

スプレッドというのは、FX会社が設定している買値と売値の差のことをいいます。

よく「1ドル=100円10銭〜50銭」という表記を目にしますが、売値が「100円10銭」、買値が「100円50銭」ということです。

つまり、買値と売値の差である「50銭」がスプレッドとしてFX会社の手数料収入となるのです。

よって、スプレッドの小さいFX会社を選ぶことで、お得に取引できます。

取引ツールが充実しているか

FX会社を選ぶ際に大切なのが、取引ツールの充実具合いです。

取引ツールは使う人によっては操作が分かりづらかったり、使いにくいものもありますので、自分にあったツールであることはとても重要です。

最近ではスマートフォンで取引する人も多くなりましたので、アプリの使い勝手も重要なな判断材料です。

売買手数料が掛かる会社もある

多くのFX会社が売買手数料を無料としていますが、中には売買手数料が掛かる会社もあります。

しかし、売買手数料が掛かる分、スプレッドを小さくしている会社もありますので、売買手数料が掛かるからといって一概に損をするとは限りません。

自分の取引状況によっては、得することもあれば損することもありますので、よく考えてからFX会社を選びましょう。

デイトレードの具体的な取引手法

ここからは、いよいよデイトレードの基本的な方法について解説します。

基本的な取引手法

FXのデイトレードは短期決戦です。小さな相場の変動でこまめに利益を得て、時には損失も出ることがあります。

ただし、最終的に1日トータルでプラスの利益が出ていれば良いと考えます。

また、相場変動もそこまで大きくないため、レバレッジを上げなければ、リターンが少ないですがリスクも少なく取引できます。

トレンドを的確に捉える

デイトレードで大切なことは、トレンドを上昇トレンドや下降トレンドを的確に捉えて取引することです。

相場が上がると思ったら「買い」、相場が下がると思ったら「売り」の注文をします。

トレンドがある時には通貨取引が多くされていますので、トレンドの始まりと終わりを見極めることで大きな利益を狙うことができます。

レバレッジをかける

為替レートがそこまで大きく変動することは稀です。

では、どうすれば少ない変動から利益を得られるかというと、それはレバレッジをかけることです。

レバレッジをかけることで、10万円の自己資金でも100万円の取引が可能となり、わずかな相場の変動からでも利益を得ることができます。

ですが、取引に慣れるまでは初心者はレバレッジは低めにしておきましょう。

チャートを分析する

デイトレードをするには相場の分析が欠かせません。

そして、日本で最も人気なチャートがローソク足チャートです。これは、通貨の動きを視覚的に捉えやすいように、ある一定の時間で相場を区切り、その間の値動きをローソク状に表したものをいいます。

短期売買を繰り返すデイトレードは、通常は5分づつ相場を区切った5分足を見ながら取引を進めます。また、日足や一時間足などの期間が長いチャートから分析することで、相場を捉えやすくなります。

損切りをする

FXは常に利益があげられるわけではありませんが、時には損失が出てしまうこともあります。

この時に大切なのが、大きな損失を出す前に、損失を覚悟で取引を終了する「損切り」を行うことです。

もしも損切りができないと、どんどん損失が拡大し、最終的には「ロスカット」という強制決済システムによって損失が確定してしまいます。

取引を始める前には、しっかりと損切りをする水準を決めるようにしましょう。

テクニカル分析をする

テクニカル分析というのは、過去の相場の値動きパターンから将来の値動きを予想する分析方法です。

テクニカル分析を利用することで、単なる勘に頼らず適切に相場を予想することができます。

テクニカル分析は、トレンドを元に分析する「トレンド系」、買われ過ぎや売られ過ぎを分析するオシレーター系に分類することができます。

自分に合う分析手法を一通り試してみるといいでしょう。

デイトレードに適した時間帯

FXはたしかに24時間いつでも取引できますが、取引に適した時間帯があります。

例えば、東京の指標が発表される9時からの時間帯や、ヨーロッパの市場が動き始める16時からの時間帯、ニューヨーク市場が動き始める22時からの時間帯はデイトレードに適していると言われています。

また、経済指数が発表される時間帯は取引相場が大きく動くことも多いため、要確認です。

特に毎月発表されるアメリカの雇用統計発表時は相場が大きく変動することが多いです。

サラリーマン康二
また、最新の投資情報について知りたい方は、公式メルマガにて発信していますので、下記から登録してみてください。

↓【期間限定】4大特典をプレゼント中!

FXのデイトレードのまとめ

以上、FXのデイトレードについて簡単にご紹介してきました。この記事を参考に、デイトレードの勉強を始めてみてはいかがでしょうか?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



公式メールマガジンにて最新情報配信中!





国内取引所はビットフライヤーがおすすめ!


"bitFlyer
 

bitFlyerの登録方法 

   

bitFlyer公式サイト




ビットコインの手数料がマイナス!ザイフ



 

Zaifの登録方法

   

Zaif公式サイト




海外取引所は世界最大のバイナンスがおすすめ!



 

Binanceの登録方法

   

Binance公式サイト




LINEでも投資情報を配信中!





ピックアップ記事

  1. 築古物件は儲かるの?中古物件には要注意!
  2. 投信積立で資産形成をしよう!積立投資のメリットとデメリット
  3. 人のせいにする人ではなく、自分のせいにする人へ。
  4. トランクルームとは??トランクルーム投資の基本〜不労所得の作り方〜
  5. 日常には幸せがいっぱいです!運のいい人になるにはラッキーと考える!

関連記事

  1. 投資の基礎知識

    債券の種類とその魅力〜債券投資で知っておきたいこと〜

    今回は、債券投資を始めるにあたって最低限必要な知識についてまとめました…

  2. 投資の基礎知識

    割引債とはどんな投資なの?債券の基本を理解しよう!

    債券投資を始めたいと思っている人の中には、割引債という言葉を聞いたこと…

  3. 投資の基礎知識

    プライベートエクイティ(PE)ファンドとはどんなファンドなのか?

    (この記事は、過去に書かれた記事を2018年2月27日に加筆修正したも…

  4. 最新投資ニュース

    大手ビットコイン取引所が中国での取引を停止

    中国大手取引所BTCCが取引を一時停止へ中国の3大ビットコイン取引…

  5. 投資の基礎知識

    株式投資の銘柄の選び方と売買の仕組みを解説

    「投資といったら株式投資」というぐらい、株式投資は身近な投資ですよね。…

  6. 投資の基礎知識

    【仮想通貨のまとめ】仮想通貨の特徴とデメリットは??

    最近、ビットコインを始めとした仮想通貨が注目を集めていますね。…

おすすめの記事

  1. 投資の基礎知識

    仮想通貨の儲け方とは?仮想通貨で利益を上げる7つの方法を解説
  2. 投資の基礎知識

    bitFlyerに入金が反映されない時の対応とは?入金方法・手数料を解説
  3. 投資の基礎知識

    ビットバンクでリップルを購入すべき理由。手数料が無料!
  4. 投資の基礎知識

    仮想通貨ウォレットの仕組みを解説!どの保管方法が一番いい?
  5. 投資の基礎知識

    個人向け社債がお勧めできない本当の理由とは?投資時の注意点を解説
PAGE TOP