投資の基礎知識

新規公開株(IPO)の正しい投資方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新規公開株への投資(IPO投資)は、株式投資の中でも高確率で利益を上げられる投資方法で、多くの投資家の間で非常に人気があります。

この記事では、そんな魅力たっぷりのIPO投資について解説していきますので、IPO投資への理解を深めてください!

(この記事は、過去に書かれた記事を2018年7月6日に加筆修正したものです。)

IPO投資の基本と魅力

新規公開株(IPO)とは

IPO投資の説明に入る前に、新規公開株とは何かについて、解説していきます。

そもそも新規公開株とは、新しく市場で公開される株式のうち、公募価格で販売されるものをいいます。もっと簡単にいうと、新規上場企業の発行する株のことです。

ちなみに、IPOとは「Initial Public Offering」の頭文字をとったもので、日本語に直すと「新規公開株」となります。

新規公開株への投資はなぜ儲かるの?

では、なぜ新規公開株への投資は儲かるのでしょうか?

そもそも新規公開株を発行する企業側としては、発行した株式を全て確実に売り切り、資金を調達したいと考えています。

IPO株を全て売り切るため、株が売りに出される公募価格は、通常よりも安い値段がつけられることが多くなっています。

このように公募価格は予想される株価よりも低く設定されていますから、IPO株は高い確率で高値で売ることができるのです。

これが、新規公開株への投資が儲かるカラクリです。

ちなみに、IPO投資で儲かる確率は7割以上と言われています。

新規公開株で利益を上げる方法

IPO株の申し込みに当選した人には、その企業が上場する前にIPO株が手渡されます。

上場当日になると、市場で株価が付き(初値)、この株価が公募価格よりも高い場合には、新規公開株を市場で売却することで利益を得ることができます。

過去の経験からいうと、初値が公募価格を上回るのは、7割以上の確率と言われています。

つまり、新規公開株への投資は、高い確率で利益が狙えるのです。

新規公開株の買い方

新規公開株の買い方としては、主に2つあります。

①証券会社の抽選で当てる

新規公開株を買う一番ポピュラーな方法が、証券会社の抽選を通じて購入する方法です。

新規公開株への投資が儲かることは、すでに多くの投資家が知っていること。

そのため、新規公開株が発行される際には、多くの投資家が購入に殺到することになり、抽選になることがほとんどなのです。

新規公開株は、証券会社を通じて申し込みの手続きを行います。

当選確率を上げるためには、複数の証券会社に口座を解説し、それぞれの証券会社から申し込みをするといいです。

②証券会社に融通してもらう

新規公開株の購入方法は、何も抽選だけではありません。

証券会社の担当者と馴染みがある場合には、新規公開株を融通してもらうこともできます。

ただし、この場合には、その証券会社に相当のコネがないといけません。

普通の個人投資家が行うには、非現実的な方法といえます。

サラリーマン康二
また、最新の投資情報について知りたい方は、公式メルマガにて発信していますので、下記から登録してみてください。

↓【期間限定】4大特典をプレゼント中!

IPO投資のリスク

IPO株の抽選に当たりづらい

IPO投資はたしかにオススメですが、IPO株の抽選の際には申し込みが殺到し、抽選になかなか当たりづらいというリスクがあります。

当選確率を上げるためには、複数の証券会社に口座を開設し、それぞれの証券会社からIPO株に申し込むことです。

IPO株は各証券会社ごとに割り振られるため、それぞれの証券会社から申し込めば、当選確率は上がります。

また、主幹事の証券会社に申し込むの手です。IPO株は複数の証券会社に割り振られますが、その多くは主幹事の証券会社に割り振られます。

そのため、主幹事の証券会社からIPO株を申し込めば、それだけ当選確率を上げることができるのです。

公募割れすることがある

IPO投資は勝率が高いといえますが、まれに上場銘柄の人気が出ず、株が売れ残ることがあります。

こうなると始値が伸びず、公募価格を下回ることもあります。

公募割れするかどうかを判断するためには、上場予定の企業が世間で注目されているのか、業績や評判はどうなっているか、こういった情報を確かめておく必要があります。

IPO株は乱高下が激しい

IPO株が上場したての頃は、株価が上下しやすく、安定しない特徴があります。

IPO株の鉄則としては、上場して初値がついた時点で、即、株を売却することです。これで株価の変動リスクは回避でき、およそ7割の確率で利益を上げることができます。

また、株価が乱高下することを利用して、しばらく株を持ち続けるのもありです。

中には株価が1ヶ月で2倍をつける企業もあります。業績や評判がいい優良企業の銘柄を対象に、挑戦してもいいかもしれません。

IPO投資のまとめ

いかがでしたでしょうか??

株式投資というとリスクが高そうに思えますが、IPO投資は堅実に利益を上げられる投資方法なのです。

興味を持った方は、ぜひIPO投資にチャレンジしてみてくださいね!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



公式メールマガジンにて最新情報配信中!





国内取引所はビットフライヤーがおすすめ!


"bitFlyer
 

bitFlyerの登録方法 

   

bitFlyer公式サイト




ビットコインの手数料がマイナス!ザイフ



 

Zaifの登録方法

   

Zaif公式サイト




海外取引所は世界最大のバイナンスがおすすめ!



 

Binanceの登録方法

   

Binance公式サイト




LINEでも投資情報を配信中!





ピックアップ記事

  1. 株で損したくない人必見!株の初心者が押さえておきたい株式投資のポイント
  2. 知っておこう!太陽光発電のメリット・デメリット
  3. ご存知ですか?GameCredits(ゲームクレジット)の価値がいま上昇中!
  4. 知っておきたい金投資のデメリットと金ETFとは
  5. 投資信託の解約タイミングはいつが良い?解約タイミングの解説

関連記事

  1. 投資の基礎知識

    インデックスファンドとは?その魅力と利益の上げ方

    最近、インデックスファンドという言葉を耳にすることが多くなってきました…

  2. 投資の基礎知識

    ご存知ですか?サラリーマン大家が失敗する理由と不動産投資のリスク

    給料に変わる副収入として、不動産投資を検討される人も多いことでしょう。…

  3. 最新投資ニュース

    「ビットコインは詐欺」発言のJPモルガンCEO、訴えられる

    JPモルガンCEOが相場操縦で訴えられる「ビットコインは詐…

  4. 投資の基礎知識

    マイ ホーム特例とは?家を売却する際の不動産会社の選び方

    せっかく念願のマイホームを購入しても、やむを得ない理由で売却を余儀なく…

  5. 投資の基礎知識

    株の空売りは規制解除を狙うべき!空売りの方法を解説!

    株式投資と聞くと、株価が値上がりしている時にしか利益をあげられないよう…

  6. 投資の基礎知識

    ETFの3つのデメリットとは!ETFの基本と海外ETFとの違い

    投資初心者が一番悩むことは、まずどの投資から始めるかということです。そ…

おすすめの記事

  1. 投資の基礎知識

    ビットフライヤーの高機能チャート、ライトニングの使い方とは?
  2. 投資の基礎知識

    ビットフライヤーの二段階認証と登録方法をまとめて解説
  3. 投資の基礎知識

    仮想通貨で分散投資が有効な理由とは?最強のポートフォリオを解説
  4. 投資の基礎知識

    特定口座の源泉徴収あり・なしの違いとありを選択した方がいい理由
  5. 投資の基礎知識

    仮想通貨取引所の仕組みを理解しよう!どの取引所がおすすめ?
PAGE TOP