投資の基礎知識

スキャルピングで勝つにはテクニカル分析が大切!基本手法を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは「スキャルピング」という取引手法をご存知でしょうか?

スキャルピングとは、デイトレードよりもさらに短い期間でトレードを行う投資スタイルです。

この記事では、スキャルピングの基本から始まり、メリットや注意点について解説していきます。

(この記事は、過去に書かれた記事を2018年7月5日に加筆修正したものです。)

FXのスキャルピングの基本

スキャルピングとは

そもそも「スキャルピング」とは、インディアンの「頭皮を剥ぐ」という風習が語源です。

薄く剥ぐという意味から転じて、投資において薄い利益を積み上げて稼ぐ手法をスキャルピングと呼ぶようになりました。

スピード重視で取引する

スキャルピングの取引時間は、数十秒から数分といった非常に短いものです。

ポジションが短いため、価格の変動幅が抑えられ、それだけリスクを軽減することができます。

取引一回あたりの利益は小さいですが、取引を何回も行うことで、利益を積み上げていくスタイルです。

デイトレードやスイングトレード

FXには、スキャルピング以外にも、デイトレードやスイングトレード、ポジショントレードといった取引手法があります。

しかし、これらの取引手法と比べても、スキャルピングは利益確定までが非常に早いです。

取引時間が短いため、為替変動の影響も限定的され、レバレッジを使って大きな利益を狙っていくことも可能です。

ただし、他の投資手法と比べて1回あたりの利益が非常に少ないため、それだけ取引を多くこなす必要があります。

なお、もともとスキャルピングという投資手法はありませんでしたが、インターネットの普及によって、それが実現しました。

スキャルピングのメリット

スキャルピングには一体どのようなメリットがあるのでしょうか?

ここから詳しく解説していきます。

相場の影響をほとんど受けない

スキャルピングはそもそもポジションを長く持たないため、相場の変動やトレンドの影響をほとんど受けません。

もしも相場とは違ったポジションを持っていても、短期間のうちに損切りすることができるため、損失のリスクを最小限に抑えられます。

短期間でも結果が出せる

スキャルピングはとにかく短い時間で利益を積み重ねていく取引ですので、短期決戦型のスタイルです。

そのため、サラリーマンや主婦で時間が取れない人でも、例えば夜の1時間だけの取引でも利益を上げることができます。

相場を持ち越すことがない

スイングトレードやポジショントレードをしていると、ポジションを翌日まで持ち越す必要があるため、相場の変動が気になって夜も寝付けないということがあります。

その点、スキャルピングはポジションを持ち越すことがないため、メンタル的に優しく、夜も安心して寝られます。

取引回数をこなすため、経験値が早く詰める

スキャルピングはとにかく取引回数を多くこなすため、経験値が早く詰めるメリットがあります。

基本的には同じようなトレードパターンの繰り返しのため、自分の取引の問題点などを把握しやく、経験を積みやすいといえます。

自動取引もできる

一定の値幅で相場が上下を繰り返すレンジ相場にいると、上昇と下降の始まりさえ分かってしまえば、自動取引をすることも可能です。

現在では自動取引用のソフトも販売されていますので、自動取引を設定することで、時間を取られることなく自動的に取引することができます。

サラリーマン康二
また、最新の投資情報について知りたい方は、公式メルマガにて発信していますので、下記から登録してみてください。

↓【期間限定】4大特典をプレゼント中!

スキャルピングの注意点

スプレッドの影響を受けやすい

スプレッドとは、要は取引を行うときにかかる手数料です。

スキャルピングはとにかく取引回数が多いため、それだけ取引手数料が膨らんでしまうデメリットがあります。

スプレッドが広い会社を選ぶと利益が出にくくなるため、スプレッドが狭いFX会社を選ぶようにしましょう。

瞬時の判断力が必要とされる

スキャルピングは、何と言っても一瞬の判断力で勝負が決まります。

つまり、一瞬の迷いで決済ができず、利益を取り逃すこともあるのです。

自分独自の取引ルールを決めておくことに加え、素早い判断力が必要とされます。

インターネット環境も大切

スキャルピングをする際には、インターネット回線の安定性も大切です。

もしも取引中に回線の不具合があると、利益を逃して損失を被る可能性があります。

有線回線での取引をメインにし、念のためサブ回線を用意するなどの環境を整えることが大切です。

口座凍結の恐れがある

スキャルピングをしていると、FX会社によっては口座凍結される恐れがあります。

さて、スキャルピングには「分スキャルピング」と「秒スキャルピング」の2種類があります

分スキャルピングは決済までに数分かける取引のため、そこまで問題はありません。

ところが、1分以内に何度も取引を繰り返す秒スキャルピングの場合、FX会社側のサーバーへの負担が大きくなるため、最悪の場合には口座を凍結される恐れがあります。

特に自動取引を利用している場合には注意が必要です。

スキャルピングを始めるにあたって

スキャルピングには様々なメリット・デメリットがありますが、やはり投資初心者がいきなり利益を出すのは困難でしょう。

まずは他の取引手法から始めて経験を積み、慣れてきてから環境を整備し、スキャルピングを始めた方がいいでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



公式メールマガジンにて最新情報配信中!





国内取引所はビットフライヤーがおすすめ!


"bitFlyer
 

bitFlyerの登録方法 

   

bitFlyer公式サイト




ビットコインの手数料がマイナス!ザイフ



 

Zaifの登録方法

   

Zaif公式サイト




海外取引所は世界最大のバイナンスがおすすめ!



 

Binanceの登録方法

   

Binance公式サイト




LINEでも投資情報を配信中!





ピックアップ記事

  1. 毎日は小さなで奇跡いっぱい!!
  2. 新築木造アパートにはメリット盛りだくさん!サラリーマン大家が失敗しないポイント
  3. 低解約返戻金型終身保険のデメリットに注目しよう!学資保険より有利?
  4. 債券の格付けは大切!格付けを理解し投資を行いましょう
  5. プラチナにも先物投資がある?プラチナ投資の基本と種類

関連記事

  1. 投資の基礎知識

    投資信託の手数料は安いほうがいい!信託報酬の基本

    投資初心者にオススメな投資が投資信託です!しかし、分配金などに…

  2. 投資の基礎知識

    ハイイールドファンド債とは?その魅力とリスクを徹底解説

    投資信託の中には、高利回りなハイイールド債ファンドというものがあります…

  3. 投資の基礎知識

    社債とは?社債の魅力とリスクについて

    社債については、多くの人が知っていると思います。しかし、社債に投資して…

  4. 投資の基礎知識

    ラップ口座とは?ラップ口座をおすすめできない理由を解説します

    最近、ラップ口座の人気があるようです。ラップ口座というのは、証…

  5. 投資の基礎知識

    ETFのデメリットを理解しよう!ETFの基本を徹底解説

    あなたは『ETF』を知っていますか?ETFとは市場に上場してい…

  6. 投資の基礎知識

    ラップ口座のデメリットとは?手数料が高いのがネック

    個人投資家向けに、ラップ口座というものが流行り始めているようです。まだ…

おすすめの記事

  1. 投資の基礎知識

    コインチェックは二段階認証しよう!設定方法と口座開設方法の解説
  2. 投資の基礎知識

    DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の登録方法を8ステップで解説!!
  3. 投資の基礎知識

    成行注文とは?投資初心者が押さえたい株の売買の仕組みのまとめ
  4. 投資の基礎知識

    ビットフライヤーの高機能チャート、ライトニングの使い方とは
  5. ブログ

    会社がつまらない。不満ばかりの現状を改善するたった一つの方法
PAGE TOP