投資の基礎知識

ワラント債とはどんな投資?投資する時の注意点とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは、「ワラント債」というものをご存知でしょうか?

ワラント債は、言わば株と債券の中間に位置する金融商品です。株式投資のような高いリターンを期待できる一方、債券のような安全性も備えているのです!

この記事では、そんなワラント債についてご説明していきます。

(この記事は、過去に書かれた記事を2018年6月8日に加筆修正したものです。)

ワラント債の基本

まずは、ワラント債の基本的な仕組みから確認しましょう。

ワラント債とは

ワラント債とは「新株予約権付き社債」と呼ばれ、名前の通り株式に転換できる社債のことをいいます。ワラント債を持っていると、債券を発行した会社が株式を発行する際に、株式を優先的に買うことができます。

ただ、優先的に株を買う権利があるにすぎませんので、新株の購入する際には、その購入代金を自分で負担する必要があります。

ワラント債の仕組みは、デリバティブ(金融派生商品)のオプション取引に当たり、社債と株式を組み合わせたハイブリッド型債券といえます。

転換社債とは

ワラント債に似た商品として「転換社債」があります。

転換社債は、文字通り株式に転換できる権利のついた社債のことです。社債を発行した会社が上場したタイミングで転換社債の権利を行使すれば、株を売って大きな利益を得ることができます。

なお、転換社債を行使すると、社債自体が消えて株式に変わります。ワラント債のように株式の購入代金を支払う必要はありません。

発行する目的

ワラント債の発行者で多いのが、株式の公開を目指しているベンチャー企業などがあります。こういった企業は、知名度が低いため株式による資金調達には限度があります。

社債で資金調達しようにも、普通の社債ではなかなか投資家の資金が集まりません。

そんなときに、ワラント債を発行することで、投資の旨味を増やし、投資家の資金が集まりやすいようにしているのです。

ワラント債と転換社債との違い

ワラント債と転換社債は、基本的にほとんど同じです。

唯一の違いが、ワラント債は株式に転換する際に代金を支払う必要がありますが、転換社債にはその必要がないことです。

また、ワラント債は「新株予約権」の部分だけを切り離して売買することもできます。

ワラント債のメリット

ここからは、ワラント債に投資するメリットについて見ていきましょう!

株式の売却益が得られる

ワラント債を持っていると、あらかじめ決められた価格で好きな時に株式を購入することができます。

そこで、ワラント債を発行した会社の株価が上昇した時に新株予約権を行使することで、安い価格で株式を購入し、それを高い値段で売って売却益を得ることができます。

これなら、リスクゼロで投資できますね。

新株予約権を社債と分離して売却する

ワラント債の中には、新株予約権部分を社債部分と切り離して別々に販売できるものがあります。このタイプのワラント債を分離型ワラント債といいますが、社債部分は売らずに新株予約権部分だけ売却することで、売却益を得ることができます。

権利行使しても社債はそのまま残る

ワラント債のいいところは、新株予約権を行使しても、社債部分はそのまま残るところです。ですので、新株予約権を行使して株式の売却益を得ることに加え、社債から利息収入も得ることができます。

非常に融通のきくのが、ワラント債の大きなメリットです。

サラリーマン康二
また、最新の投資情報について知りたい方は、公式メルマガにて発信していますので、下記から登録してみてください。

↓【期間限定】4大特典をプレゼント中!

ワラント債のまとめ

今回は、ワラント債の基本的な内容について解説してきました。

社債と株式の中間の商品であるワラント債に投資すれば、あなたの投資の幅がより広がると思います!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



公式メールマガジンにて最新情報配信中!





国内取引所はビットフライヤーがおすすめ!


"bitFlyer
 

bitFlyerの登録方法 

   

bitFlyer公式サイト




ビットコインの手数料がマイナス!ザイフ



 

Zaifの登録方法

   

Zaif公式サイト




海外取引所は世界最大のバイナンスがおすすめ!



 

Binanceの登録方法

   

Binance公式サイト




LINEでも投資情報を配信中!





ピックアップ記事

  1. 【毎日を楽しむ方法】自己否定をなくし自分を認めることの大切さ
  2. 発行市場・流通市場とは?投資初心者が知っておきたい基本とは
  3. 投資信託の解約手数料はいくら?知っておきたい投資信託の手数料
  4. FXの取引手数料は意外とかかる!?手数料の内訳と証券会社の選び方
  5. 投資信託の正しい選び方とは?押さえるべき7つのポイント

関連記事

  1. 投資の基礎知識

    あなたも海外投資家になろう!海外投資の始め方とは?

    今の日本は、日銀のゼロ金利政策の影響で、預金の金利も低水準で推移してい…

  2. 投資の基礎知識

    外貨投資はどれがいい?外貨建てMMF・債券・投資信託のリスクとリターン

    現在、日本の銀行の預金金利は非常に低くなっています。銀行預金にお金を預…

  3. 投資の基礎知識

    ETFの3つのデメリットとは!ETFの基本と海外ETFとの違い

    投資初心者が一番悩むことは、まずどの投資から始めるかということです。そ…

  4. 最新投資ニュース

    ビットコインは詐欺と発言したJPモルガンCEO、また失言。相場操縦の疑いも

    JPモルガンCEOがまた問題発言米大手金融機関JPモルガンのCEO…

  5. 投資の基礎知識

    フルローンとは?不動産投資ローンの基礎知識

    不動産投資を始めるためには、不動産投資ローンを利用する必要があります。…

  6. 投資の基礎知識

    不動産所得とは?遊休地を使って賢く土地活用する方法

    土地を更地で持っていると、固定資産税や都市計画税がそのままかかってしま…

おすすめの記事

  1. 投資の基礎知識

    ビットコインとイーサリアムは投資するならどちらがベスト?
  2. 投資の基礎知識

    ビットバンクはリップルの取引がおすすめ!手数料が無料へ
  3. 投資の基礎知識

    GMOコインの登録方法と口座開設方法は8ステップで完了!
  4. 投資の基礎知識

    ビットフライヤーの高機能チャート、ライトニングの使い方とは?
  5. 投資の基礎知識

    お金を貯めるコツを公開!お金が貯まる人の共通点とは?
PAGE TOP