投資の基礎知識

積立NISAにはデメリットがない?メリット盛りだくさんの理由とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは「つみたてNISA」をご存知でしょうか?

実は2018年1月より、現行のNISAに加えて「つみたてNISA」と呼ばれる制度が始まりました。制度をうまく活用すれば、老後の資金をお得に準備することができます。

この記事では、私たちサラリーマンにとってはメリット盛りだくさんのつみたてNISAについて解説していきます。

ぜひあなたも、来年から始まるつみたてNISAに挑戦してみてはいかがでしょうか?

(この記事は、過去に書かれた記事を2018年6月8日に加筆修正したものです。)

つみたてNISAの基本

つみたてNISAとは

つみたてNISAは、2018年1月より開始される非課税口座のことです。

もともと少額投資非課税制度として現行のNISAがありますが、現行NISAを利用した投資額の6割ほどを占めるのが、60代以上の高齢者だといいます。

もっと若年層にもNISAを利用してもらいたいと考えた政府は、手元資金がそこまでなくてもNISAを始められるよう、つみたてNISAという制度を作りました。

参照:楽天証券

投資対象は投資信託のみ

つみたてNISAの投資対象は、投資信託のみです。現行NISAの投資対象は株や投資信託、ETFなどですが、それに比べてだいぶ絞り込まれています。

また、選択できる投資信託の種類も、国が定めた基準を満たす投資信託のみです。

非課税期間は20年

つみたてNISAの非課税期間は20年と決められています。現行NISAの非課税期間が5年間ですから、それに比べて4倍も非課税期間が長いことが分かります。

つまり、つみたてNISAを使えば、20年もの長期間に渡って、税金を節約できるのです。

非課税枠は年間40万円

つみたてNISAの非課税枠は、年間で40万円です。つまり、月に約33,000円を積み立てられるのです。これぐらいの少額なら、サラリーマン家庭でも毎月積立投資ができますね。

ここで、非課税枠の合計について検討してみます。

つみたてNISAの非課税枠は、40万円×20年=800万円です。一方、現行NISAの非課税枠は120万円×5年=600万円となります。

つみたてNISAの方が、非課税枠が多いことが分かります。

つみたてNISAと現行NISAは併用できない

つみたてNISAを始める場合には、現行NISAと併用することはできません。どちらか一つを選択する必要があります。

長期投資を行いたいのならつみたてNISAを、株やリートなどで短期的に投資を行いたいのなら現行NISAを選択するといいでしょう。

なお、現行NISAにについて知りたい人は、「NISAは5年後どうなる?NISAのデメリットをしっかりと理解しよう!」もご覧になってください。

現行NISAを利用している人も、つみたてNISAを利用することはできます。その場合、現行のNISA口座内の商品には、5年間の非課税枠がきちんと適用されます。

iDeCo(確定拠出年金)とは何が違うの?

いつでも引き出しできる

つみたてNISAとiDeCoとの一番の違いは、つみたてNISAはいつでも引き出しができるということです。これに対して、iDeCoは60歳まで払い出しすることができません。

そもそもNISAの目的は、貯蓄から投資への動きを拡大するためですので、いつでも資金を引き出すことが可能です。一方、iDeCoはあくまで老後の年金作りが目的のため、60歳以上からしか払い出しができないという制限があるのです。

所得控除がない

つみたてNISAとiDeCoの次の違いが、所得控除があるかないかです。

iDeCoは掛け金が所得控除の対象となりますが、つみたてNISAにはそういった控除の制度はありません。

つみたてNISAとiDeCoには、それぞれメリット・デメリットがあるのです。

つみたてNISAが向いている人

コツコツ積み立てて投資をしたい人

つみたてNISAが向いている人は、一回でまとめて投資を行うのではなく、毎月少額ずつ少しずつ積み立てていきたい人です。

つみたてNISAの年間投資金額は40万円未満ですから、月に直すとおよそ33,000円ずつ投資可能ということです。積立期間は20年ありますから、長く長期的に積立投資をしていきたい人にとって、つみたてNISAは打って付けの制度といえます。

自分に合った商品を選べない人

投資信託というと、その数が多すぎてなかなか投資先を絞り込めない人も多いでしょう。ただ、つみたてNISAで採用される投資信託は、国が定めた基準(低コストで長期運用可能なもの)を満たした商品のみです。

すでに国によるフィルタがかかった商品の中から投資先を選べばいいので、普通に投資信託を選ぶようりも、労力は少なくて済みます。

サラリーマン康二
また、最新の投資情報について知りたい方は、公式メルマガにて発信していますので、下記から登録してみてください。

↓【無料特典付き】おすすめの投資先を公開中!

つみたてNISAのまとめ

つみたてNISAは、その認知率がかなり低いようです。おそらく、つみたてNISAをこの記事で初めて知った人も多いことでしょう。

つみたてNISAはメリットの多い制度ですので、ぜひ積極的に活用していきたいところです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



公式メールマガジンにて最新情報配信中!





国内取引所はビットフライヤーがおすすめ!


"bitFlyer
 

bitFlyerの登録方法 

   

bitFlyer公式サイト




ビットコインの手数料がマイナス!ザイフ



 

Zaifの登録方法

   

Zaif公式サイト




海外取引所は世界最大のバイナンスがおすすめ!



 

Binanceの登録方法

   

Binance公式サイト




LINEでも投資情報を配信中!





ピックアップ記事

  1. 元本保証とは?安全に投資を始めよう!
  2. 定期預金よりもお得?個人向け国債にはメリットがたくさん!
  3. 確定拠出年金(iDeCo)を使った資産運用をおすすめする3つの理由
  4. ワンルームマンション投資とは?最近人気の不動産投資の基礎知識
  5. 区分ワンルームマンション投資の基本!収益物件への投資で知っておきたいこととは?

関連記事

  1. 投資の基礎知識

    証券会社の口座は複数開設した方がいい!株主優待をゲット!

    株式取引などをしている投資家は、証券会社に複数の口座を開設している人も…

  2. 最新投資ニュース

    中国の問題でビットコイン急落。取引所が閉鎖される報道も。

    中国は仮想通貨の取引を禁止する意向中国のニュースサイト財新…

  3. 投資の基礎知識

    ETFのデメリットには要注意!投資信託との違いは?

    投資信託よりも手数料が安く、なおかつリアルタイムで取引できる商品に「E…

  4. 投資の基礎知識

    外国債券の3つのリスクには要注意!どうすれば利益をあげられる?

    外国債券というのは、正確には発行市場、発行体、通貨のいずれかが外国であ…

  5. 最新投資ニュース

    ビットコインの分裂問題は一体何だったのか。今後のビットコインの動向は?

    ビットコインの分裂騒動とは – 背景から経過まで背景① ビット…

  6. 投資の基礎知識

    投資信託の種類・分類方法を徹底解説

    投資信託を始めようと思って探していると、その種類のあまりの多さに、驚く…

おすすめの記事

  1. 投資の基礎知識

    コインチェックは二段階認証しよう!設定方法と口座開設方法の解説
  2. 投資の基礎知識

    投資信託は解約タイミングが超重要!損切りと利益確定で資産運用を!
  3. 投資の基礎知識

    仮想通貨の儲け方とは?仮想通貨で利益を上げる7つの方法を解説
  4. 投資の基礎知識

    仮想通貨の正しい選び方とは?爆上げ通貨を見極める7つの基準
  5. 投資の基礎知識

    特定口座の源泉徴収ありなし、お得なのはどっちの口座?
PAGE TOP