投資の基礎知識

個人型確定拠出年金の運用方法とおすすめ商品のまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは、個人型確定拠出年金というものをご存知でしょうか?

何となく聞いたことはあっても、名前が難しそうで、その中身については知らない人が多いのではないでしょうか?

今回は、そんな個人型確定拠出年金について見ていきます。

(この記事は、過去に書かれた記事を2018年3月1日に加筆修正したものです。)

個人型確定拠出年金の基礎知識

こちらでは、最低限知っておきたい個人型確定拠出年金の基本を見ていきます!

そもそも確定拠出年金とは?

確定拠出年金はとは、公的年金などの国民年金の支給だけではどうしても不足してしまう部分を、個人の努力で補えるように作られた年金制度です。

確定拠出年金には、大きく分けて「個人型」と「企業型」があります。

企業型は、勤務先の企業が確定拠出年金を導入している場合に利用できます。

個人型は、勤務先の企業が確定拠出年金を導入していない場合でに利用でき、主にサラリーマンなどが利用できます。

今回は、「個人型」に焦点を当てて解説していきます。

ただ、法人型の人も基本的に制度の内容は変わりませんので、参考程度に見ていただければと思います。

具体的にどうやって年金を受け取るのか

まず、個人型確定拠出年金の加入者は、毎月一定額を、あらかじめ決められた投資先に積立投資します。

そして、加入者が60歳以降になったら、初めてその投資分を取り崩して、年金として受け取れるようになります。

普通に投資するよりも得になることもある

個人型確定拠出年金を利用すると、様々な「税制優遇」を受けることができます。

この税制優遇を上手く使いこなせば、大幅な節税をすることができます。

投資においては、税金も大きな費用となりますので、税金のコントロールができるのは、大きな利点と言えます。

 

個人型確定拠出年金のメリット

個人型確定拠出年金では、主に3種類の税制優遇を受けられます。どれも非常に魅力的なものです。

それそれ順番に見ていきましょう!

月々の積立額が全額所得控除される

個人型確定拠出年金では、毎月積立投資するお金が、まるまる所得から控除できます。

つまり、所得税を減らすことができるのです。

しかも、毎月積み立てる額が多ければ多いほど、所得から控除できる金額も増えます。

例えば、年収が400万円のサラリーマンの場合です。

月々23,000円を積み立てるとすると、年間で「55,200円」も節税することができます。

月々51,000円積み立てたとすると、実に「122,400円」も節税できます。
(参考:厚生労働省HP)

利子などの運用益が非課税になる

通常の預金や株式の運用益には、原則20%ほどの税金がかかります。

一方、個人型確定拠出年金では、運用期間中の運用益には課税されません。

つまり、毎年利子が支払われる場合、税金が引かれることなく、まるまるその額を再投資に回すことができます。

年金受け取り時、所得控除できる

個人型確定拠出年金では、60歳になって年金を受け取る場合、その受け取る額を所得から控除できます。

仮に年金として毎月受け取る場合、「公的年金等控除」が利用できます。

年金を一括で受け取る場合、「退職所得控除」を利用することができます。

メリットのまとめ

個人型確定拠出年金では、積立金の投資から実際の支給まで、全てのプロセスで税の優遇措置を受けることができます。

これは非常に大きなメリットです。

 

個人型確定拠出年金のデメリット

ここまで、様々なメリットについて書いてきました。

しかし、物事には裏表があるように、デメリットもあります。

将来の年金額が不透明

通常の年金の場合、将来受け取れる年金の額は、あらかじめ決まられています。

一方、個人型確定拠出年金では、将来受け取れる年金の額は、未確定です。

その投資先の運用成績によって、多くなったり少なくなったりします。

なので、もしも将来、市場が大暴落したときに年金を受給した場合、受け取れる年金の額は大幅に少なくなります。

むしろ銀行の預金に預けていた方が、元本が保護されますので、もっともらえた可能性すらあります。

このように、年金としてもらえうる金額が不透明なことを、しっかりと頭の中に入れときましょう。

60歳まで原則解約できない

個人型確定拠出年金は、60歳に達する前に止めよう思っても、原則解約して換金することができません。

なので、途中でやめたいと思っても、あきらめて毎月積み立て続けるしかありません。

例えば、現在の私(25歳)が年金を受給するのは35年後です。

この35年の間に、ほかにもっと良い投資が見つかったり、株式市場が閉鎖寸前まで下落したりすることがあるかもしれません。

それでも、個人型確定拠出年金を利用している場合は、途中でやめることができません。

定期的に投資先の運用状況をチェックしない

これは、個人レベルでのデメリットです。

個人型確定拠出年金の場合、最初に投資先と毎月の積立額を決めたら、多くの人がそのまま運用を放置してしまう傾向にあります。

本来 投資では、刻一刻とその投資環境が変化しますので、定期的に運用状況をチェックする必要があります。

もしかしたら、投資先が運用の失敗をして、大幅な赤字が出ているかもしれません。

そういう意味で、せめて毎年一回発行される運用報告書ぐらいは目を通しましょう。

 

個人型確定拠出年金のまとめ

ここまで、個人型確定拠出年金の内容を見てきました。

確定拠出年金は、政府や銀行から積極的に利用促進がされています。

たしかに、税制上のメリットは大変素晴らしいものです。

でも、よくよく見てみると、60歳まで資金の使途が完全に固定され、しかも年金額は上下する可能性があるんです。

自分の裁量が少ない分、リスクが大きいんです。

なので、自分の資金の全額を確定拠出年金に振り分けるのではなく、あくまで何個かの投資先の一つとして利用するのが賢明だと思われます。

 

■この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます:

仮想通貨の種類と特徴〜マイニング方法、チャートの見方、税金対策とは

仮想通貨で1億円儲けて億り人になるポートフォリオとは?

bitFlyer(ビットフライヤー)の使い方!入金・出金・送金方法と手数料

コインチェックの入金・送金・出金方法、反映時間、手数料を徹底解説

コインチェックの手数料は高い!クレジットカードなど手数料には注意

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



公式メールマガジンにて最新情報配信中!





国内取引所はビットフライヤーがおすすめ!


"bitFlyer
 

bitFlyerの登録方法 

   

bitFlyer公式サイト




ビットコインの手数料がマイナス!ザイフ



 

Zaifの登録方法

   

Zaif公式サイト




海外取引所は世界最大のバイナンスがおすすめ!



 

Binanceの登録方法

   

Binance公式サイト




LINEでも投資情報を配信中!





ピックアップ記事

  1. 注目!築古物件で不動産投資を始める際に知っておきたいこと
  2. 最高の人生を送るために。人を喜ばせることを意識しましょう!
  3. 不動産投資の3大リスクとは?サラリーマン大家が失敗しないための基礎知識
  4. 株の銘柄の選び方とは?株式投資の基本とメリット・デメリット
  5. 投資信託の選び方の決定版!9つのポイントを押さえよう!

関連記事

  1. 最新投資ニュース

    ICOが中国で禁止へ。仮想通貨の各国での対応はいかに?

    中国はICOの禁止を発表2017年9月、中国政府はICOを…

  2. 投資の基礎知識

    株を使って資産運用!投資するなら株式投資!

    「投資」と聞くと、株式投資を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?…

  3. 投資の基礎知識

    プライベートエクイティ(PE)ファンドとはどんなファンドなのか?

    (この記事は、過去に書かれた記事を2018年2月27日に加筆修正したも…

  4. 投資の基礎知識

    投資信託の手数料は安いほうがいい!信託報酬の基本

    投資初心者にオススメな投資が投資信託です!しかし、分配金などに…

  5. 投資の基礎知識

    単元未満株・ミニ株・るいとうのメリット・デメリットとは?

    投資初心者はミニ株投資がおすすめ通常、株の取引を行うために…

  6. 投資の基礎知識

    問題あり!サブリース契約の基本とメリット・デメリットとは?

    不動産投資の永遠の悩みの種が「空室」ですよね??空室になってし…

おすすめの記事

  1. 投資の基礎知識

    ビットバンクならリップルがおすすめ!購入方法・手数料の解説
  2. 投資の基礎知識

    仮想通貨の投資方法の決定版!種類・特徴・税金対策を完全解説
  3. 投資の基礎知識

    仮想通貨のウォレットの仕組みとは!おすすめな保管方法はどれ?
  4. 投資の基礎知識

    【決定版】Binance(バイナンス)の登録方法と二段階認証の設定方法
  5. 投資の基礎知識

    Poloniex(ポロニエックス)のログイン・登録方法を5ステップで解説!
PAGE TOP