投資の基礎知識

外貨預金のメリット・デメリットを理解しよう!なぜお勧めできない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは外貨預金をご存知でしょうか?

外貨預金は、外国通貨で預金を行うことをいいます。そのメリットは、何と言っても金利が高いことです!

ただし、外貨預金で悩むのが、どの通貨で預金を始めるかです。通貨によって、金利などの特徴が異なるのです。

この記事では、外貨預金の基本と、それぞれの通貨の特徴についてご紹介したいと思います。ぜひ、理想の通貨を探してみてくださいね!

(この記事は、過去に書かれた記事を2018年2月20日に加筆修正したものです。)

外貨預金の基礎知識

まずは外貨預金の基礎知識から順番に確認しましょう!

外貨預金って何?

外貨預金とは、日本円ではなくドルやユーロなどの外国通貨で預金をすることをいいます。

基本的な仕組みは、日本円での預金と変わりありません。ただし、外国の方が日本よりも金利が高いことが多いため、日本で預金するよりも多くの利息を受け取ることができます。

一方、外国通貨で預金をするわけですから、日本円から外貨に交換する際に為替手数料がかかったり、為替レートの影響で元本割れするリスクがあります。

 

外貨預金のメリット

外貨預金のメリットとして、主に2点ご紹介します。

金利が高い

外貨預金をする一番のメリットは、何よりも金利が高いことです。

例えば、豪ドルの1年もので1.8%、ニュージーランドドルで2.6%ほどの金利がつきます(2017年2月現在)。

これは、日本の低金利と比べたら破格の水準なのがお分かりいただけると思います。

また、為替レートの水準によっては、為替差益を得ることもできます。

日本円以外の資産に分散投資できる

日本の将来の雲行きが怪しい中、日本円だけで資産を持つのはリスクが高いと考えられます。

外貨預金をすることで、日本円以外に資産を分散し、万が一の際でも資産がなくなるのを防ぐことができます。

 

外貨預金のデメリット

外貨預金はたしかに高金利で魅力的ですが、やはりデメリットもあります。

為替手数料がかかる

日本円を外貨に、外貨を日本円に交換する際には、それぞれ為替手数料がかかります。この為替手数料の金額は、かなり高額となっていますので、注意が必要です。

為替手数料がかかるということは、外貨預金を始めた時点で既に損失が発生していることになります。しかも為替手数料は往復で2回かかりますので、利回り計算の際には漏れのないようにしましょう。

色々な金融機関を比較して、少しでも為替手数料が安いところを選ぶのが鉄則です。

為替差損が発生する可能性

外貨預金は外国通貨で運用するわけですから、為替レートの影響を大きく受けます。

もしも為替レートが円高になった場合、外貨預金の価値は減少し、円安になった場合には、逆に外貨預金の価値は増加します。

外貨預金の運用がうまくいっても、為替差損が発生していた場合にはトータルで収支がマイナスになることもあります。

為替レートを100%予測することは不可能ですので、外貨預金には為替リスクがあることを認識して投資を行いましょう。

 

外貨預金はどの通貨がいいの

いざ外貨預金を始めるといっても、通貨は山ほどありますので、どの通貨で投資を始めるか正直悩むところですよね。

ここからは代表的な通貨のメリット・デメリットに焦点を当てて解説していきます。

米ドル

最もスタンダートな運用先が、米ドルです。

米ドルは基軸通貨ですから、世界中の様々な場面で利用され、流通量も世界一となっています。為替レートもニュースや新聞で頻繁に取り上げられているため、外貨預金の投資先としても非常にオススメです。

米ドルは流動性が高く、他の通貨と比べても相場の急変が起きにくい通貨です。

ユーロ

ユーロはEUの単一通貨として利用されています。ユーロも米ドル同様に頻繁にニュースや新聞で取り上げられるため、親しみが持ちやすい通貨といえます。

ただし、信用不安が未だ残っているため、長期的な投資には向かないと考えられます。今後の動きに注意が必要です。

豪ドル

高金利通貨として人気なのが豪ドルです。

ただし、オーストラリアは鉄鉱石などの天然資源に恵まれた資源国ですので、資源価格の影響を受けて通貨が変動しやすいデメリットがあります。

ニュージランドドル

豪ドル同様、高金利通貨として有名なのがニュージランドドルです。

豪ドルと同じような値動きをすることが多いと言われています。

南アフリカランド

超高金利通貨として人気があるのが南アフリカランドです。1年もので金利が6%に達する銀行もあります。

ただし、金利が高いということは、それだけリスクが高いということです。

南アフリカランドは流通量が少なく、それだけ為替の変動幅が大きくなりがちです。政情も不安定なため、ハイリスクな運用先といえます。

 

外貨預金の通貨選びで知っておきたいこと

最後に、外貨預金で通貨を選択する際の注意点について解説していきます。

流通量の少ない通貨には注意

米ドルやユーロと比べて流通量が少ない通貨に投資する際には、為替レートが大きく動くことがあるため注意が必要です。

高金利なのに気を取られ預金を始めても、満期時に為替レートが大きく円高に振れていたら、せっかく高金利で運用したのが水の泡です。

超高金利通貨に投資したくなる気持ちも分かりますが、投資初心者のうちは自制した方が身のためでしょう。

よく注意して通貨を選択しましょう。

複数の通貨に投資するのもアリ

外貨預金をする際には、何も一つの通貨だけを選択する必要はありません。複数の通貨を選択して別々に投資してもいいのです。

その場合、米ドルやユーロで安定運用しつつも、例えばオーストラリアドルなどに分散投資することが考えられます。

主要通貨とマイナー通貨を組み合わせるといいでしょう。

 

外貨預金のメリット・デメリットのまとめ

今回は外貨預金の通貨に焦点を当てて解説してきました。

通貨選びは外貨預金で非常に重要なポイントとなりますので、ぜひ色々な通貨を比較し、あなただけの理想の通貨を見つけてください。

 

■この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます:

仮想通貨の種類と特徴〜マイニング方法、チャートの見方、税金対策とは

仮想通貨で1億円儲けて億り人になるポートフォリオとは?

bitFlyer(ビットフライヤー)の使い方!入金・出金・送金方法と手数料

コインチェックの入金・送金・出金方法、反映時間、手数料を徹底解説

コインチェックの手数料は高い!クレジットカードなど手数料には注意

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



公式メールマガジンにて最新情報配信中!





国内取引所はビットフライヤーがおすすめ!


"bitFlyer
 

bitFlyerの登録方法 

   

bitFlyer公式サイト




ビットコインの手数料がマイナス!ザイフ



 

Zaifの登録方法

   

Zaif公式サイト




海外取引所は世界最大のバイナンスがおすすめ!



 

Binanceの登録方法

   

Binance公式サイト




LINEでも投資情報を配信中!





ピックアップ記事

  1. アパート・マンションの空室率が増加中!収益物件の空室対策とは?
  2. 相手を大切に思う気持ちを持ちましょう!
  3. 区分ワンルームマンション投資とは?アパート経営と比較したメリット・デメリット
  4. 仕手株の見分け方と狙われやすい銘柄を徹底解説
  5. 【不労所得の作り方】マンション経営で家賃収入を得よう!

関連記事

  1. 投資の基礎知識

    追証とは一体なに??信用取引の基礎知識のまとめ

    あなたは信用取引というものをご存知でしょうか??信用取引を利用…

  2. 最新投資ニュース

    ビットコインが急上昇、市場全体が再び上昇ムードへ

    ビットコインの価格が10%以上上昇中国でのICO禁止、取引…

  3. 投資の基礎知識

    トランクルームとは??トランクルーム投資の基本〜不労所得の作り方〜

    最近、不動産市場が過熱気味のため、従来のアパート、マンション投資以外の…

  4. 投資の基礎知識

    エイダコイン(ADA)は今後何倍になる?エイダコインの基本と買い方とは

    仮想通貨に投資している人なら、「エイダコイン(ADA)」を知っている人…

  5. 投資の基礎知識

    FXのロスカットとは?FX初心者が知っておきたい基礎知識

    投資で思い浮かぶのが、FXや株式投資ではないでしょうか??でも…

おすすめの記事

  1. 投資の基礎知識

    アロハコインのホワイトペーパーが登場!マイニング・上場情報を解説
  2. 投資の基礎知識

    ビットフライヤーの二段階認証の方法を解説!正しい使い方とは
  3. 投資の基礎知識

    Poloniex(ポロニエックス)のログイン・登録方法を5ステップで解説!
  4. 投資の基礎知識

    ジュニアNISAはメリットばかりじゃない!4つのデメリットに注意!
  5. 投資の基礎知識

    仮想通貨は分散投資が超重要!億り人のポートフォリオとは?
PAGE TOP