投資の基礎知識

外国債券は4つのリスクに気をつけよう!知っておきたい債券の基本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この低金利の世の中、銀行にお金を預けていても、利息はほどんとつきません。

だからといって「投資」を始めようと考えても、「リスク」が怖くて今一歩踏み出せない人も多いのではないでしょうか??

実は、そんなあなたに朗報があります。

「外国債券」に投資すれば、リスクを抑えながらも高いリターンを狙っていくことができます。

この記事では、外国債券投資の基本から始まり、リスクまでを徹底的に解説していきます。

ぜひ外国債券への理解を深めていただきたいと思います。

(この記事は、過去に書かれた記事を2018年2月13日に加筆修正したものです。)

まずは「債券」の基本から確認!

外国債券について解説する前に、まずは「債券」の基本について確認したいと思います。

債券の基本を押さえれば、外国債券も簡単に理解できます!

そもそも債券とは?

「債券」というのは、国や地方公共団体、企業などが、資金を調達するために発行する証券のことをいいます。

債券にはあらかじめ金利や償還日、償還金額が定められており、債券を保有することで利息がもらえたり、満期保有で元本を受け取ることができます。

債券を運用している間は解約することはできませんが、債券は債券市場で随時売買可能です。ですので、換金はしやすいといえます。

もちろん市場で売却することになりますので、状況によっては元本割れをおこしたり、反対に儲かってしまうこともあります。

ただ、基本的に債券投資の基本は「満期まで保有」することです。

満期まで保有してさえいれば、発行者が破綻しない限り元本が戻ってきますし、利息ももらえますので損をすることはありません。

債券にもリスクがある

債券の一番のリスクは、債券の発行者が何らかの理由で支払いできなくなることです(デフォルト)。

デフォルトしてしまうと、発行者の持つ資産の範囲で支払いが行われますが、大抵は投資元本を割ることが多いです。

ですので、債券投資をする時には、発行者の支払い能力(信用力)をよく確認する必要があります。

債券と似ている商品に定期預金がありますが、定期預金は金融機関が破綻しても1,000万円までの元本とその利息が保護されるようになっています。

そういう意味では、債券よりも定期預金の方がリスクは低いといえます。

外国債券とは

さて、債券は世界中にある様々な国々や企業、団体が発行しています。

国家が発行すれば国債、企業が発行すれば社債、地方公共団体が発行すれば地方債と呼ばれたりします。

そして、日本国内で発行された債券を国内債券、日本国外で発行された外貨建ての債券のことを「外国債券」と言ったりします。

この記事では取り上げるのは、外国で発行された債券である「外国債券」です。

外国債権には内債券と違って様々な特徴がありますので、次の章から順番に解説していきます。

 

外国債券に投資するメリット

 

高利回りが期待できる

外国債券は、日本の債券よりも金利が高い傾向があります。

特に日本はゼロ金利政策の影響で金利が非常に低いので、外国債券の金利は魅力的です。

なぜ外国債券の金利が高いかというと、それは外国債券を発行している発行者の信用力が低いからです。

お金を貸しても返ってくる可能性が低いため、その分金利は高くなるのです。

特に、経済が不安定な発展途上国などは金利が高い傾向にあります。

外国債券では金利が2〜4%程度の債券をよく見かけますが、この時点で日本の預金金利と比べて破格の高さですね。

投資した金額が返ってくる

外国債券は金利が高く魅力的ですが、「債券」であることに変わりはありません。

ですので、発行者が破綻しない限りは、元本や利息は戻ってくることになります。

下手に「株式」などに投資するよりも、外国債権に投資した方がリスクは低いといえます。

為替の動向次第で利益も狙える

外国債券は外貨建ての債券ですので、為替レートが有利に動けば、それだけ利益も大きくなります。

例えば、債券購入時に円高なら安く購入できますし、償還時に円安なら日本円に戻したときに利益が大きくなります。

 

外国債券のリスクには要注意

高金利が魅力の外国債券ですが、ハイリスク・ハイリターンという言葉の通り「リスク」もあります。

しっかりとリスクを見極めた上で、投資したいところです。

 

為替リスクがある

外国債券に特有のリスクが、為替リスクです。為替リスクというのは、為替レートが変動することによって損失が出たりするリスクです。

満期時に円高に振れてしまうと、日本円に戻したときの利益が少なくなりますので、せっかく利息がもらえていても最終的にマイナスになってしまうこともあります。

外国債券に投資する際には、一度外貨に交換する必要がありますから、為替リスクは切っても切れないリスクです。

デフォルトリスク

外国債券に投資する時にも、やはりデフォルトリスクには気をつけたいところです。

例えば、国債の発行国がデフォルトしてしまうと、元本や利息の支払いが滞り、市場でも値段がつかない事態に陥ります。

この場合、かなりの損失が出るのは間違いないでしょう。

デフォルトリスクを防ぐためには、格付け会社が発表している信用格付けを参考にして、なるべくリスクが低い債券を選ぶようにしましょう。

中途換金できない

外国債券は基本的に中途換金できず、満期まで保有していなければなりません。

そういう意味では、緊急でお金が必要になった時に、取り崩せないというリスクがあります。

ただ、債券市場はしっかり整備されていますので、市場で売ってしまえば換金することはできます。

長期で保有する必要がある

債券投資はローリスク・ローリターンで、長期保有が前提の投資です。

「もっと早くお金を増やしたい」
「もっと大金を稼ぎたい」

と考えている人には、全くお勧めできません。

長期間にわたって資金が拘束されますので、直近で使用予定のない「余剰資金」で投資を行うのが原則です。

そして、一度投資をしたら、満期まで根気よく待ち続けことが大切です。

 

外国債券の注意点

高利回りの裏には理由がある

例えば、破綻の危機にある国が国債を発行しても、誰もそんな国債を買おうとしませんね。

だから、金利を高くすることで、どうにか投資家に国債を買ってもらおうとするわけです。

これが高利回りな債券の裏の顔です。

つまり、ハイリスク・ハイリターンという言葉の通り、高利回りということは、それだけリスクも高いということなのです。

せっかく高利回りの外国債券に投資しても、デフォルトしてしまったら元も子もありませんね。

NISAは利用できない

外国債券を始めとした債券は、NISA(少額投資非課税制度)の対象とはなりません。意外と忘れがちなので、注意しましょう。

外国債券のリスクのまとめ

高利回りの外国債券を見ると、ついつい投資したくなりますよね。ですが、それは「ハイリスク」の裏返しに過ぎないことがわかっていただけたと思います。

しっかりと外国債券のリスクを理解し、堅実に投資を行いましょう。

 

■この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます:

>>仮想通貨の種類と特徴〜マイニング方法、チャートの見方、税金対策とは

>>仮想通貨で1億円儲けて億り人になるポートフォリオとは?

>>bitFlyer(ビットフライヤー)の使い方!入金・出金・送金方法と手数料

>>コインチェックの入金・送金・出金方法、反映時間、手数料を徹底解説

>>コインチェックの手数料は高い!クレジットカードなど手数料には注意

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 不動産投資のフルローンとは??投資用ローンの審査基準
  2. 自主管理大家のメリット・デメリット! 不動産の管理方法まとめ
  3. FXと外貨預金の違いは?外貨預金のポイント
  4. トランクルームとは??トランクルーム投資の基本〜不労所得の作り方〜
  5. NISAとは − 投資信託で知っておきたいメリットとデメリット

関連記事

  1. 投資の基礎知識

    株の注文方法には何があるの?知っておきたい株の購入方法

    今回は、株式投資の取引方法と、そのコツについて簡単にまとめてみました!…

  2. 投資の基礎知識

    投資信託で大損しないために知っておきたい投資信託の選び方

    投資信託を調べていると、その多さに驚くことがはありませんか??…

  3. 投資の基礎知識

    これを知らなきゃ損!不動産所得で認められる必要経費の内訳

    最近では、サラリーマンが不動産投資をすることも珍しくなくなって…

  4. 投資の基礎知識

    インデックスファンドは利回りが高い?インデックスファンドが投資初心者におすすめな理由

    投資には株式投資や債券投資など非常に多くの種類がありますが、その中でも…

  5. 投資の基礎知識

    仮想通貨のポートフォリオの決定版!億り人になる投資戦略とは

    仮想通貨で億単位のお金を稼いだ人を「億り人(おくりびと)」と呼んだりし…

最新の記事

最近の記事

  1. マンションとアパートの空室率が上昇?リフォーム費用を安く抑え…
  2. 夢を諦めないで。夢は叶えるもの。
  3. 同じ毎日にはうんざり!毎日を楽しむ方法
  1. 投資の基礎知識

    コインチェックは二段階認証しよう!設定方法と口座開設方法の解説
  2. 投資の基礎知識

    Binance(バイナンス)の二段階認証の分かりやすい設定方法
  3. 投資の基礎知識

    アロハコインのホワイトペーパーが登場!マイニングや上場情報の解説
  4. 投資の基礎知識

    投資信託の解約タイミングは超重要!損切りと利益確定で資産倍増を!
  5. 投資の基礎知識

    Poloniex(ポロニエックス)のログインと登録方法を5ステップで解説
PAGE TOP