投資の基礎知識

特定口座の源泉徴収あり・なしと一般口座の違いとは?口座の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

証券口座には3種類ある!

 

株や投資信託の取引をするためには、まず証券会社に口座を開設する必要があります。そして、口座を開設する際には、口座の種類を選択することが必要です。

証券口座の種類には、「源泉徴収ありの特定口座」「源泉徴収なしの特定口座」「一般口座」の3種類があります。

ところが、証券会社のホームページ上では、それぞれの口座について簡単にしか説明されておらず、口座開設の際にどの口座を選んだらいいか悩んでしまう人も多いことでしょう。

何も考えずに口座を選んでしまうと、払う必要のない税金を払ってしまったり、税金の計算を全て自分で行う必要に迫られたり、様々な問題が出てきます

そこでこの記事では、投資初心者でも分かりやすいように、3種類ある証券口座について詳細に解説していきます。この記事を参考に、あなたにベストマッチする口座を見つけ、投資を始めてみてください。

 

最も一般的なのが特定口座

証券口座は特定口座と一般口座の2種類に大別されますが、最もオーソドックスなのが特定口座です。

特定口座とは、証券会社側で1月1日から12月31日までの投資の損益を計算し、「年間取引報告書」を作成してくれる口座です。

年間取引報告書は確定申告を行う際に必要となる書類ですが、個人で作成するのはとても手間ですので、できれば証券会社に作ってもらいたいものです。

特定口座は、さらに「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」の2種類に分けられます。

 

【年間取引報告書のイメージ図】

参照:ライブスター証券

①源泉徴収ありの特定口座

源泉徴収ありの特定口座は、証券会社があらかじめ税金を天引きした上で、投資の利益を振り込んでくれる口座です。確定申告の必要がなく、納税の手間がかからないメリットがあります。

源泉徴収ありの特定口座を選択すると、投資による収入と給与収入は税金計算上、完全に切り離されます。どんなに投資で利益を上げようが、健康保険料に投資の収入が反映されることはありませんし、親の扶養から外れる恐れもありません。

年間の利益が20万円に満たないケースでは、本来税金を納める必要はありませんが、源泉徴収ありの特定口座を選択していると、支払う必要のない税金まで支払うことになりますので注意しましょう。

税金の計算と納税の手間から完全に解放されるのが、源泉徴収ありの特定口座の大きな特徴です。

②源泉徴収なしの特定口座

源泉徴収なしの特定口座は、源泉徴収ありの特定口座と一般口座の中間に位置する口座です。

源泉徴収なしの特定口座では、源泉徴収ありの口座のように証券会社から税金を徴収されることはありませんが、年間取引報告書だけは証券会社が作成してくれます。

源泉徴収なしの特定口座を選択すると、投資の利益が年間20万円以下の場合には、不要な税金を支払うことなく投資を進めることができます。

仮に投資による利益が20万円を超えても、証券会社が年間取引報告書を作成してくれますので、確定申告の際にかなり手間が省けます。

源泉徴収なしの特定口座は、年間の投資利益が20万円以下の人に適した口座です。

 

国債や社債に投資するなら一般口座

一般口座は、税金が天引きされることなく、証券会社側で年間取引報告書の作成もしない口座です。

一般口座を開設すれば、投資の利益が20万円以下なら税金を節約できるメリットがあります。

ただ、投資の利益が20万円を超えたり、損益通算や損失の繰越控除を利用するとなると確定申告が必要となり、自身で年間取引報告書を作成する手間がかかります。

一般口座を選択するよりも、年間取引報告書が作成される特定口座の方がメリットが大きいといえます。

一見すると、一般口座を利用するメリットはないように思えますが、国債や社債の取引は一般口座でしか対応していないため、そういった取引向けに一般口座が存在しているのです。

 

源泉徴収ありの特定口座のメリットとデメリット

メリット① 確定申告の手間がかからない

源泉徴収ありの特定口座の一番のメリットは、確定申告の手間が一切かからないことです。

源泉徴収ありの特定口座では、投資の利益が振り込まれる際、あらかじめ税金が天引きされて振り込まれます。そのため、自分で確定申告を行なって、わざわざ税金を納める手間がかかりません。

源泉徴収ありの特定口座を利用することで、税金の計算や納付の手間を一切かけることなく、投資に専念することができます。

メリット② 確定申告不要で損益通算できる

源泉徴収ありの特定口座を選択し、証券会社と上場株式配当等受領委任契約を結ぶことで、口座内での配当金や分配金などの利益と、売却損を損益通算(※)できます。

(※)損益通算とは、投資の利益と損失を相殺しあって、税金を節約することをいいます。例えば、配当金が5万円、売却損が3万円あるケースでは、損益通算をすることで、2万円(=5万円−3万円)の利益に対して税金がかかるようになります。

本来、損益通算するためには確定申告の必要がありますが、上場株式配当等受領委任契約を結ぶことで、特定口座内で発生した利益と損失が自動的に損益通算されます。

なお、源泉徴収ありの特定口座を開設するだけで、上場株式配当等受領委任契約を結べる証券会社もありますので、それぞれの証券会社の口座開設要件をよく確認しましょう。

メリット③ 扶養から外れない

確定申告が不要な源泉徴収ありの特定口座なら、扶養に入っている主婦や学生が投資でいくら利益を上げようとも、夫や親の扶養から外れないメリットがあります。例えば、学生が投資で1億円稼いだとしても、源泉徴収ありの特定口座なら親の扶養から外れることはありません。

投資でいくら稼ごうとも、投資の利益は自身の他の収入に反映されません。源泉徴収ありの特定口座なら、20.315%の税金以外に何も課されることはありませんので、稼げば稼ぐほどその恩恵は大きくなります。

デメリット:年間利益が20万円以下だと税金の払いすぎに

源泉徴収ありの特定口座には多くのメリットがありますが、投資の利益が年間で20万円以下の場合には、逆に損をしています。

年収2,000万円以下のサラリーマンで、株などの利益が年間20万円以下の人は、税金を支払う必要がなく確定申告も不要です。

年間利益が20万円以下の時に源泉徴収ありの特定口座を選択してしまうと、本来は支払う必要のない税金が自動的に天引きされてしまいます。このような時には、源泉徴収なしの特定口座を選んだ方がお得ということになります。なお、一旦税金が天引きされてしまうと、払い戻しは受けられません。

源泉徴収ありの特定口座を選択するにあたっては、年間の投資利益が20万円を超えることが重要なポイントとなります。

 

源泉徴収なしの特定口座のメリットとデメリット

メリット① 年間取引報告書を作成してくれる

源泉徴収なしの特定口座は、一般口座と同様に証券会社が税金を天引きすることはありませんが、年間取引報告書を作成してくれるメリットがあります。

そのため、仮に投資の利益が20万円を超えて確定申告の必要が出ても、自身で年間取引報告書を作成する手間がかかりません。

特にデイトレードやスキャルピングなどの短期売買を行っている投資家にとって、年間取引報告書の作成の手間がかからないのは、非常に嬉しいことでしょう。

メリット② 投資の利益が20万円以下なら納税不要

年収2,000万円以下のサラリーマンで、投資による利益が年間20万円以下の場合、投資の利益に対する税金は支払う必要がありません。

ところが、源泉徴収ありの特定口座を選択していると、年間の利益が20万円以下の場合であっても、自動的に税金が天引きされ損してしまいます。

年間利益が20万円以下のケースでは、源泉徴収なしの特定口座を利用することで、余計な税金を支払わなくていいメリットがあります。

デメリット① 利益が20万円を超えると確定申告の必要がある

年間利益が20万円以下のケースでは、源泉徴収なしの特定口座は非常にメリットの大きい口座です。ところが、年間利益が20万円を超えると、確定申告の手間がかかるデメリットがあります。

ただ、源泉徴収なしの特定口座を選択すると、年間取引報告書を証券会社が作成してくれますので、確定申告にそれほど手間はかかりません。これが一般口座となると、自分で年間取引報告書を作成する必要があるため、非常に手間がかかってしまいます。

源泉徴収なしの特定口座を利用するなら、年間の利益を20万円以下に抑えたいところです。

 

一般口座のメリットとデメリット

メリット 一般口座でしか取引できない商品がある

一般口座を開設するメリットは、一般口座でしか取り扱いのない商品が取引できることです。

国債や社債などの一部商品は、一般口座でしか取引できないようになっていますので、もしも株以外にも投資する予定があるのなら、一般口座を開設しておいてもいいかもしれません。

デメリット 年間取引報告書を自分で作成する必要がある

一般口座を選択すると、確定申告の際に年間取引報告書を自分で作成することが必要です。

年間の取引回数が少ないのならいいですが、デイトレードやスキャルピングをしていると、購入株数や株価、手数料、売却金額などを全て記録しないといけませんので、かなり手間がかかります。

特定口座が対応している商品に投資するなら、一般口座をわざわざ選択するメリットはほとんどなく、特定口座を選択するのが賢明といえます。

 

結局どの口座を選択すればいいの?

ここまで「源泉徴収ありの特定口座」「源泉徴収なしの特定口座」「一般口座」の3種類について開設してきました。

以下の図から分かる通り、一般口座は全ての納税手続きを自分で行う必要があり、特定口座では一部または全ての手続きを証券会社に依頼することができます。

それでは、一体どの証券口座を開設すればいいのでしょう?

以下、どの口座に投資するのが最も有効か解説していきます。

 

【証券口座のイメージ図】


参照:みずほ証券

一般口座のメリットはなし!開設するなら特定口座

まず大切なのが、特定口座と一般口座、どちらを選択するかということです。

一般口座のほぼ唯一のメリットは、年間の利益が20万円以下なら税金を支払う必要がないことですが、これは源泉徴収なしの特定口座でも同様のことがいえます。さらに、源泉徴収なしの特定口座なら、年間取引報告書を作成する手間も省けます。

つまり、一般口座を選択するメリットは、ほぼないことが分かります。証券口座を開設するなら、特定口座を選択するのが間違いないでしょう。

年間利益が20万円を超えるなら源泉徴収ありを選択

それでは、特定口座のうち源泉徴収ありと源泉徴収なし、どちらを選択すればいいのでしょうか?

結論を言うと、年間利益が20万円を超えるのなら、『源泉徴収ありの特定口座』を選択した方がいいでしょう。

というのも、源泉徴収なしの特定口座を選択してしまうと、年間利益が20万円を超えた場合には、確定申告で夫や親の扶養から外れてしまったり、健康保険料が上がってしまったり、所得制限に引っかかる可能性が出てくるからです。

そして、年間利益が20万円以下に収まるのなら、『源泉徴収なしの特定口座』を選択しましょう。

無駄な税金を支払わなくて済むメリットがありますし、仮に損失の繰越控除などで確定申告を行う必要が出ても、年間取引報告書があるため比較的容易に確定申告ができます。

 

特定口座と一般口座のまとめ

今回は、3種類ある証券口座の違いについて開設してきました。

口座が3種類もあると非常に悩んでしまいますが、年間利益が20万円以下なら源泉徴収なしの特定口座を、20万円を超える見込みなら源泉徴収ありの特定口座を選択するのがいいでしょう。

口座の選択を誤ると、思わぬ損をしたり余計な手間がかかってしまいますので、それぞれの口座の違いをしっかりと理解し、口座を選んでみてくださいね。

 

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます:

>>指値注文と成行注文の使い方とは?株の売買と注文の仕組みを解説!

>>ジュニアNISAとは − メリット・デメリット・贈与税の扱いのまとめ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 「働く」ということは「常識」ではない
  2. ビットコインとイーサリアム、選ぶならどっち?仮想通貨の種類の解説
  3. 投資信託で失敗する前に知っておきたい交付目論見書の見方!
  4. NISAでオススメな投資信託の積立投資!NISAの基礎知識
  5. 人気のソーシャルレンディングに潜むリスクと問題点とは?

関連記事

  1. 投資の基礎知識

    こんなサラリーマン大家は失敗する!不動産投資のリスクの話

    サラリーマンの間で人気なのが、不動産投資です。たしかに少ない自己資金で…

  2. 投資の基礎知識

    知っておきたい!不動産の事業的規模で節税をしよう!

    所有する不動産の規模が大きくなると、様々な税制上のメリットを享受できま…

  3. 投資の基礎知識

    新規公開株(IPO)で確実に儲ける方法

    あなたは「新規公開株」をご存知でしょうか?新規公開株は「儲かる…

  4. 投資の基礎知識

    レバレッジの効かせすぎで借金も – FXのレバレッジのメリットとデメリット

    FXの勉強をしていると必ず耳にする言葉に「レバレッジ」があります。…

  5. 投資の基礎知識

    外貨預金で知っておきたいこと〜手数料には要注意!

    外貨預金といったら、預金ですからリスクが低くて、高金利も狙える投資です…

  6. 投資の基礎知識

    オプション取引とは 初心者が知っておきたい基礎知識

    投資の勉強をしていると、必ず遭遇するのが「デリバティブ取引」です。…

最新の記事

特集記事

オススメの記事

  1. 誰もが認める人になりたい。〜一流になるためには何が必要?一流…
  2. 将来はゆったりとノマドライフ!投資で自由な人生を手に入れよう…
  3. マイ ホーム特例とは?家を売却する際の不動産会社の選び方
  4. 要注意!サラリーマン大家が失敗しやすい中古物件
  5. クラウドファンディングの始め方とは − メリット・デメリッ…
  1. 投資の基礎知識

    【中古アパート経営の基礎】サラリーマン大家が失敗しないために!
  2. 投資の基礎知識

    不動産所得とは?不動産投資の基礎知識!収入を計算する方法
  3. ブログ

    人生が物足りない。行動を起こせば人生が変わる
  4. 投資の基礎知識

    不労所得の作り方とは?メリットたくさんの不動産投資がおすすめ!
  5. 投資の基礎知識

    大注目!いま話題の仮想通貨投資とは?
PAGE TOP