最新投資ニュース

つみたてNISA(積立NISA)とは − いつから始まる?対象商品はなに?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

積立NISAは忙しいサラリーマンにこそオススメ!

2018年1月より、積立NISAという制度がスタートします。

積立NISAという名前から分かる通り、積立NISAはもっぱら積立投資に焦点を当てた非課税制度です。積立期間は20年、非課税枠は年間40万円となっています。

実は積立NISAは、本業が忙しいサラリーマンにこそオススメしたい制度です、

 

対象商品は金融庁のお墨付きのものだけ!

投資を始める際に手間となるのが、投資する商品の選定です。例えば、株式投資なら投資先の企業の決算情報を確認したり、過去のチャートを分析したり、投資する前に色々と分析する必要があります。

ところが、積立NISAでは、投資の対象商品があらかじめ金融庁によって決められており、投資家はその中から商品を選べばいいのです。

対象商品の条件としては、例えば信託報酬が一定割合以下だったり、販売手数料が0円だったり、毎月分配型が対象外だったり、様々な条件があります。

これらの条件により、現在5,400本ほどある投資信託のうち、120本程度しか対象商品にラインナップされていません。全体の2%です(2017年8月現在)。

つまり、私たち投資家は、手数料が安く、リスクが限定された商品の中から商品を選べばいいので、商品選定の手間を省くことができます。

 

積立投資で手間いらず!

積立NISAでの運用方法は、積立投資に限定されます。毎月一定金額ずつ商品を購入していくのです。

積立投資をすることにより、以下2つのメリットがあります。

一つ目に、平均購入単価を下げつつ投資ができるメリットがあります(ドル・コスト平均法)。

二つ目としては、最初に積立投資の手続きさえしておけば、あとは毎月自動的に投資できるメリットがあります。

つまり、常に相場に張り付いていなくても、機械的に買い付けを行うことが可能なのです。

積立NISAを使って積立投資をすれば、非課税の恩恵を受けつつも効率的に投資を行うことができます。忙しいサラリーマンにとって、非常に嬉しい投資方法ではないでしょうか?

 

【↓↓↓積立NISAについてもっと詳しく知りたい方は、以下をチェック↓↓↓】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 転職や退職の際に知っておきたい厚生年金の手続き方法
  2. これを知らなきゃ損!不動産所得で認められる必要経費の内訳
  3. 投信積立で資産形成をしよう!積立投資のメリットとデメリット
  4. 自分の人生を生きる
  5. 管理会社とは??賃貸経営におけるアパート管理会社の選び方

関連記事

  1. 投資の基礎知識

    家賃保証とは??サブリース契約の意味と注意点

    あなたはサブリースというものをご存知でしょうか??サブリースと…

  2. 投資の基礎知識

    ご存知ですか?サラリーマン大家が失敗する理由と不動産投資のリスク

    給料に変わる副収入として、不動産投資を検討される人も多いことでしょう。…

  3. 最新投資ニュース

    仮想通貨取引所の最新ニュース – 韓国取引所Korbitが買収される

    韓国第2位の取引所Korbitがネクソンに買収される韓国の最大手オ…

  4. 投資の基礎知識

    FXのスイングトレードよりも短期!スキャルピングの仕組み!

    最近、FXが人気のようですが、実はFXにも様々な取引手法があります。今…

  5. 最新投資ニュース

    現状のビットコイン相場と今後のビットコイン相場の予想

    仮想通貨の時価総額は回復傾向へ10月2日、仮想通貨の時価総額がここ…

  6. 最新投資ニュース

    ビットコインが急落 − 中国によるICO規制が原因

    ここ数日でビットコインが大幅に下落!ビットコインがおよそ20%…

最新の記事

最近の記事

  1. サラリーマン投資家になって収入の柱を増やしましょう!
  2. 知っておきたい!高利回りな外国債券に潜むリスクとは??
  3. 私の中で風邪が流行しています
  1. 投資の基礎知識

    Zaif(ザイフ)の登録方法と口座開設方法はこれで全て分かる!
  2. 投資の基礎知識

    指値注文と成行注文の使い方とは?株の売買と注文の仕組みを解説!
  3. 投資の基礎知識

    個人向け社債がお勧めできない理由とSBI債とマネックス債の解説
  4. 投資の基礎知識

    Binance(バイナンス)仮想通貨取引所の登録方法と使い方
  5. 投資の基礎知識

    コインチェックの手数料は高い!クレジットカードなど手数料には注意
PAGE TOP