投資の基礎知識

ワンルームマンション投資がオススメ!知っておきたいこととは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サラリーマンの間で安定して人気があるのが、不動産投資です。ただ、ひとえに不動産投資といっても、アパート投資だったり、一棟マンション投資だったり、様々な種類があります。

今回は、数ある不動産投資の中でも「マンション投資」に焦点を絞って解説していきます。この記事を参考に、ぜひマンション投資にチャレンジしてみてくださいね!

マンション投資の基本と魅力

マンション投資とは

マンション投資とは、マンションを一部屋購入し、それを第三者に貸し出すことで家賃収入を得る投資です。この家賃収入による収入を「インカムゲイン」といいます。

一方、マンションを売却することでも利益を得ることができます。90年代のバブルの際には、不動産価格が軒並み上昇していましたから、多くの人が売却益を期待して投資をしていました。この売却益を「キャピタルゲイン」といいます。

不動産投資では、インカムゲインとキャピタルゲインを目的に投資を行います。

安定した家賃収入が得られる

マンション投資の一番のメリットが、安定した家賃収入が得られることです。

給料とは別に、毎月家賃収入があることで、家計的にもかなり助けになると考えられます。

また、老後働かなくなった頃には不動産のローンも完済しているはずです。家賃収入を年金代わりとして利用することができます。

生命保険代わりとなる

マンション投資の際、金融機関でローンを組むことになりますが、それには団体信用生命保険(団信)が付いてきます。

団信とは、ローン返済者が死亡したり高度障害になった場合に、ローン残債がチャラになる保険です。つまり、万が一の際には、ローン残債のないマンションの部屋を遺族に受け渡すことができるのです。

団信を生命保険の代わりとして考えることができるのです。

いい立地の物件なら高く売れる

マンション投資をするのなら、東京23区の駅徒歩10分以内の場所の物件を購入するのが定石です。

この立地の物件なら、購入してからも価値が下がりづらいと考えられますので、将来的に高値で売り抜けられる可能性があります。

資産性が高いのです。

マンション選びの定石

中古マンションを購入する

マンションを購入する際には、必ず中古のものを購入します。

その理由は、中古マンションの方が価格が安く、投資利回りが高くなるからです。また、中古物件なら実際に物件を見て、日当たりや部屋の様子を確認することができるため、納得のいく物件を購入できるからです。

一方、新築のマンションは価格が高すぎるため、オススメできません。というのも、新築マンションの価格には広告宣伝費が上乗せされているため、実際の価値よりも値段が高くなってしまうからです。また、新築マンションの家賃は築年数が10年を経過したあたりから急激に下落するため、当初の想定よりも利回りが低くなる恐れがあります。

くれぐれも中古マンションを購入するようにしましょう。

東京23区内で駅徒歩10分

不動産投資で大切なのが「立地」です。

マンション投資の場合には、今後も人口の流入が続き、かつ長期的に需要が見込める、東京23区内の駅から徒歩10分以内の物件を購入することが大切です。

この条件を外れる物件を購入する際には、賃貸需要が見込める確固たる根拠を探すようにしましょう。もしも失敗したら、大変なことになってしまいますから。

「立地」だけは、後から変えようと思っても変えられませんから、よく注意しましょう。

新耐震基準のマンションを購入する

マンションを選ぶ際には、新耐震基準のものを選ぶようにしましょう。

新耐震基準とは、震度6強以上の地震でも倒壊しない建築基準で、この基準を満たすマンションを購入することが、地震に強いマンションの証となります。

新耐震基準のマンションは、1981年6月1日以降に建築確認を受けた建物に適用されます。

マンションの探し方

ポータルサイトから探す

物件を探す一番オーソドックスな方法が、不動産のポータルサイトで売り物件情報を探すことです。

本当にいい物件は、掲載後即売れてしまいますので、頻繁にポータルサイトを確認する必要があります。また、各サイトによって掲載されている物件情報が異なりますので、複数のサイトを同時に確認しましょう。

もしも自分好みの物件が見つかったら、不動産会社に連絡をして、内見させてもらいましょう。

ただ、本当にいい物件は、ポータルサイトに掲載される前に売れてしまうことが多いようです。

業者主催のセミナー経由で探す

不動産業者主催で、頻繁に不動産投資セミナーが開催されています。

こういったセミナーに参加し、個別面談を受けることで、あなたに最適な物件を紹介してもらえます。

ただし、業者主催のセミナーは良いことしか言いませんから、注意が必要です。事前勉強せず、いきなりセミナーに参加すると「カモ」にされますので、気をつけましょう。

業者から紹介してもらう

本当にいい物件情報を手に入れたかったら、不動産業者から直に物件の紹介を受けるのがいいでしょう。

多くの業者が、銀行の融資を引く手伝いまでしてくれますので、投資初心者でも安心して物件を購入することができます。うまくいけば、頭金なしのフルローン(オーバーローン)も可能になります。

ただし、個人で本当にいい業者と繋がるのは至難の技です。すでにマンション投資を始めている人から業者を紹介してもらうのが、一番手っ取り早く確実です。

マンション投資のまとめ

今回は、サラリーマンの間で人気のあるマンション投資について解説してきました。将来に備えるため、早いうちから不動産投資を始めておくのがオススメです。

私もマンションを一部屋所有していますが、毎月安定して家賃収入が入ってくるので、とても助かっています。あなたも是非、不動産投資にチャレンンジしてみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



公式メールマガジンにて最新情報配信中!





国内取引所はビットフライヤーがおすすめ!


"bitFlyer
 

bitFlyerの登録方法 

   

bitFlyer公式サイト




ビットコインの手数料がマイナス!ザイフ



 

Zaifの登録方法

   

Zaif公式サイト




海外取引所は世界最大のバイナンスがおすすめ!



 

Binanceの登録方法

   

Binance公式サイト




LINEでも投資情報を配信中!





ピックアップ記事

  1. 投資信託のメリット・デメリットは必ず押さえよう!投資戦略は?
  2. 「ひとりの時間」も大切
  3. サラリーマン投資家が知っておくべき投資の心構え
  4. 管理会社とは?知っておきたい管理会社の正しい選び方
  5. 株式投資の始め方!株の注文方法から選び方まで徹底解説

関連記事

  1. 投資の基礎知識

    FXの利益には税金がかかる!?FXの税金の話

    FX取引では、利益が出た場合に税金がかかるのはもちろんですが、損失が出…

  2. 投資の基礎知識

    ジュニアNISAにはメリットが盛りだくさん!デメリットも理解しよう!

    (この記事は、過去に書かれた記事を2018年2月27日に加筆修正したも…

  3. 投資の基礎知識

    国内債券インデックスファンドで手堅く資産を増やそう!

    「投資を始めたいが、失敗するのが怖い」と、なかなか投資を始めら…

  4. 投資の基礎知識

    知っておきたいETFのデメリットとメリットのまとめ

    投資信託と株式投資のいいところを合わせたもの、それがETFです。…

  5. 投資の基礎知識

    積立NISAと現行NISAの違いとは – いつから始まる?メリットは?

    積立NISAという制度が、2018年の1月から開始されます。一…

  6. 最新投資ニュース

    現状のビットコイン相場と今後のビットコイン相場の予想

    仮想通貨の時価総額は回復傾向へ10月2日、仮想通貨の時価総額がここ…

おすすめの記事

  1. 投資の基礎知識

    仮想通貨ネム(NEM/XEM)とは? 2018年に注目の理由を解説
  2. 投資の基礎知識

    ジュニアNISAはメリットばかりじゃない!4つのデメリットに注意!
  3. 投資の基礎知識

    イーサリアムのスマートコントラクトとは?仮想通貨を徹底比較
  4. 投資の基礎知識

    エイダコイン(ADA)は今後何倍になる?エイダコインの基本と買い方とは
  5. 投資の基礎知識

    Zaif(ザイフ)の登録方法は超簡単!口座開設方法まとめ
PAGE TOP