投資の基礎知識

ビットコインとイーサリアム、選ぶならどっち?仮想通貨の種類の解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、仮想通貨が何かと話題です。仮想通貨といったら、ビットコインを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

でも実は、仮想通貨にはビットコイン以外にも様々な通貨があります。代表的なものが、イーサリアムやリップルなどの通貨です。

正直、通貨によってどんな違いがあるのかは、なかなか見分けがつきませんね。

そこで、この記事では、ビットコインとイーサリアの違いについて解説していきます。

仮想通貨といったらビットコイン!


ビットコインは取引量No.1

仮想通貨といったら、ビットコインを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

ビットコインは、仮想通貨で一番取引量が多く、それだけ信頼性の高い仮想通貨といわれています。

また、2009年に市場に登場してから、その取引価格は右肩上がりで上昇を続けています。

まさに仮想通貨の代表に位置するのが、このビットコインなのです。

実際、大手企業の間でも、決済手段としてビットコインを導入する動きも出てきており、今後さらに利用の幅が拡大していくと考えられます。

ビットコインの中核技術

ビットコインに採用されている革新的な仕組みが、「ブロックチェーン」と呼ばれるものです。

ブロックチェーンとは、ビットコインの過去全ての取引履歴を、世界中のコンピューターに分散して記録する技術です。

全ての取引履歴を世界中に分散しているため、利用者相互で監視することが可能となり、データの改ざんやハッキング等を防ぐことができます。

通常の通貨のように中央銀行のような存在がいないため、一部の権力者によって意図的に通貨を支配することは不可能となり、世界中で自由に取引できるメリットがあります。

ブロックチェーンは、インターネットが普及したからこそ可能となったシステムといえます。

手数料が取引スピードが早い

ビットコインの送金手数料は、およそ0.02%ほどです。恐ろしいのが、その手数料が世界中どこでも一緒だということです。

例えば、海外にお金を送金する際の送金手数料は、銀行にもよりますが、およそ4,000円〜かかります。これに加えて、為替手数料が追加でかかります。

一方、ビットコインなら世界中どこでも0.02%ほどで送金可能です。ビットコインの手数料が圧倒的に安いことが分かります。

また、ビットコインの取引スピードは、銀行の海外送金と比べても非常に早くなっています。

ビットコインなら、早くて10分、遅くても1時間ほどで作業が終了します。銀行の場合には、早くて3日ほど、長くて1〜2週間ほどかかってしまいます。

ビットコインの方が、手数料・取引スピード共に圧倒的に優れているのです。

 

意外と聞くイーサリアムとは?


イーサリアムは時価総額2位

イーサリアムは、時価総額でビットコインに次ぐ2位を誇っている仮想通貨です。

イーサリアムというのは、通貨そのものを指すのではなく、アプリケーションのやソフトウェアの「プラットフォーム」のことをいいます。このプラットフォーム内で扱われている仮想通貨を「イーサー(ETH)」といいます。

ビットコインの時価総額がおよそ4.4兆円、イーサリアムが2.3兆円ほどとなっています。仮想通貨全体の時価総額が10兆円ほどですので、ビットコインとイーサリアムで仮想通貨の7割を占めている計算です。

スマートコントラクト

ビットコインとイーサリアムの一番の違いが、イーサリアムの方がビットコインよりも機能を拡張させていることです。

ビットコインは、単にコイン同士を交換することしかできません。一方、イーサリアムには、コインを交換する機能に加えてスマートコントラクトという仕組みが付帯されています。

スマートコントラクトとは、ブロックチェーン技術により、世の中にある全ての契約をインターネット上に記録することをいいます。

スマートコントラクトのもとでは、もはや仲介業者等は不要になりますし、取引記録の改ざんや変更が一切できません。例えば、不動産の取引の際には登記が必要となりますが、それもスマートコントラクトにより不要となる可能性があります。

イーサリアムは、まさに次世代の技術が盛り込まれたプラットフォームなのです。

イーサリアムの今後

現在、イーサリアムを活用したアプリケーションがどんどん誕生しています。イーサリアムを利用したアプリケーションのICOが行われたり、大企業もプロジェクトを進めています。

ただし、イーサリアムには脆弱性があり、過去ハッカーによって資金が盗み取られたことがあります。イーサリアムはまだまだ実験段階のため、今後の動きについては注意が必要です。

投資をする際には、あくまで余剰資金の範囲内で行うのがベターです。

 

ビットコインとイーサリアムのまとめ


今回は、ビットコインとイーサーリアムについて解説してきました。

両者は似ても似つかぬ仮想通貨です。通貨としての信頼性でいったらビットコインですし、今後の成長が期待されるのがイーサリアムです。

投資する際には非常に悩むところですが、迷ったら王道のビットコインに投資しておくのがいいでしょう。

 

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます:

>>特定口座の源泉徴収あり・なしと一般口座の違いとは?口座の選び方のまとめ

>>指値注文と成行注文の使い方とは?株の売買と注文の仕組みを解説!

>>ジュニアNISAとは − メリット・デメリット・贈与税の扱いのまとめ

>>投資信託の利益確定と損切り手法を解説!最適な解約タイミングとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ジュニアNISAのメリットを生かそう!賢く使って将来に備えましょう!
  2. 外貨投資するならどれ??外貨建てMMF・債券・投資信託のリスクとリターン
  3. あなたは何のために働いていますか?
  4. 外貨預金はオススメできない?外貨預金のメリットとデメリット
  5. 高利回りな優良物件を見つける方法とは?不動産投資の基礎

関連記事

  1. 最新投資ニュース

    イーサリアム(ETH)が市場全体の下落ムードからいち早く脱却

    ラウンドボタン-Sイーサリアムが下落ムードからいち早く脱却…

  2. 投資の基礎知識

    NISAとは − 投資信託で知っておきたいメリットとデメリット

    一時期、NISAという言葉が様々な媒体を通じて流れていました。この…

  3. 投資の基礎知識

    こんなサラリーマン大家は失敗する!?物件リフォームで気をつけたいこと!

    不動産物件を購入したら、満室経営を維持するために、リフォームが不可欠で…

  4. 最新投資ニュース

    ビットコインが急落 − 中国によるICO規制が原因

    ここ数日でビットコインが大幅に下落!ビットコインがおよそ20%…

  5. 投資の基礎知識

    FXでは損切りが超重要!FXの基本を徹底解説

    FXと聞くと、「1億円も受けました!」とか「失敗して破産しました、、」…

  6. 投資の基礎知識

    知っておきたい!積立NISAはメリットがたくさん!いつから始まる?

    あなたは「つみたてNISA」をご存知でしょうか?実は2018年…

最新の記事

特集記事

オススメの記事

  1. 人生を劇的に変える言葉〜ありがとうは魔法の言葉です
  2. 公募株式投資信託とは?国内株式型投信の仕組みと選び方
  3. すぐに飽きてしまう人に必要なこと=続ける力が大切です!
  4. インデックスファンドとは?その魅力と利益の上げ方とは
  5. 職場の人間関係が最悪で会社がつまらない。人間関係を改善する心…
  1. 投資の基礎知識

    優良物件を見つけよう!長期にわたり維持可能な収益物件の選び方
  2. ブログ

    なぜベストを尽くさないのか。
  3. 投資の基礎知識

    外貨建てMMFとは??その仕組みとメリット・デメリットのまとめ
  4. 投資の基礎知識

    損しないために!不動産所得で計上できる必要経費の基本
  5. ブログ

    不安になるときは、とにかく行動してみる!
PAGE TOP