投資の基礎知識

外貨投資するならどれ??外貨建てMMF・債券・投資信託のリスクとリターン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、日本の銀行の預金金利は非常に低くなっています。銀行預金にお金を預けていても、お金が増えることはほとんど期待できません。

ところが、世界に目を向けてみると、海外は金利が高く投資先として非常に魅力的となっています。ですが、海外の投資というと、外貨預金、外貨建てMMFなど、多くの種類があります。一体どれに投資すればいいのが、非常に悩むところですね。

そこで、この記事では、そんな外貨建て商品をリスクとリターン別にご紹介したいと思います。この記事を参考に、あなたも外貨建て商品への投資を考えてみてください!

そもそも外貨投資って何??


外貨投資とは

外貨投資とは、外国通貨建ての商品に投資することをいいます。主要通貨である米ドルやユーロだけではなく、ポンドやNZドルなど多種多様な通貨が対象となっています。

外貨投資の一番のメリットが、その金利の高さです。日本ではマイナス金利が導入され、銀行金利が軒並み下がっています。ですが、海外はまだまだ金利が高く、投資先として非常に魅力的なのです。

為替レートに要注意

外貨投資で注意が必要なのが為替レートです。

外貨に投資する際と、外貨から日本円に戻す際に、それぞれ為替レートの影響を受けます。どんなに金利が高くても、日本円に戻す際に円高に触れていたら、金利以上に為替差損が出てしまう恐れがあります。

また、為替手数料も見逃してはいけません。外貨投資の手数料は割高に設定されているため、手数料だけで大幅に損をする可能性もあります。

 

外貨投資、リスク・リターン別の違いは??


ローリスク・ローリターン

外貨預金

外貨預金は円預金の外貨版です。円預金と同様、外貨普通預金と外貨定期預金の2種類があります。当然、外貨定期預金の方が金利が高くなっています。

ただし、外貨預金で注意したいのが「取引手数料」です。購入時と換金時にそれぞれ為替手数料が1円程度かかることが多いです。この取引手数料は、今回ご紹介する外貨建て投資の中で外貨預金が一番割高となっています。

また、外貨定期預金に投資した場合には、途中で解約できない特徴があります。仮に途中で解約する場合には、低い金利が適用された利息が支払われるようになります。

外貨建てMMF

外貨建てMMFは、安全性重視の外貨建ての投資信託です。外貨建てMMFは安全性を最優先に運用が行われ、主な投資対象は優良企業の社債や国債などです。

購入手数料は無料ですし、わずか1万円から投資できますので、手軽に投資を始めることができます。

外貨預金よりも取引手数料が安く、また金利も高い傾向にあります。外貨預金に投資するぐらいなら、外貨建てMMFへ投資した方がいいでしょう、

ミドルルスク・ミドルリターン

外国債券

外国債券は、狭義の意味で外国通貨建てで発行される債券のことをいいます。債券はあらかじめ償還日や利息が決められているので、確実に利益を上げたいなら外国債券がオススメです。

ただし、取引の際にはある程度まとまった資金が必要です。

外貨建て投資信託・ETF

外貨建て投資信託とは、外貨建ての投資信託です。

通常の投資信託と同様、販売手数料や信託報酬等がかかります。日本の投資信託よりも外貨建て投資信託の方が多く設定されているため、商品選びは慎重に行いましょう。

為替リスクを防ぎたい場合には、為替ヘッジありの投資信託を選ぶようにしましょう。ヘッジ費用の分だけ割高となりますが、為替リスクをなくすことができます。

ハイリスク・ハイリターン

FX

外貨投資の王道といったらFXでしょう。

FXは外国通貨を売買することで、利益を上げる投資手法です。為替レートの値動きを利用して、利益を上げます。

レバレッジを効かせることができるため、少額の資金しかなくても、最大25倍までの金額の取引を行うことができます。ただし、レバレッジを効かせすぎると、利益が出た時には大儲けできますが、損失が出た場合にはそれが一気に拡大する恐れがあります。

FXにはもう一つ「スワップポイント」という利益の上げ方があります。スワップポイントとは、低金利通貨を売って高金利通貨を買うことで、その金利差にあたる部分を毎日受け取れることをいいます。スワップポイントを使えば、通貨を保有しているだけで、毎日利益を上げることができます。

外国株式

こちらは外貨建ての株式に直接投資することをいいます。自分で外国株式に投資する際には、自分で銘柄を選定する必要があるため、投資初心者にはハードルが高いと言えるでしょう。

ただ、海外には優良企業も多いため、うまく運用できれば大きな利益が期待できます。

 

外貨投資のまとめ


今回は外貨投資をリスクとリターン別に解説してきました。

外貨投資は大きなリターンが期待できる一方、為替リスクやカントリーリスクがあるというデメリットもあります。

もしも外貨投資をするのなら、投資のリスクや海外情勢をしっかりと確認した上で投資をしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 人生の「鳥かご」から抜け出す
  2. クラウドファンディングの購入型とは?メリット・デメリットも徹底解説!
  3. 自分の価値を高める
  4. インデックスファンドとは?その魅力と利益の上げ方
  5. ボロ築古物件には要注意!不動産投資で失敗しないためのポイント

関連記事

  1. 最新投資ニュース

    ソーシャルレンディングは危険?貸し倒れリスクと対策を一挙公開

    ソーシャルレンディングは借り手にもメリットが!最近、ソーシ…

  2. 投資の基礎知識

    【不労所得の作り方】サラリーマン大家が失敗しないための不動産投資の基本

    不動産投資に興味があるけど、いまいち一歩踏み出せないあなた!今…

  3. 投資の基礎知識

    知っておこう!新規公開株(IPO)の基本とメリットとは

    あなたは新規公開株(IPO)をご存知でしょうか?? IPOをうまく…

  4. 投資の基礎知識

    オプション取引とは 初心者が知っておきたい基礎知識

    投資の勉強をしていると、必ず遭遇するのが「デリバティブ取引」です。…

  5. 投資の基礎知識

    公募株式投資信託とは?国内株式型投信の仕組みと選び方

    投資信託といっても、債券に投資するものや株式に投資するものまで、様々な…

  6. 最新投資ニュース

    クレジットカード業界がビットコインのブロックチェーン技術を導入を計画

    マスターカードがブロックチェーンを使った決済を検討クレジットカード…

最新の記事

特集記事

オススメの記事

  1. 成果を上げるには時間がかかります!
  2. 自主管理の大家さんにこそオススメしたい不動産管理会社とは
  3. ビットコインがSegWit2xのハードフォークを予定。相場は…
  4. クレジットカード業界がビットコインのブロックチェーン技術を導…
  5. 夢を叶える方法!夢を叶えている人とお会いする
  1. ブログ

    胸が高まるようなワクワク感を持ちましょう!
  2. 投資の基礎知識

    不動産投資で資産管理会社を設立するメリットとデメリット
  3. ブログ

    日々の活動を楽しんで、人生を楽しむ。
  4. 投資の基礎知識

    外貨投資するならどれ??外貨建てMMF・債券・投資信託のリスクとリターン
  5. 投資の基礎知識

    分散投資とは??メリット・デメリットを解説します
PAGE TOP