投資の基礎知識

注目のクラウドファンディングとは?始め方とメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは、「クラウドファンディング」というものをご存知でしょうか??

クラウドファンディングとは、インターネットを使った資金調達方法で、新しい資金調達方法として注目されています。

この記事では、そんなクラウドファンディングの基礎知識と、メリットとデメリットを解説していきます。

この記事を読み、クラウドファンディングへの理解を深めてくださいね!

クラウドファンディングの基本


クラウドファンディングとは

クラウドファンディングとは、インターネットを通じ、不特定多数の人から資金を調達することをいいます。

最近では、起業家やクリエイターが資金を調達する方法として、注目されています。

また、資金を提供する側としても。自分の関心のある分野に資金を提供できるメリットがあります。利回りもかなり高めに設定されており、投資先としても魅力があります。

クラウドファンディングの歴史

クラウドファンディングは、主にアメリカにて2000年以降よりサービスが開始されています。

そして、日本に最初にクラウドファンディングが入っきたのが2011年で、最初に始まったクラウドファンディングサービスが「Ready for」です。

その後、日本最大級の規模を誇る「CAMPFIRE」がスタートしました。

海外ではクラウドファンディングの規模は数兆円に達していますが、日本に限っていうと、まだまだ規模は小さいです。

今後、クラウドファンディングの市場はさらに拡大することが予想されます。

クラウドファンディングの仕組み

クラウドファンディングでは、まずプロジェクトの起案者が、プロジェクトの情報をクラウドファンディングのサイト上に掲載します。

そして、そのプロジェクトに共感した人がいると、共感した人たちから少しずつ資金が集まってきます。

その資金が当初予定した金額まで集まった場合、プロジェクトが成立します。プロジェクトの立案者は、集まった資金を元にプロジェクトを行います。

そして、クラウドファンディングのサービス運営者は、プロジェクトが成立すると、集まった資金の数十%を手数料として徴収します。

 

クラウドファンディングの種類


金融型

金融型のクラウドファンディングは、出資者が特定のプロジェクトに出資し、その見返りとして金銭等が受け取れるものをいいます。

主な投資先は、未公開株や不動産投資、海外投資などです。

購入型

購入型のクラウドファンディングは、出資者に対して金銭以外の見返り(リターン)があるものをいいます。リターンとしては、そのプロジェクトが成立したら作られる商品やサービスなどがあります。

リターン目当てに出資されることが多いため、プロジェクトの魅力そのものも大切ですが、リターンの内容も重要です。

寄付型

寄付型は、文字通り「寄付」型のクラウドファンディングのため、出資者にはリターンがないクラウドファンディングです。

主なプロジェクトとしては、途上国支援などの社会的意義のあるものが多いです。

クラウドファンディングでは、プロジェクトの状況が公開されるため、寄付をした後の状況が透明化されるメリットがあります。

 

クラウドファンディングのメリット


少額の資金でも投資ができる

クラウドファンディングに投資するメリットは、少額の資金から投資が始められることです。

少額の資金で自分が応援したいプロジェクトに投資することができるため、楽しみながら投資をすることができます。

金利が高い

クラウドファンディングの金利は、かなり高くなっています。

例えば金融型のクラウドファンディングの中には、年利で5%を超えるものもあるぐらいです。

現在の銀行金利はスズメの涙ぐらいですから、貯金に回しているお金をいくらかクラウドファンディングに振り分けてもいいでしょう。

自分の興味がある分野に投資できる

クラウドファンディングには実に様々なプロジェクトがありますので、自分の興味のある分野を見つけ、それに投資することができます。

寄付型のクラウドファンディングには社会的意義の強いものもありますので、投資をしながら社会貢献もできるメリットがあります。

 

クラウドファンディングのデメリット


プロジェクトが成立するとは限らない

クラウドファンディングの一番のデメリットが、自分が出資したプロジェクトが、必ずしも成立するとは限らないことです。

クラウドファンディングには目標金額が設定されており、募集が締め切られる時点で目標金額に達していなければ、プロジェクトは実行されません。

実行されないプロジェクトの見分け方として、実現可能性が低かったり、コンセプトが曖昧であったりすることが挙げられます。

プロジェクトが失敗してもお金が戻らない

クラウドファンディングでは、出資した後に解約できないという特徴があります。プロジェクトが失敗に終わっても、資金を取り戻すのは難しいのです。

私たち投資家が取れる防衛手段としては、担保や保証があるクラウドファンディングを選ぶようにしたり、規約を事前に確認したりすることが挙げられます。

 

クラウドファンディングのまとめ


今回は、最近注目されているクラウドファンディングについて、解説してきました。

クラウドファンディングへの投資は、実は利回りが非常に高く、かなりオススメです。

特に融資型クラウドファンディングであるソーシャルレンディングは、年利5%超えも夢でありません!

ぜひ、あなたもクラウドファンディングやソーシャルレンディングについて情報収集してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 投資信託で大損しないために知っておきたい投資信託の選び方
  2. 海外ETFがおすすめな理由〜手数料以上のメリットが盛りだくさん!
  3. 知っておきたい!外貨預金のメリット・デメリット
  4. 積立型の投資信託にはデメリットがある?積立投信の基礎
  5. 元本保証とは?安全に投資を始めよう!

関連記事

  1. 投資の基礎知識

    FXのスイングトレードの始め方とメリット・デメリットのまとめ

    FXのスイングトレードは、数日から数週間にわたってポジションを持つトレ…

  2. 投資の基礎知識

    インデックスファンドとは?その魅力と利益の上げ方とは

    あなたはインデックスファンドというものをご存知でしょうか??イ…

  3. 投資の基礎知識

    株の仕組みとは?株の初心者が失敗しないための基本と心構え

    投資といったら株式投資と言われるぐらい、株式投資はポピュラーな投資です…

  4. 最新投資ニュース

    「ビットコインは詐欺」発言のJPモルガンCEO、訴えられる

    JPモルガンCEOが相場操縦で訴えられる「ビットコインは詐…

  5. 投資の基礎知識

    Binance(バイナンス)仮想通貨取引所の登録方法と使い方

    仮想通貨投資を始めるには、まず取引所に登録する必要があります。…

  6. 投資の基礎知識

    個人向け国債とは?投資初心者が知っておきたいこと

    現在、取り組みやすい投資として国債が注目を集めています。今回は…

最新の記事

最近の記事

  1. 心が疲れたら…。何もしない日も大切。
  2. ビットコインがSegWit2xのハードフォークを予定。相場は…
  3. ドルコスト平均法による投資のデメリットとは
  1. 投資の基礎知識

    コインチェックの手数料は高い!クレジットカードなど手数料には注意
  2. 投資の基礎知識

    仮想通貨の種類と特徴〜マイニング方法、チャートの見方、税金対策とは
  3. 投資の基礎知識

    【bitFlyer】ビットフライヤーへの登録方法と二段階認証の設定方法
  4. 投資の基礎知識

    詐欺はウソ!仮想通貨アロハコインの基本からマイニング方法まで解説
  5. 投資の基礎知識

    Poloniex(ポロニエックス)の登録方法・口座開設方法のまとめ
PAGE TOP