投資の基礎知識

ETFと投資信託を徹底比較!最近話題のETFとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投資信託よりも手数料が安く、なおかつリアルタイムで取引できる商品に「ETF」があります。

ただ、ETFと投資信託、2つの商品は似通っているところがあり、その違いを正確に理解している人は少ないのではないでしょうか。

そこで、この記事ではETFと投資信託の違いについて徹底比較してみたいと思います。この記事を参考に、ETFと投資信託への理解を深めてみてください!

ETFの基本と魅力


まず最初に、ETFの基本とその魅力について解説していきます。

ETFの基本

ETFは上場投資信託といい、株式のように証券取引所に上場している投資信託のことをいいます。その運用成果は、TOPIXや日経平均株価をはじめとした指数に連動するようになっています。

ETFの連動する指標としては、株式や債券だけでなく、不動産や金、商品など多くあります。海外に上場している海外ETFも加えると、その種類は非常に多岐にわたっています。

ETFは信託報酬が安い

ETFの特徴としてまず挙げたいのが、その信託報酬の安さです。

普通の投資信託と比較しても、その信託報酬の安さは破格の水準です。中には信託報酬が0.1%を切るものもあるぐらいです。

長期投資をする上では、信託報酬は運用成果に大きな影響を与えます。信託報酬の安さは、非常に重要なポイントです。

ETFで手軽に分散投資できる

ETFは投資信託の一種ですから、ETF一本に投資するだけで、複数の銘柄に分散投資しているのと同じ効果を期待できます。

株に投資するものや、債券に投資するもの、他にも様々な地域に投資するETFを組み合わせれば、世界全体に分散投資することが可能です。

ETFはリアルタイムで取引できる

ETFは株式同様、リアルタイムで売買することができます。

また、取引の際には指値注文や成行注文も可能ですから、取引の幅も広がります。

比較的少額から投資を始められる

購入単価が高くなるのがETFのデメリットでしたが、最近では購入単価が安いETFも出てきました。

ただし、それでもある程度まとまった金額(10万円ほど)で取引を行わないと、売買手数料の方が高くついてしまうため、注意が必要です。

 

ETFと投資信託の違い


ETFと投資信託は、どちらも商品としてはかなり似通っています。

ここからは、ETFと投資信託の違いについて、解説していきます。

購入手数料

購入手数料の面から両者を比較すると、投資信託に軍配が上がります。

投資信託の場合、購入手数料が無料のノーロードが多く販売されています。ノーロードの投資信託に投資するのが、最早スタンダードになりつつあります。

一方、ETFの場合には、株と同様に購入手数料がかかります。

その購入手数料は、証券会社によってまちまちですから、色々な証券会社を比較して、ETFを購入するようにしましょう。

また、ETFを購入する時には、ある程度まとまった金額で購入するのが鉄則です。あまりに少額で購入してしまうと、購入手数料が割高となってしまいます。

信託報酬

信託報酬の観点では、ETFの方が圧倒的に有利です。

通常の投資信託は、信託報酬が安いものでも0.5%ほどからとなっています。

しかし、ETFの場合には、安いもので0.1%を切るものもあります。これだけ信託報酬が違うと、長期投資の際、運用成果に大きな差が生まれます。

最低購入単価

最低購入単価で比較すると、投資信託の方が低くなっています。

投資信託では、最低1万円前後から購入することができます。積立投資を利用すれば、1,000円単位で購入できることもあります。

ETFの場合には、1万円ほど購入費用がかかります。1万円から購入できますが、購入手数料を安くするためには、ある程度まとまった金額で購入する必要があります。

取引のタイミング

ETFと投資信託を比較すると、ETFの方がリアルタイムで売買できるメリットがあります。

投資信託で実際に約定する基準価額は、その日の夕方か翌営業日にならないと分かりません。そのため、場合によっては、自分の想像していなかった金額で約定することもあります。

一方、ETFは株式投資と同様にリアルタイムで指値注文や成行注文を入れることが可能ですから、取引をスピーディーに行うことができます。

 

ETFの注意点


最後に、ETFに投資する際の注意点について簡単にご説明します。

購入手数料に注意する

ETFの一番のネックは購入手数料です。この購入手数料は証券会社によって本当にまちまちです。

一定金額以下の取引は無料だったり、一律で料金を取ったり、色々な証券会社があります。色々な証券会社を比較して、自分の購入スタイルに合う証券会社を見つけるようにしましょう。

同じ指数でも成果が違う

同じ指数と連動するETFなら運用成果も同じように思えますが、実際は違います。

ETFの取引価格は市場の需要と供給のバランスによって決まるため、実際の価値とは乖離するのです。

ETFに投資する際には、同じ指数と連動するETF同士を比較するようにしましょう。

 

まとめ


ここまで、ETFと投資信託の比較に焦点を当てて解説してきました。

ETFは投資信託と比べても長期投資をする上で非常に有利な商品ですので、ぜひ投資を検討してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. サラリーマン大家が失敗しないで不動産投資から収益を上げる方法
  2. ストックオプションとは?その仕組みを分かりやすく解説
  3. ワンルームマンション投資とは?サラリーマン大家が失敗しないために知っておきたいこ…
  4. 個人投資家が超高速取引に打ち勝つ方法
  5. 今年こそは最高の年に!今年の目標を立てる。

関連記事

  1. 最新投資ニュース

    絶対に知っておきたいハイ・イールド債の見通しとリスク回避方法

    ハイ・イールド債はハイリスク・ハイリターンハイ・イールド債…

  2. 投資の基礎知識

    個人向け国債のメリット・デメリット・解約とは〜利付国債との比較〜

    個人向け国債が最近人気ですが、国債の仕組みについてきちんと理解していま…

  3. 投資の基礎知識

    ご存知ですか?ビットコインの資産運用で知っておきたいこと

    高利回りで最近注目されているのがビットコイン投資です。仮想通貨のビット…

  4. 投資の基礎知識

    築古物件は儲かるの?中古物件には要注意!

    住宅を購入しようとして最初に迷うのが、新築の不動産を購入するか、中古の…

  5. 投資の基礎知識

    個人投資家が超高速取引に打ち勝つ方法

    あなたは「超高速取引」という言葉を聞いたことがありますか?超高…

最新の記事

特集記事

オススメの記事

  1. 株で儲けた人になろう!株初心者のための儲かる銘柄の選び方
  2. 人生は変えられる?時間を忘れて没頭できることを見つけましょう…
  3. 手軽に投信の積立!積立にはデメリットがあるのか?
  4. やることがないのは勿体ない!
  5. 公募株式投資信託とは?国内株式型投信の仕組みと選び方
  1. 投資の基礎知識

    戸建賃貸には需要がある?一戸建て賃貸のメリット・デメリット!
  2. 投資の基礎知識

    毎月分配型の投資信託を買うと損する理由
  3. 投資の基礎知識

    すぐに分かる!投資信託の始め方と証券会社の選び方
  4. 投資の基礎知識

    債券の格付けは大切!格付けを理解し投資を行いましょう
  5. 投資の基礎知識

    株の空売りとは?株価下落時でも利益を得られる魔法の方法
PAGE TOP