投資の基礎知識

インデックスファンドは利回りが高い?インデックスファンドが投資初心者におすすめな理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投資には株式投資や債券投資など非常に多くの種類がありますが、その中でもインデックスファンドへの投資は、投資初心者におすすめな投資方法です。

今回は、なぜインデックスファンドへの投資がおすすめなのか、その魅力について徹底解説します。

ファンドの種類


まずは投資信託のファンドの基本から解説していきたいと思います。

インデックスファンド

インデックスファンドとは、TOPIXや日経平均株価などの市場平均(指標)と同じような運用成果を目指すファンドです。

インデックスファンドは、TOPIXなどの指標が採用している銘柄とほぼ同じ銘柄に投資し、常に市場平均と同じ成果を出すように運用されています。

アクティブファンド

アクティブファンドは、TOPIXなどの市場平均を常に上回る運用成果を目指すファンドです。

収益を上げるために、様々銘柄を調査したり、頻繁に売買を繰り返すため、購入手数料や信託報酬がインデックスファンドよりも高い傾向にあります。

バランスファンド

バランスファンドは、複数の資産にバランスよく分散投資するファンドです。

銘柄の分散ではなく、株や債券など資産クラスの分散を行なっているので、ファンドの価格が変動するリスクを減らすことができます。

また、バランス型ファンドに組み込まれている資産の割合が変わった場合には、ファンド側で自動的にリバランスを行なってくれます。そのため、個人で定期的にリバランスをする手間がかかりません。

バランス型ファンド一つに投資するだけで、それだけで事足ります。

 

インデックスファンドがオススメな理由


インデックスファンド投資には、多くのメリットがあります。投資の知識が浅い投資初心者でも、安心して投資を始めることができます。

コストが安い

インデックスファンドの一番の魅力は、その運用コストの安さでしょう。

アクティブファンドと比較すると、インデックスファンドの信託報酬はかなり低くなっています。

運用期間が長くなるほど信託報酬の影響は大きくなりますから、信託報酬の安いインデックスファンドを選ぶことは、長期投資する上で不可欠といえます。

長期投資で有利

経済というのは、長期的に見ると右肩上がりで成長を続けるものです。その流れを捉えて投資するのが長期投資です。

インデックスファンドは、市場全体に分散投資し、経済全体の成長に合わせて資産を増やしていくスタイルですので、長期投資との相性は抜群なのです。

ただ、短期的に見ると、インデックスファンドよりもアクティブファンドの方が利益を上げることがありますが、常に市場平均よりも高いリターンを上げることは非常に困難です。

投資期間が長くなるほど、勝ち続けるアクティブファンドの数は減っていきます。

信託報酬の安さを考慮に入れると、アクティブファンドよりもインデックスファンドの方がリターンが大きくなります。

分散投資できる

インデックスファンドは、市場全体に分散して運用を行いますから、手軽にリスク分散を図ることができます。

他の投資でリスク分散をしようと思ったら、自分で多くの銘柄を購入する必要があり、資金がいくらあっても足りません。

インデックスファンドなら、1,000円単位からでも手軽に分散投資を行うことができます。

値動きや投資対象が分かりやすい

インデックスファンドは、TOPIXや日経平均株価などの指標(インデックス)と連動した運用成果を目指す投資信託です。

インデックスファンドの値動きを把握したいと思ったら、そのファンドが参照している指標を見れば、一目瞭然です。

また、投資対象もTOPIXや日経平均株価などが採用している銘柄に限られますので、投資先も明らかだといえます。

 

インデックス投資の始め方


こちらでは、インデックス投資を始める方法について、解説していきます。

指標(インデックス)を選ぶ

インデックスファンド選びで最も大切なのが、どの指標を選ぶかです。

例えば、日本株式に投資したいのなら、TOPIXや日経平均株価などの指標を決める必要があります。

ただし、投資初心者の場合には、オーソドックスに日本株式は「TOPIX」、外国債券なら「シティ世界国債インデックス」、外国株式なら「MSCI コクサイ・インデックス」 を選ぶのが無難でしょう。

ファンドを選ぶ

指標を決めたら、次にファンド選びをします。

ファンド選びのポイントとしては、まずは購入手数料、信託報酬などの運用コストが低いことが挙げられます。

投資信託は長期投資が基本となりますので、運用コストの安さは必須条件です。購入手数料が無料のノーロード型を選び、信託報酬は1%を切るものを選びたいものです。

また、過去の運用成績を見ることも大切です。設定されて間もないファンドや、純資産残高が極端に少ないファンドなどは除外します。安定して純資産残高が増え続けているファンドを選ぶようにしましょう。

証券会社でファンドを購入する

希望のファンドが決まったら、最後に証券会社に注文を入れます。

まとめて購入するのではなく、積立投資を利用して複数に分けて購入することで、毎月少額から投資を始めることができますし、平均購入単価を引き下げることができます。

投資を始めて間もない方は、積立投資から始めるのがオススメです。

 

まとめ


インデックスファンドを利用すれば、投資初心者でも手軽に投資を始めることができます。

あなたも是非、インデックスファンドに挑戦してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



公式メールマガジンにて最新情報配信中!





国内取引所はビットフライヤーがおすすめ!


"bitFlyer
 

bitFlyerの登録方法 

   

bitFlyer公式サイト




ビットコインの手数料がマイナス!ザイフ



 

Zaifの登録方法

   

Zaif公式サイト




海外取引所は世界最大のバイナンスがおすすめ!



 

Binanceの登録方法

   

Binance公式サイト




LINEでも投資情報を配信中!





ピックアップ記事

  1. ファクトム(Factom)の実力はいかに?仮想通貨の中で人気上昇中 
  2. 築古木造物件とRCマンションはどちらが有利??
  3. ジュニアNISAのデメリットを正しく理解しよう。メリットはあるの?
  4. 仕組債のノックインの仕組みとは?仕組債に隠された3つのリスク
  5. 一般媒介契約と専任媒介契約の違いは?知っておきたい取引形態

関連記事

  1. 最新投資ニュース

    要注目!エストニアがブロックチェーンを使った仮想通貨の発行を計画中

    エストニア共和国が世界初の国家によるICOを計画以前から先進的な取…

  2. 投資の基礎知識

    空室対策!アパートやマンションの空室率を改善するための方法

    不動産投資の一番の悩みの種が、空室です。空室になると家賃収入が入ってこ…

  3. 最新投資ニュース

    なぜ仕組債に投資してはいけないのか?ノックインって何?

    仕組債とは富裕層を中心に人気があるのが、仕組債と呼ばれる債…

  4. 投資の基礎知識

    ミニ株を始めよう!ミニ株のメリット・デメリット

    株式投資を始めたいと思っていても、まとまった資金がなく、実際に投資を始…

  5. 投資の基礎知識

    積立型の投資信託にはデメリットがある?積立投信の基礎

    あなたは、積み立て型投資信託という言葉を聞いたことがありますでしょうか…

  6. 投資の基礎知識

    投資信託の解約タイミングはいつが良い?解約タイミングの解説

    投資信託を持っていると「いつ解約するか?」ということに悩むと思います。…

おすすめの記事

  1. 投資の基礎知識

    仮想通貨ネム(NEM/XEM)とは? 2018年に注目の理由を解説
  2. 投資の基礎知識

    DMMビットコインの登録方法をやさしく解説
  3. 投資の基礎知識

    投資信託は解約タイミングが重要!損切りと利益確定で資産倍増を!
  4. 投資の基礎知識

    特定口座の源泉徴収ありなし、お得なのはどっちの口座?
  5. ブログ

    会社がつまらない。不満ばかりの現状を改善するたった一つの方法
PAGE TOP