投資の基礎知識

オルタナティブ投資とは?メリット・デメリットと仕組みを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたはオルタナティブ投資というものをご存知でしょうか? あまり聞き慣れない言葉ですが、投資においては重要な用語です。

今回はオルタナティブ投資の基本と、メリット・デメリットを解説したいと思います。

オルタナティブ投資の基本


オルタナティブ投資という言葉は、あまり気になれないですよね。まずはオルタナティブ投資という言葉の意味から説明します。

オルタナティブ投資とは

オルタナティブ投資の「オルタナティブ」には、「代替可能な」という意味があります。

つまり、オルタナティブ投資とは、債券や株式などの伝統的な投資以外の新しい投資のことを言います。

債券や株との連動性が低い

オルタナティブ投資の対象は、債券や株式などの値動きと連動性がほとんどないと言われています。そのため、投資家の間では分散投資先の一つとして選ばれています。

ハイリスク・ハイリターン

オルタナティブ投資には、ヘッジファンド、デリバティブ、商品など様々な投資手法が存在します。

その特徴として、株式投資や債券投資と比べてリターンが大きく、そしてリスクが高いことが挙げられます。

オルタナティブ投資を検討する際には、リスクについてしっかりと認識しましょう。

オルタナティブ投資に向いている人

オルタナティブ投資が向いているのは、市場の状況に関わらず常に収益をあげたい人や、分散投資先を検討している人でしょう。

すでに債券投資や株式投資を始めている人は、分散投資先としてオルタナティブ投資を検討してみてもいいでしょう。オルタナティブ投資は債券・株式と値動きが異なりますので、リスク分散できます。

 

オルタナティブ投資の種類


現物不動産

これは意外かもしれませんが、現物不動産もオルタナティブ投資の一つです。

ヘッジファンド

ヘッジファンドとは、機関投資家や富裕層などから集めた資金を、債券や株式だけでなくデリバティブや商品など様々な資産に投資して運用するファンドです。

市場がどんな状況にあっても、常に高い収益を上げることを目的に運用されています。ヘッジファンドに投資すれば高いリターンを狙うことができますが、やはりリスクもそれだけ高くなります。

ヘッジファンドは常に投機的に利益を追求するスタイルのため、市場を混乱させる要因となることもあります。

実際、サブプライム問題の時には、多くのヘッジファンドがサブプライム証券に投資していたため、世界中に金融危機が波及しました。

商品(コモディティ)

商品とは、商品先物市場で取引されている金銀などの貴金属、原油などのエネルギー、大豆やコーヒー豆などの商品のことをいいます。

商品と債券・株式の間には価格の連動性がないため、商品投資にはリスク分散効果があると言われています。

プライベートエクイティ

プライベートエクイティとは、未上場企業の株式のことをいいます。そのため、プライベートエクイティ投資では、未上場企業の株に投資を行います。

ただし、一般的にはベンチャー企業への投資をベンチャーキャピタル投資、成長・成熟期にある企業への投資をプライベートエクイティ投資と言います。

また、すでに上場している企業でも、経営陣賛同のもとで非上場化を目指す(TOB)場合に、プライベートエクイティ投資が行われることがあります。

その他

上記に挙げた商品以外にも、先物取引やオプション取引、証券化商品などもオルタナティブ投資に含まれます。

 

オルタナティブ投資のメリット・デメリット


ここからは、オルタナティブ投資のメリットとデメリットについて解説していきます。

オルタナティブ投資のメリット

まずはオルタナティブ投資のメリットです。

多様な商品に投資できる

オルタナティブ投資の対象は、ヘッジファンドや商品、デリバティブなど多種多様なものとなっています。豊富な投資対象の中から、自分だけの投資先を選ぶことができます。

債券や株と値動きが違う

債券や株と値動きが異なりますので、オルタナティブ投資をすることで、リスク分散することができます。

市場が低迷していても利益をあげられる

債券市場や株式市場が低迷している時でも、オルタナティブ投資であれば利益を上げることも可能です。

オルタナティブ投資のデメリット

オルタナティブ投資にもデメリットがあります。

仕組みがわかりづらい

オルタナティブ投資のデメリットとしては、その商品の仕組みが非常に複雑なことが挙げられます。

また、運用内容が十分に公開されていないこともあり、客観的な投資評価が難しくなってきます。

手数料が高い

オルタナティブ投資の手数料は、債券投資や株式投資よりも高い傾向にあります。

リスクが高い

オルタナティブ投資は、やはり債券投資や株式投資と比べても、リスクが高くなる傾向があります。

そのため、複数の商品を組み合わせてリスク分散することが大切です。

 

まとめ


オルタナティブ投資はあまり聞き慣れない言葉ですが、ご理解いただけましたでしょうか?

それにしても、不動産投資もオルタナティブ投資に入っているなんて驚きですよね。投資の知識をつけて、堅実に投資を進めましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 人生の2つの選択肢
  2. 注目!サラリーマン大家が失敗する理由と成功するための方法
  3. FX(外国為替証拠金取引)に慣れよう!まずはデモトレードから
  4. 最高の仲間と送る最高の人生。
  5. 不動産所得とは?遊休地を使って賢く土地活用する方法

関連記事

  1. 投資の基礎知識

    外国株式に投資するなら外国株式インデックスファンドがおすすめ!

    個人で外国株式に投資しようと思っても、なかなかハードルが高く始めづらい…

  2. 投資の基礎知識

    個人投資家が超高速取引に打ち勝つ方法

    あなたは「超高速取引」という言葉を聞いたことがありますか?超高…

  3. 投資の基礎知識

    MRFやMMFとは何??公社債投資信託の基本

    投資初心者にとって、プロが自分の代わりに投資の運用をしてくれる投資信託…

  4. 投資の基礎知識

    インデックスファンドとは?その魅力と利益の上げ方とは

    あなたはインデックスファンドというものをご存知でしょうか??イ…

  5. 投資の基礎知識

    ワラント債って一体なに??知っておきたいワラント債

    投資を色々調べていると、株式投資だとリスクが高すぎて、反対に社債だとリ…

  6. 投資の基礎知識

    株で儲けた人になろう!株初心者のための儲かる銘柄の選び方

    投資と聞いたら最初に思い浮かべるのが株式投資ですよね。株式投資はポピュ…

最新の記事

最近の記事

  1. バイナリーオプションは負ける??仕組みを徹底解説!
  2. 私の老後の生活は安泰です!
  3. 仕事をする理由は家族を守るため。あなたの家族を大切にしましょ…
  1. 投資の基礎知識

    Binance(バイナンス)仮想通貨取引所の登録方法と使い方
  2. 投資の基礎知識

    Poloniex(ポロニエックス)の登録方法・口座開設方法のまとめ
  3. 投資の基礎知識

    【bitFlyer】ビットフライヤーへの登録方法と二段階認証の設定方法
  4. 投資の基礎知識

    詐欺はウソ!仮想通貨アロハコインの基本からマイニング方法まで解説
  5. 投資の基礎知識

    仮想通貨の種類と特徴〜マイニング方法、チャートの見方、税金対策とは
PAGE TOP