投資の基礎知識

不動産投資するなら知っておきたい!不動産の証券化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産投資を行うためには、数千万円から数億円規模の資金が必要です。また、空室リスクや物件の管理など、様々な手間がかかります。

そのため、不動産投資を始めたいと思っても、投資初心者はなかなか投資に踏み込めないでしょう。

ところが、今回ご紹介する不動産小口化商品を利用すれば、手軽に不動産投資を行うことができます。

この記事では、そんな不動産小口化商品について解説していきます。

不動産小口化商品の基本


「不動産小口化商品」と聞いても、あまりピンとこないですよね。こちらでは小口化商品を一からご説明します。

不動産小口化商品とは

不動産小口化商品とは、不動産の所有権を複数に分割した金融商品のことをいいます。

投資家から集めた資金を元に不動産のプロが物件の投資から運用までを行い、その収益を投資家に分配する仕組みです。

多額の購入資金が必要な区分マンション投資や一棟アパマン投資とは異なり、小額の資金から投資を始めることができます。

不動産小口化商品の種類

不動産小口化商品には、主に3種類あります。

匿名組合型

匿名組合型は、不動産小口化商品の中でで最も多く販売されています。

投資家が不動産業者側にお金を出資し、不動産業者は保有している不動産の管理と運営を行います。そして、運用の結果得られた収益を投資家へ分配します。

実際の不動産は不動産業者が保有しているため、所有権は不動産業者側にあります。そのため、投資家の名前が登記上載ることはなく、匿名性があります。

また、投資家は出資金の範囲でのみ、責任を負います。

任意組合型

任意組合型では、匿名組合型とは異なり、投資家の名前が登記上載ってきます。そのため、現物不動産への投資とほぼ同じ扱いと考えていいでしょう。

その仕組みとしては、まず投資家が不動産の持分を購入し、それを現物出資する形をとります。そして、不動産業者はその代表として不動産の管理と運営を行います。そして、運用の結果得られた収益を投資家へ分配します。

賃貸借型

賃貸借型は、複数の投資家が購入した不動産を不動産業者に賃貸し、投資家に賃料を支払う仕組みです。また、持分に応じて運用益ももらえます。

 

不動産小口化商品のメリット


不動産小口化商品にはどのようなメリットがあるのでしょうか? ここからは不動産小口化商品のメリットをご紹介します。

リスク分散できる

不動産小口化商品のメリットとして、複数の不動産に分散投資ができることが挙げられます。

個人で現物不動産に分散投資しようと思っても、なかなか難しいものがあります。

不動産小口化商品なら、例えば複数の区分マンションに投資したり、地域をまたいで投資できることから、リスクを分散することができます。

小額の資金から不動産投資を始められる

不動産小口化商品の中には、100万円程度から投資できるものもあり、小額から投資を始めることができます。

現物不動産のように多額の資金を投資することに抵抗があるのなら、不動産小口化商品で不動産投資を始めるのも一つの手でしょう。

維持管理の手間がかからない

不動産小口化商品なら、現物不動産のように維持管理に手間を取られることはほとんどありません。

不動産業者側で維持管理をほぼ全て行なってくれます。

相続税の節税効果がある

任意組合型の不動産小口化商品に投資した場合には、相続税の計算の際に評価減できるメリットがあります。

ただ、解釈の仕方が分かれるところですので、詳細については専門家に相談しましょう。

 

不動産小口化商品のデメリット


やはり不動産小口化商品にもデメリットがあります。どうしても現物不動産投資よりも、リターンは小さくなります。

大きな儲けは得られない

不動産小口化商品では、現物不動産のようにローンを活用して大きな利益を上げることはできません。

利回りとしては、2〜6%ほど見ておくといいでしょう。

安いといってもまだまだ高額

不動産小口化商品は現物不動産に比べたらかなり安いですが、それでも1口100万円はします。

不動産小口化商品と似た商品としてREITが注目されていますが、REITなら1万円を切る価格から投資を始められますので、不動産小口化商品よりも断然有利でしょう。

売りたいときに売れない

せっかく不動産小口化商品に投資しても、いざ売りたいときに買い手が誰もいないことが考えられます。

もしも買い手が不動産業者となると、安値で買い叩かれる可能性もあります。

その点、REITなら手軽に売買することができます。

商品ラインナップが少ない

不動産小口化商品の商品数は、現物不動産と比べるとかなり少ないです。

限られた選択肢の中から、自分好みの商品を見つける必要があります。

 

まとめ


不動産小口化商品の中には、利回りが6%のものもあり、なかなかの高利回りを実現しています。

不動産小口化商品に興味を持った方は、ぜひ投資を検討してみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



公式メールマガジンにて最新情報配信中!





国内取引所はビットフライヤーがおすすめ!


"bitFlyer
 

bitFlyerの登録方法 

   

bitFlyer公式サイト




ビットコインの手数料がマイナス!ザイフ



 

Zaifの登録方法

   

Zaif公式サイト




海外取引所は世界最大のバイナンスがおすすめ!



 

Binanceの登録方法

   

Binance公式サイト




LINEでも投資情報を配信中!





ピックアップ記事

  1. ETNとは – ETFとの違い、メリット・デメリットを解説
  2. 個人向け国債のメリットとデメリット!国債とは
  3. 管理会社とは?不動産投資における管理会社の役割
  4. 貧乏サラリーマン生活でも貯金する方法とは?
  5. 不労所得の作り方とは?マンション投資で家賃収入を得よう!

関連記事

  1. 投資の基礎知識

    ライフサイクルファンドの基礎知識

    投資信託を探していると、「ライフサイクルファンド」というものを見かける…

  2. 投資の基礎知識

    サラリーマン大家が失敗しない極意! オーナーチェンジ物件選びのポイント

    不動産投資を始めたくて物件を探していると、たまに「オーナーチェンジ 物…

  3. 投資の基礎知識

    知らないと損!投資信託の分配金と売却時の税金

    投資信託を保有していると気になるのが「税金」だと思います。投資…

  4. 投資の基礎知識

    外貨預金のメリット・デメリットを理解しよう!なぜお勧めできない?

    あなたは外貨預金をご存知でしょうか?外貨預金は、外国通貨で預金…

  5. 投資の基礎知識

    分散投資とは??メリット・デメリットを解説します

    投資をする上で大切なことは「分散投資」をすることです。株式投資をする場…

  6. 投資の基礎知識

    NISAは5年後からしっかり課税される?デメリットを理解しよう

    「NISA」といえば、一時期、世間でかなり話題になりました。年…

おすすめの記事

  1. 投資の基礎知識

    仮想通貨ネム(NEM/XEM)とは? 将来性とチャートを徹底分析
  2. 投資の基礎知識

    コインチェックの手数料は高い!クレジットカード手数料には要注意!
  3. 投資の基礎知識

    bitFlyerに入金が反映されない時の対応とは?入金方法・手数料を解説
  4. 投資の基礎知識

    ビットフライヤーの高機能チャート、ライトニングの使い方とは
  5. 投資の基礎知識

    エイダコイン(ADA)は今後何倍になる?エイダコインの基本と買い方とは
PAGE TOP