投資の基礎知識

PTS 取引とは〜PTSのメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式投資に興味があっても、平日の日中は仕事があって、なかなか投資を始められない人も多くいることでしょう。

しかし、夜間でも株をリアルタイムで取引できる「PTS」を利用すれば、そんな方でも投資を始めることができます。

今回はそんな「PTS」について解説をしたいと思います。

なお、現在PTSを提供しているのはSBI証券だけですので、この記事ではSBI証券のPTSに基づいて解説を行います。

PTSの基礎知識


まずはPTSの基本からしっかりと押さえましょう!

PTSとは??

PTSとは、英語の「Proprietary Trading System」の略で、日本語に直すと「私設取引システム」のことをいいます。

PTSは証券取引所を介さず有価証券を売買できる電子取引システムです。

現在PTSが利用できるのはSBI証券のみです。

夜間でも取引できる

PTSを利用すれば、夜間でもリアルタイムで株の取引ができます。

SBI証券では、PTSの取引時間として19:00〜23:59をナイトタイムセッション(夜間取引)、8:20〜16:00をデイタイムセッション(昼間取引)として提供しています。

PTSは証券取引所の取引ほどまだまだ活発ではありませんが、最近では投資家にも認知されるようになり、だんだんと取引も活発になってきています。

呼値(よびね)が細かい

PTSは証券取引所での取引と比べ、1株あたりの値段(呼値)を最小で1,000分の1単位まで指定可能です。より細かい注文を出すことが可能です。

有利な値段で取引できる

PTSと証券取引所の取引時間が重なる時間帯では、PTSの方が証券取引所よりも有利な値段で取引できる可能性があります。

手数料が安めになっている

SBI証券のPTSを利用すれば、証券取引所の取引手数料よりも5%ほど安い手数料(スタンダードプラン)で取引することができます。

通常の株の取引をする際にも、PTSを利用した方が有利になることもあるかもしれません。

 

PTSのメリット


こちらでは、PTSのメリットについて解説していきます。

サラリーマンでも夜間に取引ができる

PTSを利用すれば、日中に本業があるサラリーマンでも、仕事が終わった後から株の取引をすることができます。

また、リアルタイムで取引ができますし、証券取引所よりも細かい値段で指値が出せますので、有利に取引を行うことができます。

取引時間外に有利な取引ができる

PTS利用することで、取引時間外に起きたニュースや決算情報、外国の株式市場の動向などをもとに、リアルタイムで取引を行なうことができます。

特に大企業の決算情報は、証券取引所が閉まる15時以降に発表されることが多くあります。決算情報にサプライズがあった場合に、PTSを利用すれば次の日を待たずして株を売買することができます。

また、証券取引所の取引時間外に悪いニュースが発表されることもあるでしょう。通常では、翌日を待たないと株の売り注文は成立しません。しかし、PTSであれば夜間のうちに売り注文を出すことができるため、損失の拡大を防ぐことが期待できます。

証券取引所とPTSの価格差を利用して取引ができる

証券取引所とPTSの板情報を比較することで、両方の価格差を利用して利益を得ることができます。

証券取引所とPTSの間に価格差がある場合、例えば証券取引所で株を安く買い、PTSで高く売ることで利益を得られます。これを裁定取引といいます。

 

PTSのデメリット


PTSにもデメリットがあります。

取引参加者が少ない

PTSの一番のデメリットが、証券取引所の取引と比べて参加者が圧倒的に少ない点です。

PTSは証券会社の私設取引システムに過ぎませんから、やはり利用者の数が少なくなってしまいます。

証券取引所ほど活発に取引が行われていないため、注文しても取引が成立しない可能性が高いでしょう。

思わぬ値段で取引する可能性がある

PTSでは証券取引所と極端に異なる値段で取引が成立する可能性があります。もしかしたらもっと安い値段で買えたかもしれませんし、高い値段で売れたかもしれません。

思わぬ値段で取引しないよう注意しましょう。

注文方法が指値のみ

PTSの注文方法は、指値注文のみに限定されています。成行注文ができませんので注意しましょう。

 

まとめ


今回はPTSについて話をしてきました。

夜間でも取引ができるPTSは、サラリーマンでも取り組みやすいといえるでしょう。

興味を持った方は、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

国内取引所はビットフライヤーがおすすめ!

    "bitFlyer  

bitFlyerの登録方法 

   

bitFlyer公式サイト

   

ビットコインの手数料がマイナス!ザイフ

       

Zaifの登録方法

   

Zaif公式サイト

   

海外取引所は世界最大のバイナンスがおすすめ!

       

Binanceの登録方法

   

Binance公式サイト

   

ピックアップ記事

  1. このようにして資金を10倍に増やせます!ICO投資とは?
  2. ふるさと納税の仕組みと控除を受けるための方法
  3. レバレッジの効かせすぎで借金も – FXのレバレッジのメリットとデメ…
  4. 株の仕組みとは?株の初心者が失敗しないための基本と心構え
  5. 譲渡性預金(CD)とは?基本を分かりやすく解説します

関連記事

  1. 投資の基礎知識

    ワンルームマンション投資とは?こんな人は投資に失敗する

    「不動産投資といったらワンルームマンション」と言われるぐらい、ワンルー…

  2. 投資の基礎知識

    注目!サラリーマン大家が失敗する理由と成功するための方法

    不動産投資では、金融機関から多額の融資を受けて投資を行います。…

  3. 投資の基礎知識

    積立NISAと現行NISAの違いとは – いつから始まる?メリットは?

    積立NISAという制度が、2018年の1月から開始されます。一…

  4. 最新投資ニュース

    いま大注目のCOMSA(コムサ)とは – COMSAを徹底解説

    あなたはCOMSA(コムサ)のことをご存知でしょうか?COMS…

  5. 投資の基礎知識

    不労所得の作り方とは?マンション投資で家賃収入を得よう!

    あなたが不動産投資を始めたいと思うのは、不労所得を得ることが目的ではな…

  6. 投資の基礎知識

    成行注文とは?投資初心者が押さえたい株の売買の仕組みのまとめ

    株式投資を始めたいと思っても、「成行注文」「指値注文」が分からず途方に…

おすすめの記事

  1. 投資の基礎知識

    ビットバンクはリップルがおすすめ!購入方法と手数料を解説!
  2. 投資の基礎知識

    特定口座の源泉徴収ありなし、お得なのはどっちの口座?
  3. 投資の基礎知識

    GMOコインの登録方法・口座開設方法のまとめ
  4. 投資の基礎知識

    投資信託の解約タイミングは超重要!損切りと利益確定で資産倍増を!
  5. 投資の基礎知識

    ジュニアNISAはメリットばかりじゃない!4つのデメリットに注意!
PAGE TOP