投資の基礎知識

投資信託で大損しないために知っておきたい投資信託の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投資信託を調べていると、その多さに驚くことがはありませんか??

投資信託の本数を調べてみると、実に5,000本以上あるようです。

これだけ投資信託があると、一体どれを選べばいいか非常に悩みますよね。実際、投資信託選びは非常に重要なところで、これを失敗すると投資信託で大損する可能性も出てくるのです。

そこで、今回は投資信託の選び方の基準について挙げてみたいと思います。ぜひ、あなたの投資信託選びの参考にしていただければ嬉しいです。

投資信託の選び方


それでは失敗しない投資信託の選び方について、ご紹介していきます。

販売手数料と信託報酬が安いか

投資信託のコストとして主にかかるのは、販売手数料と信託報酬です。これらのコストが高いと、せっかくの利益が圧迫されてしまいます。

ですので、コストの高い投資信託は購入候補から外すようにしましょう。

まず最初に「販売手数料」は、投資信託を購入する際にかかる費用です。

同じ投資信託でも、どの証券会社で買うかによって販売手数料は異なります。できるだけ安く買える証券会社で買うようにしましょう。

ネット証券では、手数料無料の投資信託(ノーロード)が多くあります。手数料が無料の投資信託を必ず購入するようにしましょう。

次に「信託報酬」とは、投資信託を保有している間ずっとかかる費用です。投資額に応じて毎日かかります。

信託報酬もできるだけ安くするようにしましょう。

目安としては最低限1%を切り、できれば0.5%前後が望ましいでしょう。

純資産総額が少ないものは避ける

投資信託を選ぶ際には、純資産総額が減少傾向にあるものや、少ないものは避けるようにしましょう。

ちなみに純資産総額とは、投資信託の資産規模のことをいいます。

投資信託では投資家から集めた資金を株や債券にかえて運用を行なっていますので、株や債券の価格変動によって純資産総額は日々変化します。

また、投資家側から換金の申し出があった場合には、投資信託の純資産総額は減ることになります。

純資産総額が減少傾向にある投資信託の場合、投資信託の運用が途中で停止(繰上償還)されることがあります。

繰上償還された場合、購入時よりも安値で償還される可能性があります。こうなると、損失が確定することになりますので、注意が必要です。

純資産総額が数ヶ月から年単位で減少傾向にある投資信託は、避けるようにしましょう。

また、少額で運用されている投資信託もやめておきましょう。

資産規模が小さい投資信託は、分散投資がしにくいため運用が安定しません。さらに、ファンドの経費率も高くなるため、運用成績がさらに悪化する恐れがあります。

純資産総額の目安としては、100億円以上あるといいでしょう。

過去3年分の運用成績を確認する

投資信託を選ぶ際には、最低でも過去3年分の運用成績を確認しましょう。

過去の成績がこれからも続くとは限りませんが、好業績の投資信託のほうが信頼性も高いですし安心です。

最低でも過去3年間、できれば5年分の業績を確認するのが基本です。

よく新発売の投資信託が大きく宣伝されますが、やはり過去の実績がないため、これから実績が伸びるのか、資産規模が大きくなるかどうか分かりません。

新発売の投資信託とは距離を取るようにしましょう。

分配金にはこだわらない

最近、毎月分配型投資信託が人気のようですが、投資信託を選ぶ際には分配金にはこだわる必要はありません。

分配金が出ると、そのファンドの資産が減少し、投資効率が悪くなります。そのため、長い目で見ると分配金が出ない投資信託の方がリターンが高くなります。

投資信託を選ぶ際、分配金には特にこだわらず、むしろ分配金がないものを選ぶようにしましょう。

様々な資産クラスに分ける

一つだけの投資信託に投資すると、その投資信託で損失が出てもそれをカバーすることができません。

値動きの異なる複数の資産クラスの投資信託を組み合わせることで、リスクを抑えることができます。

例えば国内株式型を選んだ場合には、海外債券を選んだりします。とにかく資産クラスを分けるようにしましょう。

もしも一つの投資信託で済ませたいのなら、複数の資産クラスに投資する「バランス型」がおすすめです。

バランス型の投資信託は、投資先の資産を分散することで、ファンドの価格が大きく値下がりするリスクを減らすことができます。また、リバランスも運用会社が自動で行ってくれるため、手軽に分散投資することができます。

目論見書を読み込む

投資信託が決まったら、最後に各投資信託の目論見書を確認しましょう。

目論見書とは、投資信託の目的や特色、リスク、運用成績などが記載された投資信託の説明書のようなものです。

目論見書には投資信託に関する全ての情報が記載されていますので、必ず目を通すようにしましょう。

積立投資する

いざ購入する投資信託が決まっても、一度でまとめて購入せず、タイミングを分散して購入しましょう。購入タイミングを何回かに分けることで、高値で投資信託を購入してしまうリスクを抑えることができます。

その際におすすめなのが積立投資です。

積立投資を利用すれば、毎月最低500円〜1,000円ほどの少額から投資を始めることができます。しかも、一度証券会社にサービスを申し込めば、あとは自動的に毎月買い付けを行うことができます。

 

まとめ


以上、投資信託の選び方についてご紹介してきました。

どの投資信託を購入するかで今後の投資の成果が変わってきます。しっかりと投資信託を選び、堅実に投資を進めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 失敗は成功のもと
  2. なぜベストを尽くさないのか。
  3. 不労所得の作り方!コインパーキングや駐車場経営は儲かる??
  4. 知っておきたい外貨預金のメリットとデメリット !
  5. インデックスファンドは利回りが高い?インデックスファンドが投資初心者におすすめな…

関連記事

  1. 投資の基礎知識

    公募株式投資信託とは?国内株式型投信の仕組みと選び方

    投資信託といっても、債券に投資するものや株式に投資するものまで、様々な…

  2. 投資の基礎知識

    ETF(上場投資信託)とは?投資を始めたい人は必見!

    投資信託の中には、上場投資信託というものがあるのをご存知でしょうか??…

  3. 投資の基礎知識

    築古物件は儲かるの?中古物件には要注意!

    住宅を購入しようとして最初に迷うのが、新築の不動産を購入するか、中古の…

  4. 投資の基礎知識

    手軽に投信の積立!積立にはデメリットがあるのか?

    投資について調べていると、投資信託の積立投資(積立投信)という言葉を耳…

  5. 投資の基礎知識

    ETNとは – ETFとの違い、メリット・デメリットを解説

    ETNとETF、、、投資をしていると、紛らわしい投資用語が多く見られま…

  6. 最新投資ニュース

    リップルに好材料ニュース!リップル社がシンガポールへ本格進出

    リップル社がシンガポールにオフィスを開設リップル社は、アジア進出の…

最新の記事

特集記事

オススメの記事

  1. コマーシャルペーパー(CP)とは?社債との違いも踏まえ解説し…
  2. 今が旬!民泊ビジネスのメリットと問題点とは?
  3. 逆境をばねにする。
  4. 今生きているだけで幸せ。ありがとう、ありがとう、ありがとう。…
  5. 人気FX会社のランキングとは?FX会社選びの基準
  1. 投資の基礎知識

    優良物件を見つけよう!長期にわたり維持可能な収益物件の選び方
  2. 投資の基礎知識

    今が旬!民泊ビジネスのメリットと問題点とは?
  3. 投資の基礎知識

    大家さんとは?知っておきたい不動産投資のリスクのまとめ
  4. 投資の基礎知識

    知って起きたい!ETF(上場投資信託)のメリット・デメリットのまとめ
  5. 投資の基礎知識

    ラップ口座とは?投資信託との違いとファンドラップについて
PAGE TOP